152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2019-09-26 令和元年第5回定例会(第7日 9月26日)

防衛は、愛知県名古屋空港でのF35Aステルス戦闘機試験飛行を8月29日以降に順次再開する方針を明らかにしました。  F35A戦闘機をめぐっては三菱重工小牧工場で組み立てられた同型機の試験飛行中のトラブルにより愛知県名古屋空港での緊急着陸が相次いで起きています。  また、4月には航空自衛隊三沢基地所属の同型機が太平洋上で墜落事故を起こしました。

扶桑町議会 2019-09-12 令和元年総務建設常任委員会( 9月12日)

まずこれに関しましては、岐阜基地のように軍用基地といいますか、その周辺と、それから小牧基地のように民間の空港があるんですが、国土交通省のほうは既にNHKの受信料の減免、そういったものを縮小するという、民間の飛行場でも住宅防音工事の関係はあるんですが、住宅防音工事がなされておるところはNHKの受信料の減免はしないということで、国土交通省のほうはもう既にやっておると、それに合わせて会計検査院のほうから防衛

小牧市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-04号

そして、防衛への納入以前に行われるF-35の試験飛行は、合衆国の所有・管理のもとで行われ、しかも日本施設と空域を利用して行われる極めて特殊な飛行形態をとっております。試験飛行中の同機体は、日米地位協定の適用による航空機という極めて珍しい存在です。珍しい存在であるということは、事故が起こった場合に、従来の想定どおりの対策がとられるのかどうか、非常に心配があります。  

豊明市議会 2019-03-01 平成31年3月定例月議会(第4号) 本文

どうやらその後の報道によると、防衛のまとめで、2017年度は全国の市区町村のうち36%が自衛官の採用活動に適した年齢の方の氏名や住所などの個人情報を紙や電子データ防衛に提供していて、34%は18歳など採用条件に合う方を抽出した住民基本台帳の閲覧、書き写しを認め、20%が条件に合わせた抽出はしない状態での住民基本台帳の閲覧を認めている。

岩倉市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第 3号 2月27日)

防衛の2017年度の調査では、適齢者の氏名や住所などを名簿にして提供している自治体は36%、名簿住民基本台帳の閲覧を認めている、こういう自治体が54%、その他の10%につきましては、適齢者が少ないことから自衛隊側が閲覧を求めていない、こういったケースも含まれていますが、その他が10%あります。  

春日井市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−04号

防衛は高価な武器を購入する際,支払いを翌年度以降の数年間に分割して取得する。この方式を多用した結果,19年度は支払い時期を迎えた歳出化経費が総額の4割を占め,人件・糧食費と合わせると概算要求の8割が固定的な経費で占められると。こういった影響で隊員の技量の維持に欠かせない訓練などの費用が圧迫されていると。  

春日井市議会 2018-07-03 平成30年  6月 定例会(第4回)-07月03日−03号

ここで,実際に地方自治体自衛隊OBの方の採用状況を見てみますと,防衛データによりますと,平成30年3月31日現在で,全国的には都道府県単位では84人が採用され,市区町村におきましては348名となっております。愛知県内の状況を見てみますと,14市で15名,7町村で7名の合計22名が採用されております。

扶桑町議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第7日 3月27日)

昭和57年以降、防衛は、在日米軍自衛隊が使う基地の周辺住民を対象に、航空機の騒音でテレビの視聴障害が起きているとしてNHK受信料の補助を実施してきた。  ところが政府は、昨年12月の閣議で、これまで実施してきたNHK受信料補助を廃止も含めて見直すことを決定した。  防衛は、NHK受信料の補助を廃止も含めて見直すという通知を対象となる世帯へ郵送している。

犬山市議会 2018-03-16 平成30年民生文教委員会( 3月16日)

あと、犬山北小学校につきましては、防衛岐阜基地の周辺対策補助金の採択を受けられる見込みがありますので、現在、東海防衛支局と調整を進めているところであります。  以上です。 ○委員長(岡村千里君) 柴田委員。 ○委員(柴田浩行君) ありがとうございます。できるだけ国庫補助をとれる努力をしていただければと思います。  次に、178ページです。

江南市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会-02月27日−02号

確かに市長の子育て先進地を目指す中で、おくれをとってはいけないという部分もありますので、まずは、今、教育部のほうで、先ほど教育部長が答弁させていただきましたとおり、どの範囲が防衛補助の対象となるのかということを確認中でございます。これは防衛補助を江南市としてはしっかりとっていくということは大事なことだと考えております。  

名古屋市議会 2017-11-29 平成29年 11月 定例会-11月29日−26号

防衛が42機配備し、38機の組み立てを三菱重工小牧南工場で行う計画です。現在までF35は、6月以降、1号機が6回、2号機は9月、10月で5回、計11回の試験飛行が行われました。9月にもF35の騒音の苦情を私は聞きました。F35は、これから県営名古屋空港を使い、名古屋上空にも轟音を響かせながら飛ぶことになります。  

扶桑町議会 2017-09-28 平成29年第5回定例会(第7日 9月28日)

――――――――――――――――――――――── ◎日程第25 意見書案第16号 「森友学園・加計学園」、防衛自衛隊の日報隠蔽問題の疑惑解明のために徹底的審議を求める意見書について ○議長(市橋茂機君) 次に日程第25、意見書案第16号 「森友学園・加計学園」、防衛自衛隊の日報隠蔽問題の疑惑解明のために徹底的審議を求める意見書についてを議題とし、提出者 髙木義道さんの説明を求めます。  

小牧市議会 2017-09-19 平成29年第 3回定例会-09月19日-03号

核実験全面禁止条約機関(CTBTO)が地震規模を示すマグニチュードを6.1で確定させたためでありまして、防衛も前日発表した推定出力約120キロトンから再修正し、確定されました。当初推定した約70キロトンの2倍以上となり、1945年に広島に投下された原爆、約15キロトンの10倍超となり、その破壊力ははかり知れず、唯一の被爆国として大変遺憾であり、平和と真逆の道へ進む北朝鮮に対し怒りを覚えます。  

岩倉市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第 4号 9月15日)

F-35戦闘機試験飛行に先立ちまして、所管する防衛防衛装備庁の担当者が愛知県の振興部航空対策課を訪れ、試験飛行の内容についての説明を行っているということでございます。この内容につきましては、県を通じ、県営名古屋空港に隣接をします自治体小牧市春日井市、名古屋市、豊山町となりますけれども、これらの市町に情報提供がなされているとのことであります。