782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2035-12-03 12月03日-02号

本市の風水害への対応では、大雨や暴風などの警報発令された場合や、降雨により豊川豊川放水路、柳生川、梅田川及び佐奈川の水位氾濫注意水位を超えるなどした場合に災害対策本部設置し、第1非常配備となります。また、その後、状況に応じた体制をとることになりますが、特別警報発令や甚大な被害が予想され、または発生した場合には、第4非常配備となります。 

瀬戸市議会 2021-09-05 09月05日-04号

危機管理課長加藤守幸) 例えばでございますが、地震非常配備体制となりますのが震度5弱以上ということになりますので、こういった地震において建物の損壊や、あと火災、停電などの被害確認されるような状況であれば避難所開設いたします。 ○長江秀幸議長 馬嶋みゆき議員。 ◆11番(馬嶋みゆき) 震度5弱以上で被害確認されればというお話でした。

豊橋市議会 2020-06-04 06月04日-02号

昨年、台風24号で浸水被害があった、これ以降、気象警報発表時や非常配備体制発令されたときの河川管理体制も大きく見直されたというように伺っております。 具体的には、指示項目操作状況等で、チェックシートにて複数職員確認できるようになったということ、また、それによって伝達ミスをなくす努力をされているというように伺ってもおります。 

小牧市議会 2020-05-29 令和 2年 5月29日議会運営委員会−05月29日-01号

次に、議題4、台風等風水害に伴う警戒本部非常配備体制時の議会対応改正についてを議題といたします。この件につきましては、委員の皆様から会派での協議結果を報告していただき、この議題についての結論を出していきたいと思います。なお、前回と同じ改正案を添付しておりますので、御参考としていただきますようよろしくお願いいたします。  それでは指名いたしますので、各会派協議結果を報告してください。

小牧市議会 2020-04-17 令和 2年 4月17日議会運営委員会−04月17日-01号

次に、議題3、台風等風水害に伴う非常配備警戒本部体制時の議会対応改正についてを議題といたします。説明を求めます。 ◎事務局長   台風等風水害に伴う非常配備警戒本部体制時の本会議、委員会の開催中における対応についての御相談であります。この件につきましては、本日提案内容をお示しさせていただきますので、一度会派へ持ち帰っていただきまして御協議をいただきたいというものであります。  

知立市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 6日 質疑)

あと市内冠水箇所を把握してるかということでございますが、一時的に側溝とか集水ますがあふれる事象が過去の実績とか非常配備被害状況とか、あるいは区長の要望と市民の通報などから、おおむね確認はできておりますけど、それについても特に整理しておるという状況ではございませんけど、一応把握はしておるという状況でございます。 ○議長(田中 健)  9番 杉浦議員

岩倉市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第 5号 3月 6日)

ただ、それをすると、なかなか実際に台風等のときに、非常配備として集められる人数が限りがあるというところもございましたので、今年度から建設協力会土のう設置のほうについては委託をさせていただいて、河川班については非常配備のほうに組み込んで、一定非常配備のほうの人数を増やして体制強化を図っているというところでございます。  また、地震時においては、現在は職員初動マニュアルというものを持っております。

稲沢市議会 2020-03-02 令和2年第 1回 3月定例会-03月02日-02号

総務部長清水澄君)  職員参集体制といたしましては、第3非常配備を基準としておりますので、地域災害が発生し、被害が特に甚大と予想されるとき、または大規模な災害が発生したとき、それから名古屋地方気象台が愛知県西部における震度を6弱以上と発表したとき、それから、その他必要により、本部長当該配備を指令したときとなっております。以上です。

岩倉市議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第 2号 3月 2日)

最初に、職員体制につきましては、昨年度まで台風の接近や大雨予報の前に河川班にて土のう設置していましたが、これは職員なんですが、今年度から災害時の応援協定を締結している建設協力会土のう設置等を委託することで、土のう設置の質を向上させつつ、非常配備班の再編成を行い、風水害時における体制強化を図っているところでございます。  

あま市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会(第2日) 本文

◯総務部長 職員参集についてでございますが、風水害を想定いたしますと、警報発令に伴う非常配備体制により、職員配備も事前に可能でございまして、災害対策本部として新庁舎が機能すると考えております。  また、あらかじめ一定職員参集させて、警戒に当たりますので、その後、市内災害発生した場合には、全職員参集することとなります。  

豊田市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2号12月 9日)

本市は、平成12年の東海豪雨以降、大きな災害に遭っていませんが、現在の災害時の非常配備など、防災体制現状を再確認することで、市民災害時の備えなど、防災意識の向上を目指し、順次質問させていただきます。  そこで、中項目1点目として、災害対策本部の機能に関して、小項目5点でお伺いいたします。  最初に、小項目1点目として、災害対策本部開設についてです。  

阿久比町議会 2019-12-05 12月05日-02号

そこで、非常配備等について、阿久比町の災害対策現状と今後の取り組みについてをお伺いいたします。 ①初動対応のおくれや避難所受け入れ対応など、ことしになって問題を指摘されていることがありますが、阿久比町ではどのように捉えているのか。また、どのような対応をしていく考えなのか。 ②非常配備の区分及び内容、各業務の対応人数は。 ③それぞれの非常配備で、発動されてから体制が整うまでの所要時間は。 

日進市議会 2019-12-04 12月04日-04号

宇佐美総務部長 台風19号では、上陸5日前の10月7日の昼過ぎごろから、進路など、注意を始め、最接近した10月12日土曜日には、延べ40名の非常配備体制警戒に当たっております。 非常配備体制では、電話で寄せられる問い合わせや過去の冠水等箇所を中心に見回り、各公共施設に対し、安全を最優先した対応を依頼するなどいたしました。

東海市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第2日12月 4日)

続きまして、質問項目の2点目、ライフラインが絶たれた場合の本市の対応についてでございますが、初動体制としまして、迅速に、そして正確な情報及び被害状況を収集・確認することが重要であることから、対策本部において防災カメラによる確認非常配備土木班が現場へ出向くなど、さまざまな方法で現状を把握いたします。