2805件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2021-09-02 09月02日-01号

小木曽充彦環境部長 ただいま議員のほうからお話のありました市民参加調査「親子調査!外来生物アカミミガメ見つけ隊」の調査結果につきましては、平成24年度から3か年で実施をいたしました、本市における自然環境資源の現況や改変状況を総合的に把握をする豊橋自然環境保全基礎調査の資料として活用をいたしました。 

豊橋市議会 2020-12-02 12月02日-01号

なお、これまで環境省が実施しております食品廃棄物等発生抑制及び再生利用の促進の取組に係る実態調査で報告をしている食品ロス発生量は未開封食品から推計をしておりましたが、今回県が実施している調査項目では、未開封食品に加え、食べ残しなども含めて推計するため、より正確なデータとなりますので、今後はこの実態調査をもとに分析、現状を把握する予定でございます。 

岩倉市議会 2020-06-16 令和 2年第2回定例会(第 5号 6月16日)

一方、現地では、埋蔵文化財発掘調査を継続するとともに、造成工事受注業者を決定するなど事業が本格化しておりますが、事業進捗に与えるコロナの影響は皆無ではないと考えられるため、今後も状況把握に努め、確実に事業進捗を図れるよう努めてまいります。 ○議長梅村 均君) 伊藤議員。 ○11番(伊藤隆信君) よろしくお願いいたします。  続きまして(2)でございます。

岩倉市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第 7号 3月25日)

答えとして、昨年の6月に900日前のイベントとして、50周年の記念事業アイデア発掘するワークショップを市民参加で行い、その後、職員によるアイデア発掘会議も行った。その後、秘書企画課を中心に担当課長が出席の会議の中で固まっていった。  また、問いとして、いろいろな所掌事項がある中で、5名以内という組織は少し少ないのではないか。  答えとして、多くの方がいても審査のほうに影響も出る。

扶桑町議会 2020-03-17 令和 2年福祉文教常任委員会( 3月17日)

これにつきましては、今おっしゃられました地域活動支援センターですとか、総合相談センターふそうとの連携も取りながらやっておるところでございますし、また障害者支援区分の認定調査についても、役場で直接雇用しております相談員のほうが調査を行っているところでございます。以上です。 ○委員(和田佳活君) その職務というのは、要するに、それをほとんどメインでやられているというふうに理解すればいいんでしょうか。

春日井市議会 2020-03-12 03月12日-05号

内閣官房情報通信技術総合戦略室平成29年11月に行ったアンケート調査,「災害対応におけるSNS活用に関する自治体ウエブ調査によりますと,2017年において,調査対象の1,741の自治体のうち,約半数以上の54.0%,941団体災害対応としてSNSを利用した,または利用予定自治体となっております。その割合も年々増加しており,2014年の38.5%,672団体と比べて約2割の増加が見られます。

知多市議会 2020-03-11 03月11日-03号

今後とも新たな発掘に御尽力をいただき、本市の財産として大いに活用し、少しでも歳入の増収となるよう磨き上げていただくことを御期待しております。 最後になりますが、本日御答弁をいただきました早川環境経済部長におかれましては、この3月で定年を迎えることということであります。

小牧市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日文教建設分科会−03月11日-01号

◆河内   ページ数が264、265、10款教育費の7目小牧山費事務事業の概要のほうで、2番の史跡小牧山管理事業の(2)史跡小牧山整備事業、主郭地区第13次発掘調査等、2億800万円余ありますけれども、この予算内容を教えてください。 ◎小牧山課長   今、史跡小牧山整備事業の2億850万円余の内容ということで御質問をいただきました。  

岩倉市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第 6号 3月 9日)

教育こども未来部長(長谷川 忍君) 発掘調査は、終了した区域から順次埋め戻しをしながら、新たな地域発掘調査も並行して進めていく計画となっていますので、その時点で発掘している区域を見ることができることとなります。全ての発掘調査を同時期に見られるということはございません。発掘調査自体は、全体として令和3年3月までの予定をしております。 ○議長梅村 均君) 井上議員

知立市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 6日 質疑)

○1番(川合正彦)  地権者の皆様があってのことですので、思うような進行状態が確保できるかどうかということは未知数かもしれませんが、できるだけこの予算、今年度もつき、来年度も調査費ついておりますので、ぜひ一刻も早く意思の統一ができるものは理解をいただきまして、調査だけでも進めていただけるようになればと思います。 ○議長(田中 健)  これで1番 川合議員質疑を終わります。