680件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みよし市議会 2019-09-12 令和元年予算決算委員会経済建設分科会( 9月12日)

デメリットとしましては、後継者がいないとか農地の区画が小さい、機械の大型化によって農道が狭い、また優良農地であっても、やっぱり農地以外に転用されることが起きる、農地住宅が近いため、消毒等の作業で苦情を受けやすい等々の意見をいただいております。以上です。 ○(福安金之助分科会長) いいですか、189。  広瀬委員。

大府市議会 2019-09-11 令和 元年第 2回定例会−09月11日-02号

その一方で、生活道路は、舗装こそされているものの、昔の農道さながらに細く曲がりくねった道が多く、歩道の確保という観点では大変整備が遅れていると言わざるを得ないというのが私の実感であります。  先日、長草地区において共長小学校の通学路を歩いてみましたが、ガードレールや歩車道境界ブロックが設置された道路はほとんどありませんでした。

東海市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会 (第3日 9月 5日)

農道がある、真ん中に生活道路がある。電柱4本立っとる。防犯灯がついてない。さあ、子供たちに聞いたら、まず真っ先にやること。防犯カメラの前に防犯灯じゃないですか。私は4本中4本やれとは言っとらん。4本中2本やれば、まずいいと思いますけど、いかがでしょう。担当職員に言っても、何回言っても、私はもう、現地現場、何回でも行っとる。何でも結論ありき。

岩倉市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第 5号 9月 3日)

建設部長(片岡和浩君) 違法行為犯罪行為ということでございますが、例えば東町農道を中心とした迷惑駐車、あと今少し御紹介もいただきましたが住宅街の中での違法駐車などに対しましては、その場にカラーコーンを設置したり、職員警備員等を配置して注意喚起、注意をしたりして未然防止に努めるように心がけております。  

西尾市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年 経済建設部会 本文

開発区域北側のアクセスとして市道善明12号線、広域農道の改良工事、南側アクセスとして市道瀬門67号線の改良工事、市道瀬門63号線内の排水路の移設工事等を行ってまいります。  資料3ページをごらんください。  これは、造成完了後の鳥瞰図となっております。  以上、議題2の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。    

東海市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会 (第2日 6月13日)

10年前ほどに農道防犯灯をつけると稲作に影響があるからだめということでございましたが、6ワットぐらいならオーケー。高横須賀と中ノ池の間の市道、これは市道というか幹線市道ですね。幅約7メートル。40年前からの高横須賀方面と中ノ池四丁目、五丁目を結ぶ唯一の道路。いまだに200メートル電柱4本に1カ所も防犯灯がついてません。何度もお願いしてまいりました。

豊明市議会 2019-06-01 令和元年6月定例月議会(第2号) 本文

農道から入ってきますので、平たん地なんですね。しかし、北側へ抜けると、若干の高低差、約3メートルぐらいの高低差がありまして、階段をおりなければいけない。駐車場から来れば、階段を上っていける。また、お寺のほうに中段から上がれば、上がるようにできるようになっておりますが、御指摘いただきましたように、高齢者にとっては非常に危険が潜む階段ではないでしょうかと。  

小牧市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日文教建設委員会−03月14日-01号

○副委員長   この地区は、私も知らなかったんですが、以前土地区画整理事業が立ち上がってなくなったところということで、地元の方は、開発のエリア的には、この2番路線に当たる接続する農道が広がっていればなと、そういった御意見をいろいろと聞くんですが、ただ、民間開発ということで、道路の寄附をいただくというわけですので、難しいことはわかります。  

東海市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会 (第2日 3月12日)

続きまして、質問項目の2点目、名和駅西地区における土地区画整理事業の実施に向けた課題及び支援策並びに整備によるメリットについてでございますが、本地区は、市街化区域の工業専用地域でありながら、地区内では市道に接していない土地存在や名和前新田土地管理農業協同組合が管理する農道及び用排水路を利用しての工業系の土地利用がされるなど、工業用地としての都市基盤が未整備の状況となっております。  

西尾市議会 2019-03-11 2019-03-11 平成31年 経済建設委員会 本文

説明欄4市土地改良事業1億4,005万5,000円は、市民要望の強い農道、排水路などの維持補修やほ場整備関連の道路整備など、市の単独費で行う土地改良事業でございます。  説明欄5地籍調査事業797万6,000円は、福地地区において境界の確定を行い、公図及び地籍を更正するための調査測量費などでございます。  248ページをごらんください。  

犬山市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会(第6日 3月 6日)

農業従事者によると、なぜ農業従事者だけが農道や排水路を管理しなければならないのかという声も聞いております。  答弁の中では、農地の利用集積を進めていくとのことですが、その利用集積は当然認定農業者とかになると思いますが、その認定農業者の中でも、利用するのはあくまでも耕作地だけであり、農道、用排水路ですね、そういうところは利用するつもりはないから管理できないというような声も聞いております。  

犬山市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会目次

……………………………………………… 222      山田市長答弁………………………………………………………………… 223      後藤幸夫議員発言…………………………………………………………… 225   8番 市橋円広議員〔1.犬山市農業について(①現状について)〕…… 225      永井経済環境部長答弁……………………………………………………… 226      市橋円広議員(②農道

小牧市議会 2018-12-14 平成30年12月14日総務委員会−12月14日-01号

認定する基準として、基本的に建築基準法道路というのは、例えば小牧市や県道や市道というそういった道路ではない道路もしくは、例えば農道だとか、そういった建築基準法ではないんですが、農道で市やそういった公共のところが管理している道路で4メートル以上あるものについては、認定を受けるような条件になります。

東海市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会 (第2日12月 5日)

総務部長(加藤章宏)  質問事項5、安心・安全に通行できる道路づくりについての質問項目の1点目、不審者等の防止のための防犯カメラや防犯灯の設置についてでございますが、高横須賀町大坪交差点と家下交差点東側道路は、農家の方々が耕作をするための利便性を高めるために整備をしている農道でございます。