運営者 Bitlet 姉妹サービス
42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2015-07-23 豊橋市議会 平成27年  7月 地方創生等計画策定調査特別委員会-07月23日−01号 しかし、最近ではNHKの番組でも堺屋太一が出て声高に言っていたのは、これからの日本はどこの地方でも2.5次産業が大きく成長しなかったら絶対つぶれると、人口が減った分、経済は小さくなっていくのだと、それしか、しぼむしかない、今日本の現状ですという説明をされていました。   もっと読む
2014-09-17 東海市議会 平成26年 9月定例会 (第5日 9月17日) 黒田日銀総裁も、竹中元金融担当大臣も、堺屋太一元大臣も、財政再建のために消費税を10%に上げるべきと発言しておりますが、人類の歴史上、増税で財政再建ができた例はございません。これは世界の常識です。この3人の方には、ぜひさらなる消費増税でなぜ財政再建ができるのか、その実例を示してほしいと思います。   もっと読む
2014-09-17 東海市議会 平成26年 9月定例会 (第5日 9月17日) 黒田日銀総裁も、竹中元金融担当大臣も、堺屋太一元大臣も、財政再建のために消費税を10%に上げるべきと発言しておりますが、人類の歴史上、増税で財政再建ができた例はございません。これは世界の常識です。この3人の方には、ぜひさらなる消費増税でなぜ財政再建ができるのか、その実例を示してほしいと思います。   もっと読む
2014-09-16 稲沢市議会 平成26年第 4回 9月定例会−09月16日-04号 そういった中で、堺屋太一経済評論家は、第1次ベビーブームはできたんですけれども、第2次ベビーブームのその世代も山はできた。しかしながら、いわゆる団塊サードが今出てきてないという状況を社会問題として指摘しております。増田寛也さんはこの人口減少をどのように捉えているかというと、この20歳から39歳の年齢の人が、再生産力が95%ということで話をさせていただきました。 もっと読む
2011-09-26 春日井市議会 平成23年  9月 定例会(第4回)-09月26日−03号 作家の堺屋太一さんによれば,現在は第三の敗戦であります。第一の敗戦は幕末であります。1853年,嘉永6年,ペリー率いるアメリカ太平洋艦隊,いわゆる黒船が浦賀沖にあらわれ,開国を要求をいたしました。当初は外国を拒んだものの,1864年の馬関戦争に完敗,開国をいたしまして,その後の明治維新により中央集権の近代国家として再生をしたのであります。 もっと読む
2011-09-07 新城市議会 2011-09-07 平成23年9月定例会(第3日) 本文 これはちょっと引用になりますが、堺屋太一さんの本の中にこんなことが書いてありました。  「出口が見えるような安易な計画はうまくいかない。物事を計画するに当たり、出口が簡単に見つからないような方向に進むことが、成功する」ということが書いてありました。本当に私、楽にこれはできるなということは、なかなか進まない知恵も出てこないと思います。 もっと読む
2010-03-09 瀬戸市議会 平成22年 3月定例会-03月09日−05号 日本産業館は、日本の企業や自治体が連合して出展する大規模な展示館であり、総合プロデューサーは堺屋太一氏であります。  上海万博の最大の特徴は、何といっても規模にあります。出展する国と国際機関は242が確定し、会場面積は、2005年開催の愛・地球博の約2倍で328ヘクタールと過去最大です。 もっと読む
2008-06-24 東海市議会 平成20年 6月定例会 (第5日 6月24日) 会長には、ウシオ電機取締役会長の牛尾治朗氏がつき、日本IBMの相談役、トヨタ自動車専務取締役や三菱電機、東京電力など、日本を代表する各界企業のトップや、堺屋太一、竹中平蔵氏など、経済界をリードする人たち約160人余りが役員に名を連ね、経済産業省の所管する団体となっていることなどを知り、なぜ経営の論議を自治体に持ち込むのかと危惧を抱きました。 もっと読む
2008-06-24 東海市議会 平成20年 6月定例会 (第5日 6月24日) 会長には、ウシオ電機取締役会長の牛尾治朗氏がつき、日本IBMの相談役、トヨタ自動車専務取締役や三菱電機、東京電力など、日本を代表する各界企業のトップや、堺屋太一、竹中平蔵氏など、経済界をリードする人たち約160人余りが役員に名を連ね、経済産業省の所管する団体となっていることなどを知り、なぜ経営の論議を自治体に持ち込むのかと危惧を抱きました。 もっと読む
2008-03-05 東郷町議会 平成20年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2008.03.05 先日、堺屋太一さんが言っておられたことを思い出したわけでございます。これは大阪の知事になられた橋下さんに言われた言葉で、「削減、削減では夢がない。その削減額の1%を夢のある事業に使ったらどうか」ということを言われたわけですけれども、私もそうだなと、企業であるなら、見直し、見直しで、やはり見直してくれたものについては、何らかの形の御褒美がいくと思うわけです。 もっと読む
