9240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名古屋市議会 2021-06-25 06月25日-14号

そういうやっぱり人生をみんなで応援していくと、これがやっぱり政治の、若干、携わらさせていただいた人間として、多分最も重要なことではないかと。産業とか福祉とかというのは当然ありますけれども、やっぱり子供さんに好きなことをやってもらうと。

長久手市議会 2021-06-25 令和 3年第2回定例会(第5号 6月25日)

東部地域で行われている宅地開発、モリコロパークでのジブリパーク建設工事などにより田畑や森林が減少し、また近年の地球温暖化による生態系の変化で野生生物はすみかを追われ、コンクリートで固められた人間の住む地域にまで餌を求めて出没しています。野生生物自然環境そのものでありますが、苦手な市民も多いのが事実でございます。相談窓口を設置して、人が野生生物を恐れず仲よく生きることのできるまちにしませんか。  

名古屋市議会 2021-06-24 06月24日-13号

とか、「クラス替えが困難であるため、人間関係固定化男女比の偏りが生じやすい。」、「クラス同士が切磋琢磨する教育活動ができない。」などを挙げています。これは、文科省の2015年手引の引き写しにすぎません。 小規模校では、人間関係固定化するとか、切磋琢磨できないなどのデメリットがあると耳にするたびに、私は自らが受けてきた教育環境が否定されるような不愉快な気分になります。 

長久手市議会 2021-06-23 令和 3年第2回定例会(第4号 6月23日)

だから私はもう一遍、今みたいに何でもしてあげる、何でもさせてもらうじゃなくて、もっと今おっしゃったような私たち市民がそういう活躍の場もそうだし、細かいことを何でも聞いて、一生懸命やっている人の横取りせずに、そういうところを実際に皆さん運転しているところに乗ってみたり、どういうことをやってみたらいいか、みんなが役所の人間もそうだし、皆さん方もそうだし、そういうことって意外とここはできていない。

小牧市議会 2021-06-22 令和 3年第 2回定例会-06月22日-04号

平成23年第1回定例会山下市長は、「市長の任期につきましては、同じ人間市長を長く務めることは様々な弊害デメリットがあると考えていることから、もし私に市長という席を連続してお預けいただきました場合については、最長でも3期までと区切りたいと考えている。これは多選弊害を訴えてまいりました私のけじめである」、このように述べられました。  同年6月議会には、山下市長多選自粛条例を提案されました。

長久手市議会 2021-06-22 令和 3年第2回定例会(第3号 6月22日)

くらし文化部次長日比野裕行君) スポーツ少年団の在り方でございますけれども、やはりこの少年団というのはクラブチームではないということもございますので、指導者につきましては、やはり子供たちの技術的なことだけではなくて、やっぱりスポーツの楽しさやすばらしさ、そういったことを伝えながら豊かな人間性を磨き、スポーツに取り組む子供を増やしていきたいと、そういった形でスポーツの裾野を広げていきたいと考えております

小牧市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会-06月21日-03号

ケアを通じて子どもたちは「家族の役に立っている」「家族との結びつきが強まった」と感じる等、学ぶことも多くあると思いますが、その一方で、子どもの心身の発達人間関係、そして勉強や将来の進路にも大きな影響を与えることが懸念されております。  そこで、市の教育現場における現状について伺います。  ア、教育委員会としては、ヤングケアラー現状について、どのように認識しているのでしょうか。  

知多市議会 2021-06-18 06月18日-03号

たち地元人間には見慣れた観光名所でも、まだまだ市外の方々からの認知度が低い場合が多くあると思います。ドローンを活用して撮影した映像は、絶好のPRになると確信いたします。さらに、今まで観光名所として扱われていないところも、ドローンで上空からアングルを変えて動画にすることで、新たな観光資源とすることができるのではないでしょうか。 

豊山町議会 2021-06-14 06月14日-02号

豊山町では、2017年12月の一般質問の中で、「学校教育の中におきましては、人権教育や道徳、諸活動の中でも触れられ、互いに尊重し合える人間関係を築くように指導している。ただ、多くの教員は事例に直面していないため、身近な問題として捉えていないのが実情であり、研修等を通じて理解を深め、悩みや不安を抱える児童生徒には相談活動充実を図る」と答弁されています。 

大府市議会 2021-06-11 令和 3年第 2回定例会−06月11日-03号

昨年の休校要請緊急事態宣言を受けて、高校はもちろん、多くの大学でも長期間にわたる休校オンライン授業の形式がとられ、先生や同級生と会うこともままならず、とりわけ新入生の皆さんは、人間関係の構築に苦慮されたことと思います。  我が家の次女も、昨年4月に大学生となり、楽しいキャンパスライフを送る予定でしたが、スタートからつまずき、波乱の幕開けとなりました。

阿久比町議会 2021-06-11 06月11日-03号

埼玉県では、ケアラー支援条例というのが制定されておりまして、その中の第3条の基本理念では、ヤングケアラーとしての時期が特に社会において自立的に生きる基礎を培い、人間として基本的な資質を養う重要な時期であることに鑑み、適切な教育機会を確保し、かつ、心身健やかな成長及び発達並びにその自立が図られるように行われなければならないとあります。 

扶桑町議会 2021-06-10 令和 3年第5回定例会(第4日 6月10日)

この中から、人間関係形成能力課題対応能力を育むと、そういったことを目標にこの事業を展開していく予定でおります。以上でございます。    〔挙手する者あり〕 ○議長(和田佳活君) 伊藤 猛さん。 ○1番(伊藤 猛君) ありがとうございました。  体験学習ということで、いろんなそういう人生経験をされた方の講話を聞いて、それを児童に伝えていくということでございますね。