運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-09 名古屋市議会 平成29年  2月 定例会-03月09日−05号 当初、科学万能・物質主義一辺倒の後藤に、千巌は「真俗二諦」を説いたとされ、悟りと世俗の二つの真理は後藤の心に、物心一如、森羅万象となって、一部より全部へという、一事実を全体に置きかえる物事の考え方が醸成されます。  伝染病対策に始まる予防医学が後藤独自の衛生思想と相まって、上下水道、道路、都市計画を含む衛生行政へと、こうして発展していくのです。   もっと読む
2014-02-25 豊田市議会 平成26年 3月定例会(第3号 2月25日) そこで、土木分野で元来あった風土工学の前身でありますが、仏教の自然哲学を基本とした輪廻転生や森羅万象など、自然現象とは何かを説いてくれると言われますが、人間の心の悩みである煩悩と地球の悩みである環境問題は、アナロジーの概念であるところに気がついているということでありまして、いわゆる煩悩と環境問題が類似しているということから、推しはかると、その延長線上で考えられることは、地形や地質や生態系を含めた広い もっと読む
2014-02-25 豊田市議会 平成26年 3月定例会(第3号 2月25日) そこで、土木分野で元来あった風土工学の前身でありますが、仏教の自然哲学を基本とした輪廻転生や森羅万象など、自然現象とは何かを説いてくれると言われますが、人間の心の悩みである煩悩と地球の悩みである環境問題は、アナロジーの概念であるところに気がついているということでありまして、いわゆる煩悩と環境問題が類似しているということから、推しはかると、その延長線上で考えられることは、地形や地質や生態系を含めた広い もっと読む
2010-12-03 名古屋市議会 平成22年  総務環境委員会-12月03日−01号 それだって、ありとあらゆるもの、森羅万象というのは絶えず改革の波にさらされるんですよ。それも一遍自分で検証をされたらいかがかなというふうに思います。  もう一つ、要するに税金で何でも出さないかぬのかという。もうそんなことだったら、後ろの人と変わらぬがやとおっしゃいますけれども、だから三位一体改革で、議員のありよう、議員の職務のありようというのをきちんと議論しましょうと。 もっと読む
2008-08-27 岡崎市議会 平成20年  8月 決算特別委員会-08月27日−02号 年間予算というのは、本市の事務事業、森羅万象を含めて、すべてを網羅して年度間の金銭の動き、これをはっきりと明らかにして、そしてやるということがやはり緊張感と効率を発生せしめる力ではないかと思うんです。 もっと読む
2007-03-15 豊橋市議会 平成19年  3月 予算特別委員会-03月15日−04号 本当に森羅万象、少し表現が大きいですが、あらゆる問題を弁護士に行くと30分5,000円、高いな、でも市の場合は無料だといったときに、どこか窓口はあるかなと。すべてが来ると思うのです。それが行政の立場としては必要な場所だと思うのです。始めから、ああ、消費問題だから消費専門家に行けばいいなと、年金も年金課へかければいいなとわかる人はいいわけです。市民が。 もっと読む
2005-12-06 豊田市議会 平成17年12月定例会(第3号12月 6日) 太古から私たちの先祖は、森羅万象に宿る人知を超えた大いなるものに対して畏敬の念を抱き、その加護によって生かされていることに感謝の祈りを捧げてきました。  しかしながら、現実の個人生活に最高の価値を置こうとする戦後教育の中で、そうした目に見えない価値が見失われたため、人心は不安に陥っています。 もっと読む
2005-12-06 豊田市議会 平成17年12月定例会(第3号12月 6日) 太古から私たちの先祖は、森羅万象に宿る人知を超えた大いなるものに対して畏敬の念を抱き、その加護によって生かされていることに感謝の祈りを捧げてきました。  しかしながら、現実の個人生活に最高の価値を置こうとする戦後教育の中で、そうした目に見えない価値が見失われたため、人心は不安に陥っています。 もっと読む
2005-03-16 岡崎市議会 平成17年  3月 総務企画常任委員会-03月16日−01号 3条に示されておりますように、生活を中心に、森羅万象にわたる顕著な貢献をされた方に対する市の表彰でございまして、ぜひこの新しい条例で公平、妥当な判断をしていただいて、判断に合った方は何人でも、公平、妥当な判断が定まった人は、何人になろうともしっかり表彰してあげて、そして、ここに書いてありますように、一層市勢の発展に資するとともに、御本人様に感謝の気持ちをあらわし、そしてその周辺の人たちもまた頑張っていただくということで もっと読む
  • 1