1687件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊明市議会 2020-12-01 令和2年12月定例月議会(第2号) 本文

224: ◯行政経営部長藤井和久君) この質問にちょっと答える前に、先ほど総合計画の関係で一部私の回答誤りがありましたので、訂正します。  今回の中間見直しで、先ほど言った再生可能エネルギーを利用したいと思う市民割合を盛り込んだというような回答をさせていただいたんですけれども、これは、当初の中で盛り込まれております。

西尾市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第5号) 本文

一方、そうした中で市税全体の現年課税分の収納率については、同じ10月末時点で前年同時期の61.64%に対し61.74%と、0.1ポイントの増となっています。これまで私ども共産党市議団は、納付困難である旨の申し出があった場合には、納税者の視点に立って、その申し出内容を十分に聴取し、誠実な意思を示していると認められる場合は、換価の猶予制度積極的活用を促してきたところです。

蒲郡市議会 2020-09-25 09月25日-04号

市は農業者経営を支援するものと説明しますが、その実態は、長きにわたり農業用償却資産税申告せず納税を逃れてきた農業者に、遡って課税した償却資産税4年分相当額を支給するものです。真面目に納税をしてきた市民との間には、納得できない不公平を持ち込むものとなりました。 償却資産税課税事務は、この年度、改善に手がつけられました。

津島市議会 2020-09-25 令和2年第3回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-09-25

令和元年10月1日から地方法人課税偏在是正のためとして、法人住民税法人税税率割合を5.9%引き下げる。これは、県と市がそれぞれ引下げになった、5.9%引下げになった分を国がその分徴収して、全国で格差がないような標準的にする、偏在を是正するというふうに税率改正されたものです。  市の分は、これまで法人市民税が9.7%であったのが6%、3.7%引き下げられました。

扶桑町議会 2020-09-15 令和 2年福祉文教常任委員会( 9月15日)

介護健康課長渡邊隆吉君) 前年の課税年金収入額とその他の合計所得合計が80万円を超えるという方でございます。 ○委員髙木義道君) ありがとうございます。  本当は全部各階層を聞こうかなと思ったんですけれども、標準といいますか平均のところは5段階で80万円ということですね。分かりました。 ○委員長兼松伸行君) よろしいですか。 ○委員髙木義道君) はい。

稲沢市議会 2020-09-15 令和2年第 6回 9月定例会-09月15日-02号

市長公室長篠田智徳君)  人事考課者ブラッシュアップ研修は、人事考課者スキルアップ研修を受講した職員を対象に、考課に対する理解度を上げるとともに、評価誤りを減らし、制度公平性公正性を担保するために、考課者間の価値・評価レベル平準化を行うことを目的として実施いたしております。  

東浦町議会 2020-09-14 09月14日-04号

議案書26ページ、改正後の欄の「たばこ税課税標準」に関する規定の86条の第2項でございます。 こちらのほう、10行目の前半部分のところで「1本」という文字ゴシック体下線が引いてありますが、正しくは後半の「1本」という文字ゴシック体下線となります。 改正の際は、改正内容が分かりやすくするため改正箇所ゴシック体で記載し、下線を引くこととしておりますが、その表記に誤りがあったものです。

西尾市議会 2020-09-14 2020-09-14 令和元年度決算特別委員会(第2日目) 本文

61 ◯税務課長中村征弘) 個人市民税課税標準所得階層ごと納税義務者数についてでございますが、令和元年度における当初賦課時の所得割納税義務者数を調定ベースの数値で申し上げます。  納税義務者数は8万3,834人で、うち課税標準額300万円以下の納税義務者数は6万5,345人で、全体の77.9%を占めております。

犬山市議会 2020-09-14 令和 2年 9月定例議会(第7日 9月14日)

既にこの9月定例議会に上程をするということでお配りをさせていただいています第82号議案令和元年度犬山市一般会計及び特別会計決算認定についての添付資料として提出をさせていただいております令和年度決算に係る主要施策成果報告書、こちらの分厚いものでございますけれども、この中で記載の誤りがありました。おわびをして訂正をお願いいたします。まことに申し訳ございませんでした。  

武豊町議会 2020-09-11 09月11日-04号

資料の45ページに賦課徴収費とあるんですが、賦課については課税適正化課税客体の把握に努めたとあります。具体的な内容の説明についてお願いいたします。 ◎税務課長前田克康君)  住民税におきましては、住民税申告をされてない方の調査を行い、その調査結果に基づき、申告の必要がある方に住民税申告を行っていただくようにしております。 

知立市議会 2020-09-10 令和 2年 9月定例会(第2日 9月10日 質疑)

建設部長岩瀨祐司)  ただいまの佐藤議員質問で、2路線いつ発注するのだという話の中で答弁誤りがありましたので、申し訳ありません、訂正させていただきます。  2本の工事発注は7月にはもう行っておるということでございますので、よろしくお願いします。 ○議長(永田起也)  これで18番 佐藤議員質疑を終わります。  次に、17番 牛野議員

大府市議会 2020-09-10 令和 2年第 3回定例会−09月10日-02号

次の表を見ていただきますと、まず、上のほうから、自動車を買うとき、取得段階で、消費税自動車税軽自動車税環境性能割というのが課税をされます。  次に、自動車を持っているだけ、いわゆる保有段階で、毎年納める自動車税軽自動車税の種別割、それと、車検のときに納める自動車重量税が掛かります。