3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊明市議会 2018-03-01 平成30年3月定例月議会(第1号) 本文

さて、先月、1948年から1996年まで施行されていた旧優生保護のもとで、知的障がいを理由に不妊手術を強制された宮城県の60代の女性が、重大な人権侵害なのに立法による救済措置を怠った旧法は憲法違反だとして、国に損害賠償を求める訴訟仙台地裁に起こしました。この旧優生保護をめぐる国家賠償請求訴訟は初めてです。

春日井市議会 2002-12-09 平成14年 12月 定例会(第5回)-12月09日−03号

本来,女性には次の世代健康子供を産むという大切な役割があり,そのために優生保護などによって女性の母体を保護する目的で,一部を除外した病院勤務者,電話交換手,スチュワーデスなど特別な職種以外は女性の深夜勤務や残業など超過勤務について厳しい規制がありましたが,男女雇用機会均等によって経済界や産業界に都合のよい内容にされてしまいました。

碧南市議会 1999-06-14 1999-06-14 平成11年第5回定例会(第1日)  本文

憲法公布され、男女平等がうたわれ、妊娠中絶を認める優生保護売春防止が制定、男尊女卑の差別が一つずつ取り除かれました。昭和35年以降、家庭電気製品の進歩により家庭生活環境は改善され、それにより女性の社会進出の足がかりになりました。昭和50年代は国連主催の国際婦人年となり、初の世界婦人会議がメキシコで開かれました。アメリカの女性運動家リーダー、グロリア・スタイナムは「男と女の違いは認めよう。

  • 1