708件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大府市議会 2019-06-13 令和 元年第 1回定例会−06月13日-02号

大府市においても、いじめ防止対策推進法を受け、いじめの未然防止、いじめの早期発見、いじめへの対処のための対策を総合的かつ効果的に推進するため、平成30年4月1日に「大府市いじめの防止等に関する条例」が施行され、同法第12条及び同条例第10条の規定に基づいて「大府市いじめ防止基本方針」が策定されました。  

小牧市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-04号

(1)SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した、いじめ自殺相談について伺います。  学校や友人からのいじめによって、子供たちが深刻な事態に追い込まれるケースが後を絶ちません。いじめによる悲劇を未然に防ぐには、子供たちからのSOSをいかに早くキャッチし、適切に対処するかが大切です。  

みよし市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号 3月 6日)

それでは最初に、いじめの問題で、市内のいじめの実態が本市に対するいじめの現状であるが、幸い児童自殺したケースは発生していないが、だからといって市内の小・中学校いじめが1件もないということは考えられません。教育長教育委員会では、本市においていじめの実態の把握をしておられるかどうか。把握しておられるとすれば、その実態はどうなっているのか、現状について詳細な説明を。

小牧市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会-03月06日-02号

一方、いじめ不登校非行などへの対応、特別支援教育日本語指導が必要なこどもたちへの対応などといった教育課題につきましては、平成31年度に学校生活サポーターとスクールソーシャルワーカーを増員し、特別支援教育の充実を図るとともに、育児放棄や虐待などといった家庭環境に問題を抱えるこどもたちの支援を強化してまいります。  

豊田市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第3号 2月26日)

また、日々報道される児童虐待いじめ問題、いじめ認知平成29年度小・中・高で41万件、そのうち小学校が31万7,121件、中学校が8万424件と文部科学省の問題行動調査で報告されています。そして、いじめが起因とする自殺に至る深刻な事例も発生しています。  さらには、不登校は、これも文部科学省の調査で平成29年度は19万3,674人で過去最多となっています。  

豊橋市議会 2018-12-17 平成30年 12月 福祉教育委員会-12月17日−01号

不登校いじめで苦しんでいる子どもの様子にしっかりと寄り添い、身近な大人が気遣っていく、また、気軽に相談できる、何でも話せる人間関係を構築していくことがとても大事だと思います。周りの友達同士、先生に対してもいい人間関係をつくることができ、何より学校において一人一人が大切にされる、個人が尊重される、皆さんの人権意識学びも一方で必要かと思います。

東郷町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-06

まず最初に、いじめ不登校についてお伺いいたします。  文部科学省は、本年10月25日、全国の小中学校などが対象の2017年度の問題行動・不登校調査でわかった児童生徒の問題行動調査結果を公表しました。  2017年度に認知したいじめの件数は、前年度比で2万1,235件増え、41万4,378件と過去最多を更新したとのことです。

豊明市議会 2018-12-01 平成30年12月定例月議会(第2号) 本文

いずれにしましても、全世代自殺者数はここ数年3万人を下回るなど減少傾向にありますが、子どもたちの自殺については高どまりしているのが実情です。  先ほどの文部科学省の調査で判明した250人の児童生徒の自殺者の原因を調査したところ、不明が最も多く140人、次いで卒業後の進路に悩むなど、進路問題が33人、家庭不和が31人、いじめの問題が10人などとなっています。

知立市議会 2018-09-28 平成30年 9月定例会(第6日 9月28日 閉会日)

新聞によれば、三菱電機裁量労働制のもとで、この4年間で労災3人、過労自殺があり、裁量労働制を廃止するとの報道がなされております。教員の働き方は、まさに裁量労働制そのもので、長時間労働が常態化しているのが現状であります。国に教員定数の改善、また、学校事務員の配置など抜本的な対策を求めるべきだと考えます。

豊田市議会 2018-09-14 平成30年予算決算委員会 教育社会分科会( 9月14日)

○青少年相談センター所長(野田 靖) 平成29年度には、いじめの早期相談票の提出が小学校で37件、中学校で10件ありました。  パルクとよたでは、いじめの早期相談票をもとに学校への聞き取りやスクールソーシャルワーカーいじめ事案検討会を行い、今後の対応や支援方法等を協議し、学校とともにいじめをさまざまな角度から捉えて対策を進めました。  

みよし市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日)

LINEはいじめの温床になり得るなど、学校ではネガティブに捉えられることが多いわけですけど、多人数で即時的に連絡調整するには最適なツールです。判定士の連絡調整を含め、災害時にも有効活用していただきたいと思います。  続いて、避難所設備と運営について質問します。今や40度という表示を見かけても驚かないほど、日本の夏は暑くなりました。

豊橋市議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会-09月07日−03号

アウティング、当事者であることを意図せず知られてしまうことをこのように呼ぶわけですが、そういうことが起こって、本人を傷つけ、ときには自死に至る例もあるということは、昨年起きた、大学生が友人のアウティングによって自殺を図ることになったという大変痛ましい事件などでもよく知られていることです。今後ぜひ、正確な理解を広めていくという視点で取り組んでいただきたいと思います。  

扶桑町議会 2018-09-06 平成30年第6回定例会(第2日 9月 6日)

主なものとして、その中のいじめについてですけれども、「いじめはどんな理由があってもいけないことだと思いますか」については、小・中学校とも高い評価で、いけないというふうに答えております。  もう一つ、「人の役に立つ人間になりたいと思いますか」、この問いにつきましても、小・中学生とも高い結果で児童・生徒は答えております。

阿久比町議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号

続いて、新規事業の1点目、阿久比町いじめ問題専門委員会及び阿久比町いじめ問題調査委員会条例制定の①から④についてお答えいたします。  まず、1点目の条例設置の背景につきましては、滋賀県大津市で起きた中学生の自殺をきっかけに、二度と悲劇を繰り返さないためにいじめ定義し、国、自治体学校などの責務を明確化するため、平成25年9月にいじめ防止対策推進法が施行されました。