138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩倉市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第 4号 3月 5日)

8.予防接種について  ①流行性耳下腺炎おたふくかぜ)、ロタウイルスワクチン子ども障害者インフルエンザワクチン定期接種から漏れた人に対する麻しん(はしか任意予防接種助成制度を設けてください。  ②高齢者用肺炎球菌ワクチン定期接種)の一部負担を引き下げてください。市町村が実施する任意予防接種事業再開・継続してください。また2回目の接種任意予防接種事業対象としてください。

岩倉市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第 2号12月 4日)

8.予防接種について  ①流行性耳下腺炎おたふくかぜ)、ロタウイルスワクチン子ども障害者インフルエンザワクチン定期接種から漏れた人に対する麻しん(はしか任意予防接種助成制度を設けてください。  ②高齢者用肺炎球菌ワクチン定期接種)の一部負担を引き下げてください。市町村が実施する任意予防接種事業再開・継続してください。また2回目の接種任意予防接種事業対象としてください。  

豊明市議会 2019-12-01 令和元年12月定例月議会(第1号) 本文

8.予防接種について  1)流行性耳下腺炎おたふくかぜ)、子ども障害者インフルエンザワクチン定期   接種から漏れた人に対する麻しん(はしか任意予防接種助成制度を設けてくだ   さい。  2)高齢者用肺炎球菌ワクチン定期接種)の一部負担を引き下げてください。市町村が   実施する任意予防接種事業再開・継続してください。

大府市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-04号

一方で、インフルエンザの大流行の際の受験生向け予防接種情報当たり屋情報はしか患者の発生などの情報は、ウェブサイトには掲載されていても、ツイッターでは情報発信されませんでした。  どのような基準で、ツイッターによる発信ウェブサイトによる発信のみとする使い分けをしているのか、一市民、一利用者目線としては、わかりにくく感じております。  

安城市議会 2019-03-08 03月08日-04号

風疹インフルエンザ及びはしかが大流行というニュースはたびたびテレビ報道で目にしていましたが、実はもう一つ大流行といってよい感染症梅毒があります。しかし、梅毒流行はほとんど報道されていないことから、その実態を知ることができずにいます。この梅毒を調べてみると、日本では2011年以降、大都市周辺で、はやり始め、最近では地方都市でも急増しているようです。 

阿久比町議会 2019-03-06 03月06日-02号

今回は風疹予防策質問になりましたが、ここ最近のニュースでは麻疹、いわゆるはしか感染も拡大してきていると聞いております。これに対しても抗体の有無について不安の声が聞かれておりますが、本町としては今のところどのような体制でしょうか。教えてください。 ◎民生部長蟹江信裕君)  今回、議員が風疹に対するご質問をいただきました。

豊田市議会 2018-12-14 平成30年環境福祉委員会(12月14日)

最後に、予防接種については、はしか任意予防接種抗体検査に対して既に費用の一部を助成しており、定期予防接種からもれた方へも対応ができるようになっております。  ここまでの補助内容は、県内でもほかにない状況です。  以上、ご紹介した以外にも本市において、介護・福祉・医療など社会保障の施策において多くの対応がなされていますので本請願に対して不同意の意見といたします。

大府市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会−12月11日-03号

まさに青年期の煩もん、えん世思想に陥ることは、はしかだというふうに言われておりますが、その病が引き起こす熱こそが土壌を耕し、あの熱を体験しなければ何も開花しないのではないかと思うときがございます。  時代は流れ、かつて羨望された考えや行動が全く受け入れられない出来事が各方面で起きております。近代国家近代産業を象徴した七色の煙、新しい文明の空気をまき散らしていましたが、今ではそれを公害と言います。

西尾市議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年 厚生委員会 本文

また、予防接種助成対象は、原則、定期接種としていますので、子ども障害者インフルエンザワクチン定期接種から漏れた人に対する麻疹はしかについては、助成制度を設けることは考えていません。  2)の高齢者肺炎球菌ワクチン定期接種事業は、一部負担を1人2,500円にて実施しています。また、生活保護世帯住民税非課税世帯等特別助成対象者は一部負担無料にしています。

岩倉市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第 2号12月 5日)

8.予防接種について  ①流行性耳下腺炎おたふくかぜ)、ロタウイルスワクチン子ども障害者インフルエンザワクチン定期接種から漏れた人に対する麻しん(はしか任意予防接種助成制度を設けてください。  ②高齢者用肺炎球菌ワクチン定期接種)の一部負担を引き下げてください。2019年度以降も任意予防接種事業を継続してください。また2回目の接種任意予防接種事業対象としてください。

西尾市議会 2018-09-13 2018-09-13 平成29年度決算特別委員会(第3日目) 本文

また、流行角結膜炎はしかや、医師が利用不可能と判断したときは受け入れをすることができません。  次に、長時間保育につきましては、毎年度、4月1日現在の申し込みについて保育士を配置し、受け入れをしております。しかし、年度途中の申し込みにつきましては、職員配置基準がありますので、定員を超えてしまう場合は受け入れができないこともあります。  

長久手市議会 2018-08-31 平成30年第3回定例会(第3号 8月31日)

(2)乳幼児小学生が受ける無料予防接種により、はしかなどの感染症に対する抗体ができ、病気を予防できます。しかし、抗がん剤治療骨髄移植を受けると、この抗体が失われることがあります。そのため、その際のワクチン接種全額自己負担となってしまいます。名古屋市は4月から、抗体を失った子どもへの再接種費用全額助成を始めました。

岩倉市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第 4号 6月14日)

まず、1つ目はしか流行についてということで、愛知県内及び岩倉市内での感染状況はどのようかということでお尋ねをいたします。  ことしの3、4、ゴールデンウイーク前ごろまで久しぶりに聞いたはしかでしたので、取り上げてみました。よろしくお願いいたします。  沖縄県や愛知県などで3月以降からはしか発生が相次いでいました。

刈谷市議会 2018-06-14 06月14日-02号

乳幼児小学生が受ける無料予防接種、これにより、はしかなどの感染症に対する抗体ができ、病気を予防することができます。しかし、小児がんにかかったお子さんが抗がん剤治療骨髄移植を受けるとこの抗体が失われることがあるそうでございます。 名古屋市では4月から抗体を失ったお子さんへのワクチン接種費用全額助成を始めております。