58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東海市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 1日)

昨年は、平成30年7月豪雨や台風21号、北海道胆振東部地震など大規模災害が数多く発生をし、甚大な被害をもたらしました。  国におきましても、防災減災、国土強靱化を強力に推し進めるため、3カ年の緊急対策として総額7兆円もの事業費を投じ、重要インフラの機能確保に向けスピード感を持って動き出しております。  

碧南市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2日)  本文

大阪府ルールでは、常に校内ではかばんにしまう、そして、学校の指示があるとき以外は外に出さない、災害発生時などの緊急時以外は使わない、また、緊急時を省き、保護者子供との連絡に使わないとあり、まさに、防災防犯のためとあります。  確かに、災害時だけではなく、平時でも安否確認がしやすいメリットはあると思います。  

蒲郡市議会 2018-03-14 平成30年  3月 予算審査特別委員会-03月14日−04号

もちろん、巨大地震に対しての心配もあるけれども、蒲郡市にとって特にこれからの災害として心配なのは、大型台風による高潮だろうというお話であったと思います。私は、この高潮対策として、この報告書の中にどのように記載されているのかなと見ました。愛知県高潮浸水想定では、ボートレース蒲郡南東駐車場敷地で、2メートルから5メートル。現体育センター敷地で1メートル程度の最大浸水深が想定されている。

豊川市議会 2018-02-19 平成30年 総務委員会(2月)-02月19日−01号

15ページ中ほどの図は、平成21年の台風第18号による高潮での最高潮位を記載しております。  1枚おめくりいただきまして、16ページ中ほどは、平成26年11月に愛知県が公表した高潮ハザードマップでございます。  17ページをごらんください。  (4)土砂災害により想定される被害及び(5)異常渇水により想定される被害についての記載となります。  

常滑市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−02号

現在の本市における台風接近時の対応といたしましては、台風のコースや接近日時などの情報を収集、整理しながら、各課が防災計画やマニュアル、過去の経験などに基づいて事前に必要な準備、対策を進め、被害が予想される場合には災害対策本部を設置し、関係部局で情報共有、連携を図り、必要な対応に努めているところでございます。  

豊田市議会 2017-06-13 平成29年 6月定例会(第3号 6月13日)

矢作川の主な洪水昭和34年9月の伊勢台風、この災害では下流の碧南市で高潮による大きな被害を受けたほか、昭和44年、昭和47年の洪水では、上流豊田市を中心に大きな被害が発生しました。これらの災害を受け、堤防の改築や護岸等を中心とした整備と、堤防漏水対策伊勢台風復旧事業等による高潮対策を実施してまいりました。  

蒲郡市議会 2016-09-05 平成28年  9月 総務委員会-09月05日−01号

ちなみに今回の台風の関係で、昨晩でありますが、三河川合のところで、奥三河ですね、22ミリの降雨量があったということでございます。ちなみに蒲郡市では昨晩23時から24時に一番雨量があったようでありまして14.5ミリということであったようであります。何とかもう一雨欲しいなと、そのようなことを思っているところでございます。

碧南市議会 2016-02-26 2016-02-26 平成28年第1回定例会(第3日)  本文

蜆川の高潮対策につきましては、過去最大であります伊勢台風の規模の高潮に対する被害を防止することということを目標といたしまして、蜆川樋門の下流におきまして、伊勢台風での高潮に対し防護する高さ、TP4メートルでございますが、この堤防が既に整備をされております。  現在、平成21年7月に策定された二級河川蜆川水系河川整備計画に基づきまして、蜆川排水機場の整備が進められております。

碧南市議会 2013-12-06 2013-12-06 平成25年第5回定例会(第2日)  本文

ことしは台風30号がフィリピンを襲いました。最大風速105メートルと言われております。1,400万人が被害に遭い、死者、行方不明も1万人とも言われております。  台風26号は、伊豆半島伊豆大島に大きな被害を与えました。町長は避難勧告を出さなかったということで、大変な責任を問われております。とうとい命がたくさん奪われ、本当にお見舞い申し上げたいと思います。  

東海市議会 2013-12-05 平成25年12月定例会 (第3日12月 5日)

続きまして、質問事項4、緊急防災情報についての質問要旨1の1点目、緊急防災情報定義についてでございますが、本市では台風地震等の災害から市民等の皆さんの安全・安心の確保を図るため、ホームページのトップ画面の中央に赤色の緊急情報欄を設け、常に災害等の発生状況などがわかるようにしております。

名古屋市議会 2013-09-13 平成25年  9月 定例会-09月13日−20号

この干拓地に多大な被害をもたらしたのが、昭和34年9月26日にこの地域を襲った伊勢台風であります。高潮による堤防の決壊で貯木場に係留されていた材木が一斉に干拓地内の住宅地を襲い、市南西部地域において多くの人命や財産を奪いました。とりわけ、南区において被害が甚大であり、伊勢台風による名古屋市内の死者1,851人に対し、南区内の死者は1,417人に上りました。

東海市議会 2013-06-20 平成25年 6月定例会 (第4日 6月20日)

本市では、その対策として、従前より住宅耐震診断、さらには公共施設耐震補強緊急速報メール、また、被災地から学ぶものとして、実際の体験談を初め、津波対策では、拡声子局の設置、標高マップ作成や配布、さらには標高表示、津波一時避難ビルの指定など、今考えられる対策を順次実施されてきたことは、御案内のとおりでございます。