752件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2019-06-21 令和元年第3回定例会(第5日 6月21日)

次に、沖縄県民の民意を真摯に受け止め、地方自治を尊重し、辺野古の新基地など米軍基地建設の中止を求める意見書の提出を求める陳情書を議題とし、沖縄県民の辺野古への新基地建設は反対という意思を尊重して意見書を出すべきとの意見があり、意見終結後、討論に入りました。  反対討論として、県民の民意を真摯に受けとめるという考え方のもとに、地方自治を尊重するということは賛同できる。

みよし市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第1号 6月10日)

第1条関係の特別職職員で非常勤の者の報酬について定めている別表で、このうち選挙長、選挙1回につき現行1万600円を改正案の1万800円に、同じく投票所の投票管理者、日額1万2,600円を1万2,800円に、期日投票所の投票管理者、日額1万1,100円を1万1,300円に、開票管理者、選挙1回につき1万600円を1万800円に、投票所の投票立会人、日額1万700円を1万900円に、期日投票所の投票立会人

西尾市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第5号) 本文

陳情第11号は、「辺野古の新基地など、米軍基地建設問題が争点となった沖縄県知事選挙県民投票結果における民意は十分理解できるが、本問題は国と沖縄県で慎重かつ十分な議論を要するもので、動向を見守ることが妥当である」との理由により、採決の結果、挙手多数により不採択すべきものと決定しました。  

小牧市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教建設分科会−03月18日-01号

図書館施設建設事業については、いよいよ来年度から建設工事が始まるということで、建設工事に必要な予算が計上されてきたわけですけども、市は住民投票後、改めて市民の意向を確認した上で、建設方針を決定するために新小牧市図書館建設審議会を設置したり、設計段階において市民アンケート調査やワークショップを開催するなど、これまで市民の声を丁寧に聞きながら進めてこられてきていると認識をしております。

東海市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会 (第3日 3月13日)

続きまして、質問項目の6点目、降下ばいじん問題の責任についてでございますが、大気汚染防止法県民の生活環境の保全等に関する条例及び公害防止協定の排出基準を違反していることが認められる場合は、違反した企業責任はあるものと考えますが、違反がない以上、市は責任の所在を判断する立場にないものと考えております。  

小牧市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日総務分科会−03月12日-01号

上から1番目にあります市県民税当初課税業務委託事業は、期間平成31年度から平成32年度まで、限度額を340万円に設定しようとするものであります。  この内容でありますが、平成32年度市県民税当初課税業務の一部を委託するに当たり、平成31年度の1月から3月までと平成32年度の4月から6月までは一連の継続業務であるため、債務負担行為をお願いするものであります。  

西尾市議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年 企画総務委員会 本文

4項4目矢作川南部土地改良区総代会総代総選挙費44万円の減額は、無投票となったことによる事務費などの減でございます。  ページが少し飛びますが、60ページをごらんください。  12款公債費、1項2目利子500万円の減額は、平成29年度借入債の利率確定などによる市債償還金利子の減でございます。  14款予備費1億6,605万6,000円の追加は、財源調整によるものでございます。  

豊明市議会 2019-03-01 平成31年3月定例月議会(第3号) 本文

しかし、ごみ出しはする、資源ごみは出す、町内会費を出していない人はごみ出しするなという極論を言われる方がおりますけども、市県民税を払っているので、生ごみとか、あとはプラごみは出す権利はあるんですよと、そういうことは言っているんですけども、納得していただけない方は納得していただけません。  

小牧市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-03号

まず、質問項目1、選挙投票率の向上についてであります。  (1)具体的な対策について質問いたします。  来年、平成31年は選挙の年となります。有権者が投票によって代理者を選出する制度民主主義の根幹でありますが、近年の投票率の低下は、この制度機能不全に陥っており、危機的な状況にあると憂慮いたします。  

豊明市議会 2018-12-01 平成30年12月定例月議会(第1号) 本文

この案を提出するのは、各選挙時における期日投票所の増設に伴い必要があるからでございます。  それでは、次のページをお願いいたします。  豊明市特別職職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償等に関する条例の別表中、期日投票所の投票管理者の報酬を、「日額 1万2,300円」を「日額 1万2,300円以内において市長が定める額」に改めます。  

安城市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−05号

また、市は毎年5月に事業所で働く人が納める住民税の額などを記した給与等に係る市民税、県民税、特別徴収額の決定変更通知書を郵送します。2017年度は1万余の事業所に7万人余の従業員のマイナンバーを記しています。2017年度は全国で少なくとも98自治体、601人分の通知書が誤って送付されるなど、一部でマイナンバーが漏えいしていることも明らかになりました。

みよし市議会 2018-09-18 平成30年総務協働委員会( 9月18日)

午前中の御質問で、行政改革推進委員会でどのような御意見が出ているのかということでしたが、例えば行政区への一括交付金について、委員から、それぞれ行っていた事務量が少なくなっており、効率的な対応ができるようになってきているので、こういった見直しは重要でしっかり行うことですとか、投票事務の見直しについて、投票所を小学校区内で実施して、メリット、デメリットがあると思うが、経費の削減ができたという効果はあるが

小牧市議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会-09月18日-03号

利用料金は所得に応じて変わり、1時間当たり利用料金は、生活保護受給世帯は無料、市県民税が非課税世帯は350円、それ以外の世帯は700円の負担となります。  続きまして、オ、一時預かり事業についてであります。  一時預かり事業も子育て世代包括支援センターの開設にあわせて開始しました新規事業となります。

知立市議会 2018-06-27 平成30年 6月定例会(第5日 6月27日 閉会日)

日程第1、議案第39号 知立市税条例等の一部を改正する条例の件から、日程第18、陳情第11号投票済証の廃止を求める陳情書までの件、18件を一括議題とします。  お諮りします。予算決算委員会については、全議員でもって構成する委員会につき、会議規則第39条第3項の規定により、委員長の報告を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。                 

尾張旭市議会 2018-06-25 平成30年  6月 総務委員会協議会-06月25日−01号

森下克俊  議事係長        高倉哲郎   主査          大島隆史 5 議題 (1)陳情第2号 適正な下請単価や賃金労働条件を確保できる公契約法の制定を求める意見書の提出を求める陳情書 (2)陳情第4号 住民の安全・安心を支える行政サービス体制・機能の充実を求める意見書の提出を求める陳情書 (3)陳情第5号 地方財政の拡充を求める意見書の提出を求める陳情書 (4)陳情第6号 沖縄県民

尾張旭市議会 2018-06-25 平成30年  6月 総務委員会-06月25日−01号

尾張旭市市税条例等の一部改正について (4)第46号議案 尾張旭市土地開発公社解散について (5)陳情第2号 適正な下請単価や賃金労働条件を確保できる公契約法の制定を求める意見書の提出を求める陳述書 (6)陳情第4号 住民の安全・安心を支える行政サービス体制・機能の充実を求める意見書の提出を求める陳情書 (7)陳情第5号 地方財政の拡充を求める意見書の提出を求める陳情書 (8)陳情第6号 沖縄県民

扶桑町議会 2018-06-22 平成30年第4回定例会(第5日 6月22日)

―――――――――――――――――――――――― ◎日程第1 議案第29号 平成30年度扶桑一般会計補正予算(第2号)から日程第16 沖縄県民の民意を真摯に受け止め、地方自治を尊重し、辺野古の新基地など米軍基地建設の中止を求める意見書の提出を求める陳情書まで ○議長(市橋茂機君) これより日程第1、議案第29号 平成30年度扶桑一般会計補正予算(第2号)から日程第16、沖縄県民の民意を真摯に