737件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

犬山市議会 2020-03-17 令和 2年建設経済委員会( 3月17日)

○委員(丸山幸治君) ちょっと教えていただきたいんですけど、水道料金の徴収について、税金のほうしか私は知らないんですけど、不納欠損というのはないんでしょうか。 ○委員長(水野正光君) 梅村水道課長。 ○水道課長(梅村幸男君) 不納欠損は行ってございます。 ○委員長(水野正光君) 丸山委員。 ○委員(丸山幸治君) どこを見ればいいんですか。どこに入っていますか。

岩倉市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第 1号 2月27日)

項3特別損失、目1過年度損益修正損は30万2,000円で、貸倒引当金30万1,000円は、当事業年度の下水道使用料の不納欠損による損失に備えるため計上しています。  なお、受益者負担金につきましては、令和2年度は不納欠損がありませんので、計上をしておりません。  続きまして、資本収入及び支出について説明をさせていただきます。  543ページをお願いいたします。  

長久手市議会 2019-10-30 令和元年第3回定例会(第6号10月30日)

不納欠損額も増加しているが滞納整理については細やかな対応が望まれることから反対とする。  賛成討論はなく、採決の結果、認定第5号は賛成多数にて原案のとおり可決することに決しました。  次に、認定第6号平成30年度長久手市卯塚墓園事業特別会計決算認定について、借入金の返済は令和2年度に樹木葬を1基整備するため新たな起債も発生するが、それを見込んでも現在のところは大丈夫である。  

犬山市議会 2019-10-07 令和元年全員協議会(10月 7日)

不納欠損額を減らすため、債権管理の一元化に努めること。  ・老朽化した防火水槽の維持管理を計画的に進められるよう予算措置に努めること。  ・利用料金及び補助金に関連する減免制度については、問題点が見受けられるので、解決に向   けて努力すること。  ・高齢者タクシー助成事業について、利用方法について再度検討すること。  

東郷町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-09-26

第1に、平成30年度において不納欠損額が対前年度比で倍以上となりました、町税の収納率の向上を図ること、そして第2に最少の経費で最大の効果を上げるための事務事業の見直しを積極的に進めること。これらの課題遂行は、待ったなしの喫緊の課題であります。これらの課題の遂行を強く要望いたしまして、賛成討論とさせていただきます。

扶桑町議会 2019-09-26 令和元年第5回定例会(第7日 9月26日)

税務課の関係では、法人町民税の不納欠損14万800円はどのような理由かとの質疑に対して、倒産し、法人の実態がないものが2件であると答弁がありました。  都市整備課の関係では、小渕江南線整備関連事業費について、今後の交通安全対策はどのように進めていくのかとの質疑に対して、カラー舗装などの視覚的要素による交通安全対策を中心に進めるものとしていると答弁がありました。  

犬山市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会(第8日 9月25日)

2.不納欠損額を減らすため、債権管理の一元化に努めること。  3.老朽化した防火水槽の維持管理を計画的に進められるよう予算措置に努めること。  また、自由討議において、公共施設使用料のガイドラインに関して、激変緩和の期限について、もっと短い期間で適正な金額にすべきであるという意見がありましたので、併せて報告します。           

犬山市議会 2019-09-20 令和元年総務委員会( 9月20日)

○委員(玉置幸哉君) 引き続き、私のほうは、不納欠損の問題で、やっぱり債権管理を一元化し、それを見ていく担当部署が必要なんではないかという、きのう質疑もさせていただき、わかったことは、それぞれの債権管理は担当部署がやっているもんですから、そこをやっぱり豊田市のほうなんかでは先進的事例として、担当課があるということなので、犬山市もそれに倣って税収が先細りしていく中で消えていく徴収金がないようにしたいという

犬山市議会 2019-09-19 令和元年総務委員会( 9月19日)

収入未済額、不納欠損、この2点についてですけども、まず、きょうはお二人の新人議員もおみえになるんで、収入未済額、私としては基本的には収入未済というのは、その年度に入ってくるはずの予定だった入りの部分が入ってこなかった、取れなかったというもので、まずよろしいでしょうか、確認の意味で。 ○委員長(岡村千里君) 答弁を求めます。  松田経営改善課長

東海市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第5日 9月18日)

市税の不納欠損額3,810万3,000円は、地方税法の規定により不納欠損処分したものでございます。  第2款地方譲与税は3億7,292万6,000円で、2,692万6,000円の増収は、主に自動車重量譲与税1,201万2,000円の増で、譲与の基準となる国の自動車重量税の収入額が見込みを上回ったことによるものでございます。  

犬山市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第7日 9月13日)

2ページのほうの上段のところに、会計別の項目が記されておりますが、その部分の不納欠損額、この部分について質疑をします。  昨年、1,861万5,461円ということで不納欠損が出ておりましたが、今回は3,193万3,846円ということで、大きく膨れ上がっているというふうに私は見てとりましたが、この主な要因は、まずは何だろうということで質疑したいと思います。