71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知多市議会 2019-12-09 12月09日-02号

次に、3点目、発生源特定についてでございますが、降下ばいじん発生源としては、風による土砂の舞い上がりなどの自然由来のものや、石炭重油等燃焼に伴い、大気中に放出された人為的なもののほか、大気中で化学反応して生じるものや黄砂などの越境移動してきたものなど、多岐にわたっています。過去に県環境政策部が実施した近隣市周辺を含めた広域での降下ばいじん調査においても、発生源特定には至っておりません。 

東海市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会 (第5日12月19日)

原因の中には、黄砂だとか車の巻き上げ、畑の土などと、既に担当職員ですら言わなくなった、そんなふうに思われる言葉を挙げ連ねていました。  また、その対策として、散水だの環境ネットだの、従来、理事者企業対策として答弁してきたことをそのまま羅列していました。その対策が功を奏していれば、私たちが今、こうして請願など出すことはなかったはずです。  

知多市議会 2017-12-07 12月07日-02号

環境経済部長早川毅)  御質問の2番目、降下ばいじん対策についての1点目、降下ばいじんに対する市の考えについてでございますが、降下ばいじんは、大気中の粒子状物質のうち比較的粒子の大きいものが、重力や雨の作用によって地上に降下したもので、主な発生源石炭重油等燃焼に伴い大気中に放出された人為的なもの、風により土砂が舞い上げられた自然発生的なものなどで、黄砂等も含まれます。 

東海市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会 (第3日 9月 7日)

これは、5月に2日ほど黄砂飛来があったという記録がございます。そういったことが確認をされておりますので、黄砂影響があるものと考えております。  また、6月でございますが、昨年度に比べ、南部地区での不溶解性成分の増加が見られております。これは、北西風風向の頻度が増えておりますので、臨海部企業からの影響が関係しているものと考えられると考えております。  以上でございます。

東海市議会 2016-09-07 平成28年 9月定例会 (第2日 9月 7日)

環境経済部長沢田稔幸)  続きまして、質問事項1、生活環境についての質問項目の1点目、市内平均値が前年度比0.3トン減少した要因分析についてでございますが、気象条件といたしましては、年間を通じての平均値は、風向、風速、降水量とも27年度と26年度では大きな違いはなく、また、黄砂台風などの影響もほとんどございませんでした。  

飛島村議会 2015-12-16 12月16日-02号

◆1番(小川政徳君) 村長の回答から得られました学園建設時に開催したワークショップなどで、地球環境への配慮、自然の風や光で過ごせる生活環境の整備ですが、この急速な温暖化、または中国からのPM2.5や黄砂の脅威などの劇的な環境変化に対応し切れていない面が出てきています。ほかの施設でもそのようなことを聞いております。

知多市議会 2015-12-07 12月07日-01号

環境経済部長立川泰造)  御質問の1番目、降下ばいじん対策についての1点目、降下ばいじん現状についてでございますが、降下ばいじんは、大気中の粒子状物質のうち比較的粒子の大きいものが重力や雨の作用によって地上に降下したもので、主な発生源重油石炭等燃焼に伴い、大気中に放出されたもの、風により土砂が舞い上げられたものなどで、黄砂等も含まれます。

東海市議会 2015-09-02 平成27年 9月定例会 (第2日 9月 2日)

この状況分析につきましては、今年度は黄砂による影響が例年に比べて少なかったこと、これまでのところ、台風による直接の影響がほとんどないこと、臨海部企業発生源対策の効果があらわれてきていることなどが考えられますが、引き続き県と連携を図りながら、発じん防止対策のより一層の強化を臨海部企業に対して要請をしてまいります。  

犬山市議会 2015-03-02 平成27年 2月定例会(第4日 3月 2日)

あるいはテロの勃発とか、あるいは最近下火になってますが、PM2.5という、これから黄砂とともに飛んでくる可能性も十分ありますが、この大気汚染等々たくさんあるわけですが、これがいつ起きるかわからない、このような状態であります。危機発生時に迅速かつ的確に対応するためには、平素からの十分な準備が不可欠であるというふうに思ってますし、そのための組織のあり方は重要であるというふうに思っております。

豊田市議会 2014-12-15 平成26年12月定例会(第2号12月15日)

市民福祉部長今井弘明) 具体的な相談事例でございますが、排水口のふたが路面より高く、その周囲のアスファルトが盛り上がっている箇所があり、段差注意の標識はあるがバイク等が転倒するおそれがあるので修繕を望む相談ですとか、ぜんそくを患っている患者さんから、天気予報等黄砂情報をもっと流してほしいなどの相談がありました。  

名古屋市議会 2014-12-02 12月02日-25号

PM2.5、改めて申し上げると、工場排出ばいじん並びに乗用車の排気ガス硫黄酸化物--SOX窒素酸化物--NOX揮発性有機化合物のVOCとか、大気中に浮遊する土ぼこり黄砂、花粉、粉じんなど、さまざまな原因物質化合反応などを起こし発生するとされる直径2.5マイクロメートル以下という小さくて厄介な粒子のことであります。 

東海市議会 2013-12-06 平成25年12月定例会 (第4日12月 6日)

昨年度も24年度3月に黄砂がたしかあったかと思いまして、我々、前年度は3.8トンでしたので、それを当初は下回るというふうで予定をしておりましたけど、黄砂影響で最終的には3.9トンという状況で把握をしているところでございます。なお、臨海部企業に対しましては、できる対策は順次行っていただいておりますが、市としましても県と連携しましてさらなる対策を強く指導しているところでございます。  

東海市議会 2013-06-19 平成25年 6月定例会 (第3日 6月19日)

しかしながら、市内4地点で通常実施しております成分分析の結果から、砂の成分であります二酸化ケイ素の割合が他の月に比べ、全般的に高かったこと、降下ばいじん総量市内全域で前年同月に比べ、2トンほど増加していること、また、濃度の濃い黄砂飛来した際に雨が降ったことなどが、3月に急激に数値が増加した主な要因は、黄砂によるものと考えております。  

みよし市議会 2013-03-13 平成25年経済建設委員会( 3月13日)

きょうは夕方には雨というような予報でありますけども、最近黄砂ですとかPM2.5が飛来をして、花粉と相まって、特にアレルギーの方には大変過ごしにくい季節であろうということを思っておるわけであります。  24年度も余すところ少なくなってきたわけでありますけども、新年度の予算を議論していただく場でございます。