559件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小牧市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日文教建設分科会−06月21日-01号

◎商工振興課長   この事業は、東京一極集中の是正及び地方の担い手不足への対処を目的としまして、東京23区に連続して5年以上居住または勤務をしている方が、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県以外へ移住し、かつ移住先で起業または新たに就職をした場合に、移住支援金を支給しまして、地方へのUIJターンを促進するもので、国と都道府県市町村が共同で行う事業であります。  

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

また、この知立市は名古屋へのアクセスの便利性が高いという地域でございますので、オフィス需要、とりわけ省スペースでも起業できますIT関連の企業の需要もくるのではないかなと想定はしているところでございます。 ○議長(田中 健)  8番 山田議員。 ○8番(山田 圭)  企業誘致はどこの自治体も力を入れてやっていることであります。

みよし市議会 2019-03-14 平成31年経済建設委員会( 3月14日)

         三 浦 元 紀 本日の会議に付した事件  第 1 議案第 4号 みよし市下水道事業の設置等に関する条例  第 2 議案第17号 みよし市土地改良事業分担金の徴収に関する条例の一部を改正             する条例  第 3 議案第18号 みよし市高度先端産業及び新規成長産業立地奨励条例の一部を             改正する条例  第 4 議案第19号 みよし市ベンチャー起業家支援奨励条例

扶桑町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第4日 3月12日)

起業された場合は、最大300万円ということになっておりますが、今回の予算につきましては、中小企業等に就職された場合の最大100万円を計上させていただいております。  財源としましては、国費が2分の1の50万円、それから県費が4分の1の25万円を予算上計上しておりますので、よろしくお願いします。以上です。    〔挙手する者あり〕 ○議長(市橋茂機君) 近藤五四生さん。

小牧市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-04号

本年度は、JA尾張中央地域担い手育成総合支援協議会との共催で、福島県における農業の現状や、脱サラして岡崎市ブルーベリーファームを起業した事例を講演していただき、78名が参加されました。  参加者からは、「とても興味深く、役立った」「もっと詳しく説明が聞きたい」など、前向きな感想を多くいただきました。  

西尾市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

394 ◯26番(牧野次郎) 昨年の実績でいいますと、こうしたセミナーや基本塾を受講されて創業・起業意欲がある方でも、実際に創業にこぎ着けたのは7分の1ということで、なかなか創業・起業に至るのは大変だなということを感じるわけであります。その1つに、創業・起業されるときの、先ほど話にありました資金繰りが大変なんです。

長久手市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2号 2月20日)

それから、移住支援補助金はどんなものかということでございますけれども、これは国の地方創生交付金事業、わくわく地方生活実現政策パッケージの中の移住支援事業に対する補助金として交付するものでございまして、詳細な条件はありますけれども、東京23区在住者のうち、東京圏以外の都道府県に移住し、移住地で対象となる中小企業等に就職、または起業した人を対象に移住に要する費用として、移住支援金を支給する事業でございます

津島市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-12-04

新事業創出支援事業補助金として、産業分野を問わず、個人、グループを問わず、新製品、新サービスの開発や起業、創業などの新事業創出を積極的に支援しております。津島市では、このような補助はないようでありますが、今後、地域企業の新しい分野や新規事業開拓支援に、また起業、創業希望者に対しどう支援していくか検討する必要があるのではないか、これは要望にとどめておきます。  

西尾市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第4号) 本文

今後、自動車関連産業については、先行き不透明だと言われますけれども、そこのポテンシャルを生かさない手はありませんので、引き続きものづくりのまちとしての力を高めていくとともに、それ以外の業種企業の誘致ですとか、また新しく若者が起業する支援などもしていきながら、産業部分の活性化はしっかり図ってまいりたいと思っています。  3つ目の訪れたいまちというのは、一言で言えば観光という分野になります。

豊橋市議会 2018-09-21 平成30年  9月 決算特別委員会-09月21日−01号

また、女性によるフードビジネス起業検討会を開催し、起業支援を行いました。  189ページをお願いします。  4海外販路開拓推進事業費でございます。グループに対する海外展示商談会出展への支援を行うとともに、これまでの香港に加え、シンガポールの菓子専門店に常設の豊橋コーナーを設置しました。

みよし市議会 2018-09-20 平成30年経済建設委員会( 9月20日)

○(日置孝彦副委員長) 商工振興費の中で、ベンチャー起業の中で、98万6,000円を補正するものなんですけど、全部の総経費が幾らになって968万円の支出をするんですか。 ○(渡邊郁夫委員長) 産業化主幹。 ○(成田産業課主幹) ベンチャー起業家支援奨励金の対象事業費としましては、197万1,000円でございます。

豊田市議会 2018-09-14 平成30年予算決算委員会 教育社会分科会( 9月14日)

市民活躍支援課長(勝野二徹) 女性活躍シンポジウムは、平成29年3月に策定した豊田市女性活躍推進計画を推進するためのキックオフイベントとして実施し、愛知県副知事及び市内で活躍している女性3名による女性活躍をテーマとしたパネルディスカッションのほか、市内企業協力を得て時短レシピの紹介や女性起業紹介パネル展示などを開催いたしました。  

知立市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第3日 9月10日 一般質問)

以前、お話をさせていただきましたけれども、若い方が起業して、屋台で頑張って固定客をつくり、市内のほかの空き店舗に転身するようなビジネスモデルもつくれるのではないかなというふうに思っております。  この質問の初めでお話しいたしましたが、知立市も駅周辺の再開発を進めている今こそ、ナイトタイムエコノミーを考えるべきだというふうに思います。酒飲みは、飲み始めると1軒だけでは終わりません。