2006-03-13 岩倉市議会 平成18年第1回定例会(第 5号 3月13日) 作家の堺屋太一さんは、1947年から1951年の5年間に誕生した人をベビーブーマー(団塊の世代)と呼び、人口の1割近くを占めていると言っております。岩倉市のその5年間では4,000人に値いたします。  団塊の世代はベビーブーム、すし詰めの教室、受験戦争、大学の学園闘争の問題などがありました。ある人は、力強さがある人々だと言っております。 もっと読む
2005-12-07 犬山市議会 平成17年12月定例会(第2日12月 7日) 今、上村議員もお使いになった団塊の世代というもの、これはご承知のように、堺屋太一さんの造語ですが、堺屋太一さんは、この間、私が読んだ本に実におもしろいことが書いてあったのは、地縁社会とか、血縁社会という言葉がありますが、これからは夢縁社会、夢でつながっていく、こういうまちをつくろう、こういうふるさとをつくろうという、郷土愛に発する、夢でつながっていく縁ですね、そういうものをまちづくりのエネルギーにすべきだと もっと読む
2005-09-27 春日井市議会 平成17年  9月 定例会(第4回)-09月27日−03号 堺屋太一氏の著作「団塊の世代」で命名されたことは余りにも有名であります。総務省の統計によれば,約683万人いるとされ,他の世代に比べると20から50%も多くなっております。これから定年を迎えるのは,そのうちの40%を占める約284万人と言われております。  さて,ここで家計と企業(市役所を含む)とに立て分けて,プラス面について分析してみましょう。   もっと読む
2005-06-13 一宮市議会 平成17年  6月 定例会-06月13日−04号 御承知のように、団塊力ということにつきましては、堺屋太一さんが団塊の世代という、これが市民権を得ているわけでございますけれども、武蔵野市あたりは武蔵野市第四期基本構想の長期計画の中で、団塊世代の主張ということで、各階層から団塊の世代の方を抽出していただきまして、市民会議というものを昨年行っておりまして、報告書を平成16年5月にまとめているわけでございます。 もっと読む
2005-06-13 一宮市議会 平成17年  6月 定例会-06月13日−04号 御承知のように、団塊力ということにつきましては、堺屋太一さんが団塊の世代という、これが市民権を得ているわけでございますけれども、武蔵野市あたりは武蔵野市第四期基本構想の長期計画の中で、団塊世代の主張ということで、各階層から団塊の世代の方を抽出していただきまして、市民会議というものを昨年行っておりまして、報告書を平成16年5月にまとめているわけでございます。 もっと読む
2004-09-27 春日井市議会 平成16年  9月 定例会(第4回)-09月27日−03号 団塊世代,団塊の世代とは,作家でもある元経済企画庁長官の堺屋太一氏がその人口の突出した多さに注目しネーミングしたもので,昭和22年から24年,すなわち1947年から49年に生まれた世代を指すものですが,この3年間は,各年の出生人口が250万人以上と飛び抜けており,総計は800万人に達します。 もっと読む
2003-09-10 豊田市議会 平成15年 9月定例会(第4号 9月10日) ちょうど協会の事務総長に坂本春生氏が着任、その後、オオタカ問題で会場案が大幅変更、堺屋太一氏が最高顧問に就任したものの、意見の食い違いで辞任、まさに万博の基本計画が二転、三転し、迷走を繰り返したころでありました。  そんな経験を通して私なりに万博について勉強させていただきました。   もっと読む
2003-09-10 豊田市議会 平成15年 9月定例会(第4号 9月10日) ちょうど協会の事務総長に坂本春生氏が着任、その後、オオタカ問題で会場案が大幅変更、堺屋太一氏が最高顧問に就任したものの、意見の食い違いで辞任、まさに万博の基本計画が二転、三転し、迷走を繰り返したころでありました。  そんな経験を通して私なりに万博について勉強させていただきました。   もっと読む
2003-03-10 西尾市議会 2003.03.10 平成15年3月定例会(第5号) 本文 堺屋太一氏が、当時、万博にかかわっていた際、200億円の赤字になるという予測を出したことがありましたが、赤字について国は早くから責任を持たないことを言っていました。県民と市民生活へのしわ寄せが、さらにされるのではありませんか。県民生活を破壊するような大型プロジェクト偏重の県政に対して、市長は物申すべきではないでしょうか、お尋ねします。   もっと読む
2002-03-04 豊川市議会 平成14年 第1回定例会(3月)-03月04日−02号 私は、正月休みに堺屋太一先生の著書「時代が変わった」(20世紀を生きてきた我々が想像もしなかった別の時代がやってきた)という本を読みました。経済社会に視点を置いた本でありますが、21世紀の幕開けと同時にやってきた世界同時不況、しかし景気はやがて回復するであろう。だが、その時、経済社会の姿は、今とは違っているはずだ。時代が変わったからである。 もっと読む