3924件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瀬戸市議会 2021-09-05 09月05日-04号

公的医療保険世帯主勤務先事業所規模によって異なり、国保の他に「健康保険組合」(組合健保)、「全国健康保険協会」(協会けんぽ)、「共済組合」、「国保組合」があり、これらは「職域保険」と呼ばれています。75才未満で「職域保険」に加入していない人々は、すべて国保に加入することが義務づけられていますが、このような皆保険体制の中で、国保はどのような役割を果たしているか、見解を伺います。    

豊橋市議会 2020-12-04 12月04日-03号

一方、民間の業者への委託等につきましては、大規模災害廃棄物対策中部ブロック協議会災害時等の応援に関する協定書に基づきまして、千曲市で発生をした災害廃棄物処理愛知県の産業廃棄物協会が受託をしております。これにより同協会に加盟をする市内の産業廃棄物処理施設処理が行われたということでございます。 以上でございます。 ◆二村真一議員 お答えいただきました。 

豊橋市議会 2020-12-02 12月02日-01号

そして、中心市街地が活性化し、都市に新たな価値創造されれば、都市をコンパクトにして暮らしやすさを確保することができるとともに、観光など、市外からの集客によって経済が一層活性化され、さらに雇用が生まれ、若者にとって魅力あるまちになれば、若者人口流出を食いとめ、人口流出ダム機能を果たすようになると伺っています。 

半田市議会 2020-03-24 03月24日-07号

同じく、半田運河活性化推進事業で、半田観光協会に委託しているものについて、観光協会が採算の取れる自主事業として進めていくことは考えているか。とに対し、観光協会などの民間が自立した事業展開をしていただけることを意識はしていますが、今のところ、半田運河エリア集客イベント事業が主で、持続可能な観光業となる環境が整っていない状況であるため、当面は投資を続けていきます。とのこと。 

蒲郡市議会 2020-03-23 03月23日-03号

国民健康保険税所得に対する平均負担率は11%で、協会けんぽの倍です。少なくとも、子供の均等部分は市が支援することを求めます。後期高齢者医療保険料は、10%もの引き上げです。特に、所得の低いお年寄りの保険料軽減の廃止が行われています。 第23号議案は、企業用地造成事業特別会計です。市が不動産開発をやることにそもそも反対です。

瀬戸市議会 2020-03-16 03月16日-04号

次に、第26号議案について、現在の国民健康保険制度は、加入者の多くが高齢者無職者、非正規労働者などの低所得者でありながら、保険料負担率は、協会けんぽなど、ほかの公的医療保険に比べて大変に高いという構造的な問題を抱えています。保険料の中でも、家族の多い家庭ほど負担が大きくなる均等割については、愛知県でも、既に三つの自治体が独自の軽減を開始しました。

豊田市議会 2020-03-13 令和 2年 3月定例会(第6号 3月13日)

また、豊田食品衛生協会と連携し、事業者のアドバイザーとして養成したHACCPサポーターを活用して普及推進する。市民に対しては、ホームページ等を活用してHACCPについて周知していく」と答弁がありました。  このほかにも審査の過程において、さまざまな質疑がありましたが、慎重審査しました結果、冒頭申し上げましたとおり、いずれの議案全会一致にて承認することに決定しました。  

小牧市議会 2020-03-12 令和 2年第 1回定例会-03月12日-03号

議案第11号につきましては、まなび創造館の設置及び管理に関する条例を廃止するにもかかわらず、まなび創造館の名称を残すのはなぜかとの質疑があり、これに対して、まなび創造館の名称は、開設して25年以上が経過しており、市民に定着していることや、現在まなび創造館を利用していただいている市民の方々に混乱を来すことがないよう考慮して、こまき多世代交流プラザのうち4階、5階部分を引き続きまなび創造館と呼ぶこととするとの

小牧市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日予算決算委員会-03月12日-01号

◆木村   今安江委員がおっしゃられたこども来館についてなんですが、こども来館が今整備されているラピオについて、一度改めて見直してみますと、今回、ラピオ内の公共施設は、こまき多世代交流プラザとして、公共施設部分ですね、こまき多世代交流プラザとして、まなび創造館、えほん図書館子育て世代包括支援センターこども来館市民交流テラスという5つの施設に再構成されました。

豊田市議会 2020-03-12 令和 2年企画総務委員会( 3月12日)

この案を提出するのは、新製品・新技術等開発補助金制度の見直しに伴い、豊田市新製品・新技術等開発補助事業審査会名称及び委員選任基準を変更するとともに、設置の必要がなくなった豊田市新産業創造委員会を廃止したいからでございます。  説明は以上です。 ○委員長北川敏崇) 説明が終わりましたので、質疑を許します。  福岡委員。 ○委員福岡靖純) 議案第2号について1点お伺いします。  

安城市議会 2020-03-11 03月11日-02号

既に昨日現在で11件の保証認定申請が提出をされておりますが、市の認定後、信用保証協会による審査などを経て、実際に保証料補助申請が提出されますのは早くてもこの3月末以降となることから、保証料補助令和2年度の当初予算で対応していくことになるものと考えております。 今後、申請状況によりましては、令和2年度の予算におきましても追加の補正をお願いさせていただく場合もあるかと思います。