3725件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2019-07-29 令和元年第4回臨時会(第1日 7月29日)

の適正賃金と安定雇用を確保する公契約法の制定を求める意見書、すべての労働者に安定した雇用と1日8時間の労働で暮らせる人間らしい働き方を求める意見書、住民の安全・安心を支える行政サービス体制・機能の充実を求める意見書、地方財政の拡充を求める意見書、保育士人材定着・確保のため、職員配置基準と公定価格を抜本的に改善し、大幅増員と賃金の引き上げを求める意見書、すべての子どもたちによりよい幼児教育保育無償

稲沢市議会 2019-06-27 令和元年第 3回 6月定例会−06月27日-付録

さらに少子・高齢を口実に、30年余にわたり年金が切り下げられ、将来年金生活者となる若者達も切り下げられた年金額が適用され、購買力が低下して、自治体財政に大きく影響します。高齢者の生活改善に下記の事項を実施するよう国への意見書を採択されるよう要請します。                      記 請願事項 1 年金開始年齢の引き上げは行わないでください。

東海市議会 2019-06-27 令和元年 6月定例会 (第5日 6月27日)

─┼─────┤ │28│28  │市道の路線認定(その1)について          │     │ ├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤ │29│29  │元浜ポンプ場再構築工事委託基本協定について     │     │ ├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤ │30│30  │名和前ポンプ場長寿工事委託基本協定

稲沢市議会 2019-06-27 令和元年第 3回 6月定例会-06月27日-05号

このたびの工事請負契約締結につきましては、災害発生時の初動対応の迅速を図るための災害対策拠点として整備するものであり、また行政福祉業務を担う福祉事務所と稲沢市社会福祉議会を一つに集約することで、福祉に関する相談のワンストップ対応を実現するため整備するものと理解をいたしております。市民の安心・安全を確保するために必要な事業であり、原案に賛成いたすものであります。  

津島市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-26

次に、子育て支援課所管中、幼児教育保育無償等チラシデザイン委託料として27万円計上されているが、どこの業者に委託するのかという質疑に対し、まだ決まっていないとの答弁がありました。  この答弁に対し、地元の業者に頼んではどうかという質疑に対し、市の業者も含めたところで考えていくとの答弁がありました。  

小牧市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日文教建設分科会−06月21日-01号

11款2項1目子ども・子育て支援臨時交付金で34万6,000円の増額は、幼児教育無償の実施に当たり、福祉総合システム修正に対する交付金であります。  16款2項2目民生費国庫補助金で517万4,000円の増額は、母子家庭対策総合支援事業費補助金として、未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の支給に対する補助金であります。  

扶桑町議会 2019-06-21 令和元年第3回定例会(第5日 6月21日)

次に、すべての子どもたちによりよい幼児教育保育無償の実現を求める意見書の提出を求める陳情を議題とし、意見、討論はなく、採決の結果、すべての子どもたちによりよい幼児教育保育無償の実現を求める意見書の提出を求める陳情は、賛成全員で採択すべきものと決しました。  以上で、福祉文教常任委員会に付託されました全8案件、全て審査が終了したことを御報告いたします。以上です。

碧南市議会 2019-06-20 2019-06-20 令和元年福祉健康部会 名簿

1             福 祉 健 康 部 会 記 録 ───────────────────○──────────────────── 1 日  時  令和元年6月20日(木) 福祉健康委員会休憩中 2 場  所  碧南市役所 第1委員会室 3 協議事項  (1) 令和元年陳情第1号 すべての子どもたちによりよい幼児教育保育無償

碧南市議会 2019-06-20 2019-06-20 令和元年福祉健康部会 本文

すべての子どもたちによりよい幼児教育保育無償の実現を求める意見書の提出を求める陳情。  陳情趣旨は省略いたします。  陳情事項1、幼児教育保育無償は、現物給付により行うこと。実施に必要なあらゆる財源については、2020年度以降も国の責任において全額国費で確保すること。給食は現物給付の観点から保育の一環とされてきたことを踏まえ、引き続き実費徴収は行わないこと。  

碧南市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日)  本文

15款県支出金、2項県補助金、2目民生費県補助金、32節幼児教育保育無償導入支援事業費補助金の補正額は1,400万円で、これも今回の歳出補正予算に計上してございます公立保育園等運営事業に対し交付をされるものでございます。  18款繰入金、1項1目基金繰入金、1節財政調整基金繰入金の補正額は3,459万2,000円で、これは、今回の補正での財源調整を行うものでございます。  

小牧市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会-06月18日-04号

イ、これまで副食費は保育料に含まれていたことから、副食費も無償にすべきだと思いますが、市の見解をお尋ねいたします。  (2)第三子以降の児童について。  ア、現在、第三子以降の保育料は無料になっています。無償に伴い副食費が対象にならないとなると、負担がふえることになります。市の対象者は何人か、お尋ねをいたします。  

小牧市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-03号

10月からの消費税10%の増税に対して、国は3歳以上の保育無償などを税の使い道として示しています。消費税10%に頼らず、別の財源で保育無償されるべきだと日本共産党訴えています。そこで、今後無償になれば、家庭保育をしていた女性が働き始めることも予想され、保育園や保育士の不足が約4カ月後に解決されるべき緊急課題として迫っています。  

扶桑町議会 2019-06-14 令和元年総務建設常任委員会( 6月14日)

○委員(小林 明君) 結局、今までの政府のやり方というか自民党のやり方というのは、この消費税の導入のときにも高齢社会のためにだとか、社会保障のために財源をつくらなければならないとか、こういうことを言って消費税を導入して、3%が5%、5%が8%に引き上げられるときも、少子対策だとか、結局、社会保障の財源確保と言っておきながら、一方、消費税税率を引き上げるたびに法人税の税率は引き下げられてきたということが

東海市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会 (第3日 6月14日)

質問事項の3番目、幼児教育保育無償についてです。  幼児教育保育無償が今年10月から始まります。無償そのものに反対するものではありません。今回の無償は、消費税率10%への引き上げを財源としているので、大きな問題です。  消費税は、逆進性の強い税であり、税率を上げることは、子育て世帯の生活を直撃します。