運営者 Bitlet 姉妹サービス
1436件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 稲沢市議会 平成30年第 4回 9月定例会-09月11日-02号 催しの内容としては、ウオークラリーや健康チェックに加え、加齢に伴う将来の体型を推測し、そのときに起こる腰や膝の痛みなどを予防するため、体のゆがみ度チェックを導入しております。 もっと読む
2018-09-07 豊橋市議会 平成30年  9月 定例会-09月07日−03号 メーカーのアンケートでは、低学年の子どもたちの二、三割の子どもが、何らかの形で肩や背中に痛みを感じているといった報告もなされております。  小学生でも30分近く歩いて登校する子どももおり、昨日の中村議員の言葉ではありませんが、この時期の通学はまさに命がけといってもおかしくありません。こちらについても、子どもたちにとっての健康を守るための何らかの対応が求められます。   もっと読む
2018-09-05 長久手市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月 5日) 4点目について、通学荷物の重さによる子どもの体への影響については、子どもの体格や筋力に個人差もあり、明確にはされていませんが、一般的には、荷物の重さによって肩の凝りや腰の痛みを引き起こしたり、前傾してバランスをとろうとするため猫背の原因になる場合があると言われています。   もっと読む
2018-08-31 岩倉市議会 平成30年第3回定例会(第 3号 8月31日) 最近、首のつけ根、首の後ろの痛み、脇や側胸部の痛み、腰の痛みを訴え、整形外科や接骨院を訪れる子どもたちがいます。その原因の一つが、小学生の児童が使うランドセルの重さです。図工や習字などの手提げかばん、そして夏場には、さらに熱中症対策として水筒をより多く持っていきますので、本当に重くなっている現状です。   もっと読む
2018-06-25 蒲郡市議会 平成30年  6月 定例会-06月25日−04号 このような状況下、市民の皆様に一定の痛みや負担をお願いすることにつながってまいります。  本議案に反対をされる予定の議員におかれましては、議員定数削減に反対したと、市民や支援者の方々に胸を張って言えるでしょうか。蒲郡市議会及び我々議員は、市民をリードする立場にあります。 もっと読む
2018-06-20 長久手市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月20日) ○福祉部次長(中野智夫君) まず症状ですけれども、皮膚に帯状の発赤や水泡、かさぶたなどの症状、皮膚症状がある部位のひりひり感、そしてちくちく感などの痛みがございます。合併症としましては、発熱や頭痛、皮膚症状からの二次感染のほか、結膜炎、髄膜炎、脳炎などが起こり得ると報告がされております。後遺症では、帯状疱疹後神経痛というぴりぴりとした痛みが続くこともございます。 もっと読む
2018-06-14 稲沢市議会 平成30年第 3回 6月定例会-06月14日-02号 将来のメタボや腰痛、膝の痛みの予防となるため、秋フェスタでも、この検査を初めとした健康チェックを行っていきたいと考えております。  秋フェスタの取り組みとしましては、アピタ稲沢店や矢合の国分寺の協力を得て、秋の風景を楽しみながら健康づくりができるよう、ウオークイベントの実現に向けて関係機関と話し合いを進めていく予定でございます。 もっと読む
2018-06-14 岩倉市議会 平成30年第2回定例会(第 4号 6月14日) はしかは潜伏期のあとに38度台の高熱が出て、せきや喉の痛みなどの症状が数日続き、この期間は一番感染力が高いカタル期と言われ、旅行客もこの時期に訪日したと見られています。  日本は2015年に世界保健機構から、国内由来のはしかウイルスによる感染が発生していない排除状態であると認定を受けています。現在、感染が広がっているのは、海外から持ち込まれたウイルスによる輸入感染とされています。 もっと読む
2018-06-13 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−03号 現状の認識に対して共有をしていただいて、市が行う市政に対して共感をしていただいて、そしてともに痛みに耐えて、そして未来に希望を一緒に抱いていただくこと、そんなことが改革をなし遂げる一番大事なことではないのかなあというふうに思っております。これは私見であります。  そんな意識を持って、ちょっとこの公共施設の再配置について質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-05-31 春日井市議会 平成30年  5月31日 厚生委員協議会-05月31日−01号 ◎(渡辺医事課長) 緩和ケア外来では、当院に入院してがん治療を行っていた患者が退院後も通院しながらがん治療を行う場合に、がんによる体の痛みに対する疼痛管理や精神的に不安定な症状に対する治療などを行う外来で、外科や消化器内科、精神科の医師が診療を行っております。 もっと読む
