790件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知立市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第6日 6月26日 閉会日)

第97回議会改革特別委員会では、委員会の検討項目、作業部会の選任、第26回、第27回の議会報告会の協議について、第98回の議会改革特別委員会では、第26回議会報告会のリハーサルと準備、委員会の検討項目について、第99回では、第26回議会報告会の報告、当委員会の行政視察について、第100回の議会改革特別委員会では、第27回議会報告会と2019年度報告会の日程調整、議会におけるタブレット等の使用の研修会

碧南市議会 2019-06-14 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第2日)  本文

また、首巻きの保冷剤、こちらの活用や、塩分補給用のタブレットを与えたりする学校もありました。  今年度は、市内3校が半日開催にしており、1日開催の学校においても閉会式を中止するなど、時間短縮をした学校もありました。  運動会に限らず、運動場等での活動において、気温の上昇や児童生徒の健康状態には常に注意を払い、校舎内のエアコンのある部屋等の活用など、暑さ対策に努めてまいります。  

知立市議会 2019-06-07 令和元年 6月定例会(第4日 6月 7日 一般質問)

そういった町内会の防災無線だとかありますけども、町内会に1つタブレットを置いておったって、それは便利ではないかなと思います。そういった時代にも進んでいくと思いますし、そういったことも今後、研究・検討していただければと思いますけども、いかがでしょうか。 ○議長(田中 健)  企画部長。

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

その他、小学校においては大型ディスプレーが各普通教室全室、教育用のタブレットが小学校全部で現在153台を整備をされております。中学校においては、今年度大型ディスプレーの整備とタブレット27台を整備する予定でございます。 ○議長(田中 健)  14番 高木議員。

犬山市議会 2019-05-13 令和元年全員協議会( 5月13日)

2つ目はペーパーレスのタブレット化。私最初、反対でした。アナログ人間だったからです。だけどこれは食わず嫌いだった。タブレット化を導入したいろんな市町に視察に行ったら、意外と俺でもできるなとの感覚を得て、これは前に進めていかなければと思っています。早ければ来年度の予算に上げる。遅くとも次の年度の予算に上げてく。スピード感を持ってペーパーレスのタブレット化を実現していきたいと思います。

大府市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会-03月22日-05号

まず、反対討論としては、「タブレットパソコンの導入効果についての総括の前に先行投資をすることや、学校給食費の引上げ、また、保育園の民営化の急速な推進と公平性に欠ける民間保育所への補助についても賛成できないため」といった趣旨のものでした。  

小牧市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-06号

モデル校として、小中学校2校でそれぞれ実施されることで、1人1台のタブレット型パソコンが整備される学習環境になり、ICT活用支援員が学校を巡回し、ICT教育の推進が展開されます。  図書館施設建設事業は、約35億円は継続費として計上されています。

知立市議会 2019-03-19 平成31年議会改革特別委員会( 3月19日)

それでは、(2)議会でのタブレット等電子機器の使用制限(許可)についてでございます。  前回の当委員会におきまして、タブレット等導入については、条件等はありますけども進めていく方向で全会派一致となりました。今後、住民に説明できるように費用対効果、メリット・デメリット等を検討していくこととなります。タブレット導入による費用対効果について、本日資料を手元に配付させていただきました。

西尾市議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年 企画総務委員会 本文

81 ◯秘書課長(細田 誠) 予算書94・95ページ、まず区分32の多言語ユニバーサル情報発信ツール導入業務委託料の内容でございますが、写真のスライド表示機能や多言語翻訳機能、自動音声読み上げ機能などを搭載した情報発信ツールを使い、デジタル化した広報にしおを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧できるようにし、若者を初め外国人や障害者など、広く市民に情報発信

大府市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日議会運営委員会−03月12日-04号

   なし 3 その他の出席議員    議長    早川高光    副議長   三宅佳典 4 職務のため出席した議会事務局職員    事務局長   末廣昭一    議事課長   竹田守孝    議事係長   原田好美    議事係主任  野崎雄介 5 説明のため出席した者    なし 6 傍聴者    議員    0名    一般傍聴  0名 7 会議に附した事件  (1)市議会におけるタブレット

扶桑町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第4日 3月12日)

○教育次長(加藤忠昭君) こちらのほうはパソコン、今年度からタブレットを入れております、パソコン、タブレット、あと教師用のパソコン、あと授業で使いますプロジェクターとか、あと投影機ですね、そういったものでございます。    〔挙手する者あり〕 ○議長(市橋茂機君) 澤田さん。 ○8番(澤田憲宏君) タブレットのほうと、今おっしゃられましたけれども、これは何台ぐらい、これ今小学校ですよね。

大府市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-04号

始めに、2点目の1項目目「授業時間中の子どもたちの姿がどう変化したか」についてでございますが、本市の教育現場へのICT機器の導入は、他市に先駆けて、平成27年9月から全校に導入し、本格的な授業での活用が始まり、導入当時の「電子黒板と教師用タブレットパソコンを使用した授業を行うこと」からスタートし、生徒用タブレットを活用したグループ学習や個人学習へと、段階的に充実してきました。  

大府市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-03号

また、本年2月から職員用のノートパソコンを一斉にタブレットに変更し、文書の電子化、ペーパーレス化を進めております。あわせて、文書保存年限の見直しと電子キャビネットの構成を見直すことで整理整頓を進め、効率的な事務運用につなげております。  

小牧市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会-03月11日-05号

それでは続きまして、質問項目2、多機能型タブレット端末の導入についてをお願いいたします。  ICT化が進む現代社会において、近年ようやく行政の現場にも取り入れられるようになりました。私も過去、何度もこの一般質問で多機能型タブレット端末の導入を議題として取り上げました。  

扶桑町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3日 3月11日)

ほかの市町、もちろん都道府県等が続々例えばスマートフォンの活用をした場合に、それに余り追従しないより、むしろそのつもりのことが多いもんですから、現実的には、例えばSNSの問題とかよく今、連日のように被害が出る子どもたちの様子を見るに当たりまして、まだ少し本当に使い方等を理解していただいてから解禁にすべきじゃないかと、もちろんタブレット等やPC、いろんなことがそれと同じようにスマートフォンも活用するべきだとは

小牧市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-04号

このアプリを利用するには、スマートフォンやタブレット端末が必要ですが、本市の救急隊は、搬送先の医師との通話を主な目的としているため、耐久性を考慮して、二つ折りタイプの携帯電話を使用しており、これまでアプリの活用には至っておりません。  本市における多言語対応の現状は、平成30年5月7日から運用を開始した119番通報等多言語通訳事業を活用しております。  

犬山市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会(第8日 3月 8日)

1点目のARシステムにつきましては、来年度開発をするものですが、開発をするシステムは、スマートフォンやタブレットを使ったもので、いわゆるアプリケーションの開発を行っていきます。このアプリケーションをスマホとかタブレットに入れていただくと、出土した副葬品や、それから、もう今既に埋めてしまっているんですけれども、竪穴式石槨をAR拡張現実で見ていただけることが可能となるように開発を進める予定です。