359件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知立市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第6日 6月26日 閉会日)

に対し、大きな枠組みの中で地方自治を進めていくということであるが、身近な住民サービスにかかわる問題は、大きな枠組みの中で進めることがよいとは考えられない。例えば、地方自治体合併に見るように、中心は栄えるが中心から離れたところは人口減少が進んでいくという問題点が指摘されている。より身近な地方自治を実施していくのであれば、道州制は問題ありとの意見がありました。  

西尾市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第5号) 本文

3項の導入については、今後、国において詳細が議論される状況であり、その是非を判断できる状況にはないこと。  以上、3項目とも国の政策にかかわる大きな課題で、その一つ一つが慎重かつ十分な議論を要するものであり、今後の国の動向を見守りながら判断すべきである」との理由により、採決の結果、挙手全員により不採択すべきものと決定しました。  

知立市議会 2018-06-27 平成30年 6月定例会(第5日 6月27日 閉会日)

陳情第6号 住民の安全・安心を支える行政サービス体制・機能の充実を求める意見書の提出を求める陳情書につきましては、国の役割を地方公共団体に丸投げするを検討するなどの文言は認められないので反対。住民サービスを低下させないためにも、国の出先機関の廃止、縮小は認められないので賛成などの意見がありました。  自由討議なく、挙手少数で不採択するものと決定しました。  

扶桑町議会 2018-06-22 平成30年第4回定例会(第5日 6月22日)

この上政府は、国の役割を地方自治体に丸投げするまで検討をしている。  よって、扶桑議会は、下記の事項を実現するようを強く要望する。  記1.住民の暮らしと命、安心・安全を守るために、国の機関にかかわる人員体制・予算を充実させること。「総定員法」は廃止し、「5年間で10%以上」を削減する国家公務員の「定員削減計画」は中止すること。  

豊田市議会 2018-06-20 平成30年企画総務委員会( 6月20日)

3点目として、憲法で定められた国の責任を放棄して、地方自治体に国の役割を丸投げするを導入しないことの実現を求める意見書を国に提出してほしいというものでございます。  説明は以上です。 ○委員長(山口光岳) 本件について、意見等がありましたらお願いします。              〔「進行」の声起こる〕 ○委員長(山口光岳) ないようですので、以上で陳情受理番号第4号を終わります。  

知立市議会 2018-06-15 平成30年企画文教委員会( 6月15日)

この陳情書の中に、国の役割を地方自治体に丸投げするを検討しているという中身、また、多様化、複雑化する行政需要への対応として云々というところがございます。現実的に統合された部分、いろんな複合的なものがこれから出てくるかと思いますけれども、決して役割を自治体に投げているわけではないと感じております。

西尾市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第5号) 本文

3の導入については、今後、国において詳細が議論されることが望ましい。以上、3項目とも国の政策にかかわる大きな課題で、その1つ1つが慎重かつ十分な議論を要するものであり、今後の国の動向を見守りながら判断すべき」との理由により、採決の結果、挙手全員により不採択とすべきものと決定しました。  

豊田市議会 2018-02-26 平成30年 3月定例会(第2号 2月26日)

これをさらに大胆に進めるとともに、将来の導入や今後の地方分権の進展も視野に入れ、矢作川流域の自治体名古屋市を始めとする周辺自治体と連携したまちづくりを進める必要があります。  産業面では、これまで自動車産業に特化した本市の産業構造に新たな要素を加え、第1次産業から第3次産業までの多種多様な業種を、広い市域の箇所に配置していくことも必要です。

西尾市議会 2017-09-13 2017-09-13 平成29年 企画総務委員会 本文

また、住民に身近な行政を後退させ、暮らしを破壊するの導入は行わないでくださいという要望でありますが、これについて本市はどのように考えているか、考えをお聞かせいただきたいと思います。  2つ目は、3番目にございます地方自治拡充のため、地方交付税国庫負担金、補助金をふやしてください。

扶桑町議会 2017-08-31 平成29年第5回定例会(第1日 8月31日)

次に、6月議会で可決いただきました最低賃金の引き上げ、全国一律最低賃金制の確立を求める意見書、適正な下請単価や賃金労働条件を確保できる公契約法の制定を求める意見書、公務・公共サービス体制と機能を充実し、導入の中止を求める意見書、地方財政の拡充を求める意見書、小・中学校給食費の無償化を求める意見書につきましては、内閣総理大臣初め関係方面に提出しておきましたので、御報告申し上げます。         

知立市議会 2017-06-27 平成29年 6月定例会(第6日 6月27日 閉会日)

竜北中北棟校舎大規模改造工事)   日程第8 議案第42号 平成29年度知立市一般会計補正予算(第1号)   日程第9 陳情第2号 老朽原発の廃炉に関する意見書の提出を求める陳情書   日程第10 陳情第3号 適正な下請単価や賃金労働条件を確保できる公契約法の制定を求め              る意見書の提出を求める陳情書   日程第11 陳情第4号 公務・公共サービスを拡充し、暮らしを破壊する導入

豊田市議会 2017-06-21 平成29年企画総務委員会( 6月21日)

また、住民に身近な行政を後退させ、暮らしを破壊するの導入は行わないでください。  5項目め、地方自治拡充のため、地方交付税国庫負担金・補助金を増やしてください。地方交付税額の算定に行革努力を持ち込まず、本来の目的のために拡充してください。  6項目め、沖縄県民の民意を真摯に受けとめ、地方自治を尊重してください。辺野古新基地建設を中止してください。というものでございます。  

扶桑町議会 2017-06-21 平成29年第4回定例会(第5日 6月21日)

次に、公務・公共サービスを拡充し、暮らしを破壊する導入の反対を求める陳情書を議題とし、意見、討論はなく、採決の結果、公務・公共サービスを拡充し、暮らしを破壊する導入の反対を求める陳情書は、賛成全員で採択すべきものと決しました。  次に、地方財政の拡充を求める陳情書を議題とし、意見、討論はなく、採決の結果、地方財政の拡充を求める陳情書は、賛成全員で採択すべきものと決しました。  

田原市議会 2017-06-15 平成29年  6月 総務産業委員会-06月15日−01号

また、「住民に身近な行政を後退させ、暮らしを破壊するの導入は行わないように」ということでありますが、今まさに地方分権というのは停滞しているような状況ではないかと思ってます。地方分権が進めば、やっぱりここはより住民にとって身近な行政になるであろうというところもありますので、これはやっぱり我々としては進めるべきではないかと考えております。