2018-03-08 知立市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日 質疑) どこに一番痛みが来るのか、そういうことですね。  高齢者も前に削減されたということがありまして、今回は高齢者はそんな大きな削減にはならないんですが、子供たちはダブルで減っております。国保の均等割をたくさん持っている人、子供をなくしたよという思いとダブるんですけども、子供たちが大変痛めつけられているんですね。だから、そういうところに心を寄せて、私は行政をやっていってもらいたいなと。 もっと読む
2018-03-01 春日井市議会 平成30年  3月 1日 厚生委員会-03月01日−01号 例えば、救急看護認定看護師は救急外来において病態に応じた迅速な対応やトリアージの実施などを、皮膚・排泄ケア認定看護師は外来及び病棟におきまして褥瘡などの管理、ストマ、失禁等の排泄管理やセルフケア支援を、がん性疼痛看護認定看護師はがん相談支援センターにおいてがんによる痛みの総合的な評価と個別的なケアを行うなど、院内のさまざまな部署におきまして専門知識を生かして活動しております。 もっと読む
2017-12-11 稲沢市議会 平成29年第 4回12月定例会−12月11日-03号 一方で、市民の 皆さんの痛みを感じるというふうに、非常にまことに申しわけないと思っておりますが、将来を考えての施策、方針、実行であります。御理解賜りますようお願いします。 ◆26番(渡辺幸保君)  お願いされたくありません。  私もう一回言いたいですが、この市の経営改革プラン、この評価シート、毎年出しているんですね。 もっと読む
2017-12-08 知立市議会 平成29年12月定例会(第4日12月 8日 一般質問) 社会保障はセーフティーネットという性格上、みんなで痛みを分かち合うものではございますけども、真面目に税を納めておる人が、ますます負担が重くなってしまうようなことがあってはならないと私は思うわけでございます。収納率向上に対する対策をお聞かせください。 ○議長(風間勝治)  保険健康部長。 もっと読む
2017-12-07 知立市議会 平成29年12月定例会(第3日12月 7日 一般質問) 歯医者に行かない理由として、痛みはさほどでもないからとか、病気というわけではないという意識も強いんですね、歯の場合は。これが風邪などですと、感染するとかそういうことも言うんでしょうけれども、歯の病気が感染するわけではないでしょうと。時間的なゆとりがない、それからもう一つは、経済的にゆとりがないと。ちなみに、貧困の方と歯の疾患の連動ということも言われているんですよね。 もっと読む
2017-12-07 東海市議会 平成29年12月定例会 (第3日12月 7日) 「がん患者さんにはどんなつらさや苦しみがあると思いますか」の問いに、「考えたっことがなかった」、「毎日点滴をして手術されるので、つらいと思います」、「退院するのが難しいから、がんであることをほかの人に言いたくない」、全体のアンケート結果では、1位「体の痛みや苦しみ」が112、2位「死の恐怖」が89、3位「手術や抗がん剤のつらさ」が78でした。   もっと読む
2017-12-07 東海市議会 平成29年12月定例会 (第3日12月 7日) 「がん患者さんにはどんなつらさや苦しみがあると思いますか」の問いに、「考えたっことがなかった」、「毎日点滴をして手術されるので、つらいと思います」、「退院するのが難しいから、がんであることをほかの人に言いたくない」、全体のアンケート結果では、1位「体の痛みや苦しみ」が112、2位「死の恐怖」が89、3位「手術や抗がん剤のつらさ」が78でした。   もっと読む
2017-12-05 安城市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 まず一つ、これは誰も痛みを伴わない最も理想的な形ですが、議会が改正すべきと議決することです。しかしこれは皆様が御存じの諸事情から残念ながら現実的ではありません。もう一つは、今まで市民から多くの疑問が出されていることなどを理由に、市がこの条例を市長の選挙公約及び憲法、法律に従った住民自治の条例に直せばよいだけです。これは1日、いや数時間でできることです。 もっと読む
2017-12-05 半田市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月05日−01号 刺されると強く激しい痛みやかゆみを感じ、じんま疹や激しい動悸、目まいを起こすことがあります。また、アレルギー症状の中で危険性が高いアナフィラキシーショックが起きて死亡するケースもあり、殺人アリと呼ばれることがあります。   もっと読む
2017-10-19 名古屋市議会 平成29年  公社対策特別委員会-10月19日−01号 痛しかゆしといいますか、本当に親しまれた地域の病院でありますので、患者さんたちもテレビ番組を含めて今いろんな医療解説というのがされているので、ちょっとした例えば痛み、また大きな痛みでも大病かもしれないと思うと、やはり信頼できる病院にウオークインで行かれるんだろうなという、そこはなかなか初診料だけでは分けられなかったのかなというのは、今現状で見るところですけれども、この辺をまた今後はしっかりと検討して もっと読む