184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

犬山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第1日11月29日)

番号5につきましては、林道と市道の接続における空白区間を是正するため、一旦廃止し、終点を変更して認定し直すものでございます。  番号7につきましては、都市計画道路の整備に伴い、市道の重複が発生した部分を是正するため、一旦廃止し、始点を変更して認定し直すものです。  番号8、番号9につきましては、県道と市道の重複部分を是正するため、廃止するものでございます。  

小牧市議会 2019-09-09 令和 元年 9月 9日文教建設分科会−09月09日-01号

主なものは、2の(1)林道施設理事業で、林道の維持管理に要した経費であります。  その下段、7款1項1目商工総務費で2億293万円余を支出いたしました。主なものは、1の人件費で、シティプロモーション課、商工振興課、企業立地推進課、27名分の給料、職員手当などであります。  184、185ページをお願いいたします。2目商工振興費で8億6,539万円余を支出いたしました。  

小牧市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-06号

去る3月14日午前10時より委員会室におきまして、委員全員と地域活性化営業部長都市建設部長、こども未来部長、上下水道部長教育部長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第8号については、提案説明の後、この基金をどのように活用するのかとの質疑があり、これに対し、平成31年度は一部崩落している林道の法面の修繕に活用するとの答弁があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました

小牧市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教建設分科会−03月18日-01号

主なものは、2の(2)林道施設整備事業で、林道大山池野線沿いの法面復旧の測量設計委託料であります。  170、171ページをお願いいたします。  7款1項1目商工総務費、2億1,630万円余であります。  主なものは、シティプロモーション課、商工振興課及び企業立地推進課、26名分の人件費であります。  2目商工振興費、9億5,240万円余であります。  

小牧市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日文教建設委員会−03月14日-01号

平成31年度におきまして譲与税が入ってくるわけでございますが、大山に農政課が管理しております林道がございます。そちらのほうで、のり面が一部崩壊している箇所がございます。そちらのほうで設計等を行いまして、基金を活用していこうと、このような形で平成31年度の予算として上げさせていただきました。  以上でございます。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。               

小牧市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会-03月11日-05号

具体的には、県の説明会において、市内の森林の現況を把握するため森林所有者を対象に実施するアンケート意向調査、間伐や里山林の整備、学校病院福祉施設等の木造化、公共施設等における木製の机、椅子、公園のベンチ、遊具や間伐材を利用した啓発グッズの導入、林道の整備、さらには植樹等の森林整備体験などと説明があり、さまざまな森林環境整備事業に活用できるものであります。  

豊田市議会 2018-12-13 平成30年予算決算委員会 産業建設分科会(12月13日)

下の第3表の6款3項林業費、林道改良事業です。これは、林道北ノ平線の橋梁補修工事において、二度の入札不調により、年度内完了が見込めなくなったため、平成31年度にかけて工事期間を確保し事業を実施したいため、予算の繰越しをお願いするものです。  産業部の説明は以上です。 ○分科会長(加藤和男) 栗本都市整備部副部長

小牧市議会 2018-09-25 平成30年 9月25日文教建設分科会−09月25日-01号

主な内容といたしましては、2の林道理事業の(1)林道施設理事業で44万円余を支出しました。これは林道の維持管理に要した費用であります。  7款1項1目商工総務費であります。支出済額は1億8,957万円余であります。主な内容といたしましては、1の人件費でシティプロモーション課、商工振興課、企業立地推進課25人分の給料、各手当等であります。  下段、2目商工振興費であります。

犬山市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会(第7日 9月14日)

昨年度の災害に対する復旧状況につきましては、道路農地林道と合わせまして、全体で214件の工事を行いました。繰越分が12件ありましたが、全て6月までに完了をしております。  なお、前原地区にあります新池の復旧工事につきましては、これは未着手でしたが、土地が所有者であり、また、愛知用水を管理します独立行政法人水資源機構との協議が整いましたので、早急に復旧をしていきたいと考えております。

豊田市議会 2018-09-12 平成30年予算決算委員会 産業建設分科会( 9月12日)

補助金林道補助でございますが、予算1億5,400万円余に対しまして、決算額は1億7,000万円余でございます。1,500万円余の増額となっております。国県補助金等歳入の確保策についてでございますが、林業専用道の開設におきまして、木材生産の向上にかかる事業計画を策定することなど、補助金のより有利な定額補助を活用するなど、財源確保に努めてまいりました。

西尾市議会 2018-09-12 2018-09-12 平成29年度決算特別委員会(第2日目) 本文

これは、台風の影響により林道の復旧工事が必要となったものでございます。  次に、その下、目的歳出でございますが、これは款別に決算額を分類したものでございます。主な増減内容でございますが、まず民生費は1億8,047万4,000円、率にして0.9%の増で、介護施設等整備事業費補助金の増などによるものでございます。  

豊田市議会 2018-09-11 平成30年予算決算委員会( 9月11日)

また平成29年度からは、中山間地域維持型一般競争入札の適用範囲を拡大した結果、平成28年度までの選定基準では対象とならなかった林道開設工事を始め7件、約1億4,000万円の工事を新たに中山間地域維持型で発注するなど改正の効果があらわれています。以上です。 ○委員長(日惠野雅俊) 窪谷委員。

豊田市議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会(第3号 9月 5日)

開催場所は、愛・地球博記念公園及び周辺自治体の一般公道林道舗装路とされ、愛知県では名古屋市豊田市、新城市、岡崎市、長久手市、設楽町が、岐阜県では恵那市、中津川市が上がっております。  既に本市では、招致準備委員会が市立ち会いのもと、地区区長会などに開催概要の説明に入っているところでございます。  

豊田市議会 2018-07-27 平成30年産業建設委員会( 7月27日)

また、林道農道に架かっているような小さな橋の数は把握できておらず、実際には2,000橋から3,000橋あると言われている。その全ての橋の場所の把握や修繕方法の検討を行い、最終的には橋梁をかけ替えるのか、取り壊しをするのかといった方向性まで示す必要があり、作業量が膨大である。豊田市では現在、損傷が大きいため四つの橋が通行止めになっている。

豊田市議会 2018-06-11 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日)

これらの計画には、主に道路整備や農業基盤整備、教育福祉医療観光などの事業が位置づけられていまして、過疎対策事業債の活用や、市道・林道事業を県が代行する制度などの利点を生かし山村振興につなげているところです。  以上です。 ○議長(鈴木 章) 大村議員。 ○36番(大村義則) それでは、次に、基本方針と基本計画はどう違うのかについて聞いていきます。  

小牧市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日文教建設分科会-03月16日-01号

主なものといたしましては、2の林道理事業で林道の維持管理の費用であります。  166、167ページをお願いいたします。  上段、7款1項1目商工総務費、2億300万円余であります。主なものといたしましては、1の人件費は、シティプロモーション課、商工振興課及び企業立地推進課25名分であります。  2目商工振興費、8億6,520万円余であります。