332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

碧南市議会 2019-12-20 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5日)  本文

柔軟な働き方、起業を含めたキャリア選択肢の多様化。新しい供給の創出、新しい需要の創出。そして、都市問題地方創生への貢献でございます。この最後の4点目につきましては、都市サービス供給能力不足を改善することで都市問題の解決が期待できること。市場のみならず、コミュニティーを提供するという側面も持ちます。自治体としても取り組むことが可能な切り口なのではないかなと感じたところでございます。

津島市議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 開催日: 2019-11-25

主な事業概要は、津島市に来訪する人をもてなすため、地元の農産物を使った商品開発やレストランを開設するなど起業化を図るもので、使用する農作物は市街化区域内の農地で生産したものを初め地元で生産されたものを中心とする。また、農業生産のノウハウを学んでもらうための農業塾を開設するなどある。

みよし市議会 2019-09-10 令和元年予算決算委員会総務協働分科会( 9月10日)

続いて、国民健康保険事業基金からベンチャー起業家支援奨励基金について。よろしいですか、基金関係。  続いて、312ページいいですかね、313ページまで。  じゃあ、議案全体を通じての総括質疑を許します。  眞子委員。 ○(眞子伸生委員) 1つだけ気になったことがあったもんですから、それだけちょっと、要望になるかもしれませんが、よろしくお願いします。

知立市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第3日 9月 9日 一般質問)

スモールビジネスM&Aとは、日本の経営者の高齢化と事業承継の問題が取り上げられることにより、M&Aという言葉が認知され、身の回りで中小企業のM&Aで譲渡をした事例が多く出てきたこと、IT系などのベンチャー企業がM&Aで大手企業に譲渡する選択肢が認知されてきたこと、IT技術などの発展などで新事業を起こしやすい環境となっていること、このことから、独立したいとか、独立するなら一から起業をするよりも既に立ち

みよし市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第4号 9月 9日)

なお、このみよし市工場等立地審査会では、別に施行されておりますみよし市ベンチャー起業家支援奨励条例に基づく奨励措置につきましても同様に審査を行っていただく予定です。以上です。 ○議長(藤川仁司議員) 河合議員。 ○1番(河合利彦議員) 改めてですが、最後に質問させてください。  この条例を制定することで企業立地が促進できる効果について、市としてどのようにお考えか、よろしくお願いします。

東海市議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会 (第2日 9月 4日)

続きまして、質問項目の2点目、世相を反映する図書の選書基準市民からの希望購入図書についてでございますが、図書選定に当たりましては、思想、信条、趣味等、偏見なく公平な立場であること、社会情勢や技術の進歩に留意し、対立する主張がある内容については幅広い観点の資料を収集すること等を基準としており、家庭、高齢化、貧困起業等、その時々の社会の課題に関する図書も収集・保存に努めております。  

岩倉市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第 5号 9月 3日)

その成果として、平成27年度には43名の起業家が誕生しましたが、平成21年から平成26年度にかけ事業所が80件減少し、商業機能の低下から町外への人口流出加速を危惧しまして、新しく企業創業ビジョン、平成28年から平成32年度版をつくって、食と農の連携による経済循環の確立を方針といたしました。  ビジョンの目指す取り組み内容は、1つ目に食と農の分野で起業する人材発掘、育成起業家の輩出。

小牧市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日文教建設分科会−06月21日-01号

◎商工振興課長   この事業は、東京一極集中の是正及び地方の担い手不足への対処を目的としまして、東京23区に連続して5年以上居住または勤務をしている方が、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県以外へ移住し、かつ移住先で起業または新たに就職をした場合に、移住支援金を支給しまして、地方へのUIJターンを促進するもので、国と都道府県市町村が共同で行う事業であります。  

碧南市議会 2019-06-21 2019-06-21 令和元年予算審査特別委員会経済建設分科会 本文

5款労働費、1項1目労働諸費、説明欄009移住支援補助事業、01首都圏人材確保事業の補正額は100万円で、これは東京一極集中を是正し、UIJターンを促進するため、国、県とともに実施する事業で、5年以上首都圏に在住している人が、この地域中小企業等に就職または起業し、碧南市に5年以上居住しようとする人に、移住費用として1世帯当たり100万円を支給するものであります。  

犬山市議会 2019-06-20 令和元年建設経済委員会( 6月20日)

この文章から見ると、あくまでマッチングサイトに求人を掲載した事業所に就職というふうにとれるんですが、ただ、私、一番大事な言葉というのが、下のほうの就職の要件、各抜粋の後ろの(起業も可)というところ、これはすごい大事だなと私は思ったんですが、つまり東京に住んでいる方が犬山市に来てお店を開くとか、商売を始める、そういう方にも促進になるというところはすごく大事だなと思うんですが、上の文章にはそういうことは

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

また、この知立市は名古屋へのアクセスの便利性が高いという地域でございますので、オフィス需要、とりわけ省スペースでも起業できますIT関連の企業の需要もくるのではないかなと想定はしているところでございます。 ○議長(田中 健)  8番 山田議員。 ○8番(山田 圭)  企業誘致はどこの自治体も力を入れてやっていることであります。

みよし市議会 2019-03-14 平成31年経済建設委員会( 3月14日)

         三 浦 元 紀 本日の会議に付した事件  第 1 議案第 4号 みよし市下水道事業の設置等に関する条例  第 2 議案第17号 みよし市土地改良事業分担金の徴収に関する条例の一部を改正             する条例  第 3 議案第18号 みよし市高度先端産業及び新規成長産業立地奨励条例の一部を             改正する条例  第 4 議案第19号 みよし市ベンチャー起業家支援奨励条例

大府市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日建設消防委員会−03月13日-03号

2点目につきましては、いずれも、この補助金が出店、起業のきっかけ、後押しとなったと聞いております。また、最近ですが、他市から相談に来られた方でございますが、御自身の住んでいるところでは同様の補助制度がないため、今後、本市で店舗を探したいというお話をされておりました。  

扶桑町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第4日 3月12日)

起業された場合は、最大300万円ということになっておりますが、今回の予算につきましては、中小企業等に就職された場合の最大100万円を計上させていただいております。  財源としましては、国費が2分の1の50万円、それから県費が4分の1の25万円を予算上計上しておりますので、よろしくお願いします。以上です。    〔挙手する者あり〕 ○議長(市橋茂機君) 近藤五四生さん。

碧南市議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年予算審査特別委員会総務文教分科会 本文

1236 ◆分科会員(小池友妃子) 83ページのところで、004のまち・ひと・しごと創成総合戦略推進事業なんですが、政策費01番のところが30年度27万1,000円が31年度53万3,000円で、それにプラス今年度は概要説明の1ページにも載っているように杉浦味醂さんのふるさと起業家支援事業の70万円が追加をされています。  

小牧市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-04号

本年度は、JA尾張中央地域担い手育成総合支援協議会との共催で、福島県における農業の現状や、脱サラして岡崎市ブルーベリーファームを起業した事例を講演していただき、78名が参加されました。  参加者からは、「とても興味深く、役立った」「もっと詳しく説明が聞きたい」など、前向きな感想を多くいただきました。