1185件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小牧市議会 2021-06-22 令和 3年第 2回定例会-06月22日-04号

これらのリスクに加え、妊活の中に含まれる不妊治療は莫大な治療費がかかるケースもあり、妊娠を断念する方々も少なくありません。  そんな中一つの希望は、国で議論が進められている不妊治療医療保険適用であります。厚生労働省の資料によりますと、令和3年度(2021年度)中に詳細を決定し、令和4年度(2022年度)当初から保険適用を実施することとし、行程表に基づき保険適用までの作業を進める。

小牧市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会-06月21日-03号

───────────────────┬────┐ │ 質 問 項 目 │                        │    │ │        │妊活支援について                │ 備 考 │ │   № 1  │                        │    │ ├──┬─────┴────────────────────────┼────┤ │ 要 │(1)不妊不育治療等助成金

豊橋市議会 2021-03-29 03月29日-06号

命の安全、心の安心が確保されたまちにおいては、防災ラジオ無償貸与指定避難所Wi-Fi整備に取り組み、みんなで支え合い笑顔で健やかに暮らせるまちでは、福祉相談サポートセンター(仮称)の開設、多胎妊婦健康診査拡大特定不妊治療費の助成額助成回数対象者拡大、不育症検査費用助成ドクターカーの導入に取り組むなどの予算が計上されております。 

碧南市議会 2021-03-26 2021-03-26 令和3年第1回定例会(第5日)  本文

地域猫不妊手術1万円、70匹、去勢手術5,000円、60件、合計100万円の補助は、制度設計が不備な状況です。県内では19自治体が類似の補助制度を行っていますが、飼い犬、飼い猫も補助対象にしているところなどがあります。大体、市内の動物病院にも全く話もなく、地域猫団体加入を条件にするなど、対象特定した制度であってはなりません。

名古屋市議会 2021-03-19 03月19日-07号

このほか、ナゴヤわくわくプレゼント事業の実施に当たっての当局の考え、子ども会活動の振興に向けたアンケートの結果、就労支援の視点を踏まえたトワイライトルームの在り方多胎妊婦健康診査助成内容及び高齢妊婦への支援状況不妊治療・不育症検査に係る情報提供在り方公立保育所社会福祉法人への移管北部地域療育センター民間移管に向けた対応、北部地域療育センターにおける職員配置状況などについても触れるところがあり

岡崎市議会 2021-03-18 03月18日-05号

次に、4款衛生費のうち、不妊治療・不育症検査補助業務が8,726万8,000円計上されております。これは、不妊治療や不育症検査経済的負担を軽減していく業務の拡充としまして、現在の所得制限の撤廃や、補助する金額を1回15万円から1回30万円に引き上げ、補助回数も生涯で6回から1子ごとに6回に増やすものであり、新規に不育症検査費補助金を創設するものであります。

西尾市議会 2021-03-17 2021-03-17 令和3年 予算決算委員会 本文

保健衛生費の主な質疑答弁としては、新生児聴覚検査受診について、市外、県外でも受診可能であることから98%の受診を見込むとのこと、不妊治療助成について、令和2年度2月末日現在では一般不妊治療53件、特定不妊治療164件で、今後は保険適用が予定されているので状況を踏まえて、そのあり方を考えたいとのこと、産後ケア事業の減額について、特定妊婦に絞ったことによるものであること、コロナ対策に当たる関係職員等

瀬戸市議会 2021-03-16 03月16日-04号

4款1項2目母子保健事業費一般不妊治療費等助成金。昨年度は予算が足りず、ほかから流用して58件助成を行ったが、今年度についても助成数予算額を上回った場合、断るのではなく、流用してでも助成を行うということでよいかとの質疑に対し、助成枠を超えても申請があれは助成対象として考えていきますとの答弁がなされた。 

豊橋市議会 2021-03-09 03月09日-04号

2015年の国の調査によると5.5組に1組のカップルが不妊で悩み、生まれてくる子どもの約20人に1人は生殖補助医療により誕生しています。つまり1クラスの中で2人は不妊治療によって生まれた子どもです。このような現状からすると、この問題は非常に多くの方が悩まれている大変身近な問題であります。 そこで二つ目としてお聞きします。 

あま市議会 2021-03-05 令和3年3月定例会(第5日) 本文

昨年を振り返ってみますと、12月議会では、あま市の施策である一般不妊治療助成事業があります。5万円を限度にして、夫及び妻の前年の所得が730万円以上になると、この助成が受けられませんでしたが、所得制限を撤廃しよう、こういう議会議決が行われて、今回の新しい予算では、所得制限はなくなりました。これを見ても明らかなように、議会が今回の請願書議決をしていけば、政治が変わります。  

安城市議会 2021-03-05 03月05日-03号

(2)不妊治療について。 子供をいつ妊娠できるか分からない治療に多額の費用を使っているため、断念する夫婦がいることを聞きました。フランスでは、不妊治療費のほぼ全額が支援されております。国において、菅首相は、不妊治療に対して最優先に取り組むと令和4年度の保険適用までの間は、特定不妊治療と言われる体外受精顕微授精に対し、初回から6回までを30万円ずつ助成することを決めました。 ここで質問です。 

瀬戸市議会 2021-03-03 03月03日-02号

7目福祉医療費では、子ども医療費支給といたしまして、入院治療に係る医療費助成対象を15歳から18歳に達する年度の3月31日までに拡大して助成費用を計上しております。 次に、136ページを御覧ください。 2項3目児童健全育成費では、放課後学級児童クラブ運営費用民設児童クラブ活動に対する助成費用を計上しております。 140ページを御覧ください。