7940件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊田市議会 2021-06-28 令和 3年 6月定例会(第5号 6月28日)

始めに、議案第65号豊田地区計画等の区域内における建築物制限条例の一部を改正する条例について、「渡刈町1丁目地区での地区計画を実現するために適用した促進策はどのようか」という質疑があり、「活用方針において定めた重点誘導地区に該当しており、農地の取扱いの緩和に基づく農振農用地の除外と、1宅地当たり敷地面積下限の引下げという2点の促進策を適用している」との答弁がありました。  

小牧市議会 2021-06-23 令和 3年第 2回定例会-06月23日-05号

そのことにより、優良農地の減少に拍車をかけることが懸念されています。  農業を取り巻く環境は厳しさを増すばかりですが、平成27年に制定された都市農業振興基本法に基づく、都市農業振興基本計画において、市街化区域内に残る農地については「宅地化すべきもの」から「都市にあるべきもの」として位置づけられました。そして、各自治体においても、計画的に保全する方針が示されています。  

長久手市議会 2021-06-22 令和 3年第2回定例会(第3号 6月22日)

3枚目に付けさせていただいたのが有機農業取組面積なんですけれども、JAS認証を取得するためには、ちょっと費用などもかかるので、濃い緑の部分がJAS認証を取得している農地の分で、それ以外でも有機農法を進めている分というのをカウントして、我が国の耕地面積の0.5%というのが平成30年度の状態です。

小牧市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会-06月21日-03号

この制度は、所有者の意向により、買取り申出期間を10年│    │ │ 旨 │ごと延長することができ、農地の保有や相続における様々なメリッ│    │ │  │トがある。特定生産緑地制度を積極的に活用していくことで、引き│    │ │  │続き、都市農地の保全を図っていくことが期待されている。   

知多市議会 2021-06-18 06月18日-03号

しかしながら、本市の農業経営の現状は、農地の分散、田畑の農作物の混在などが目立ち、ドローンの特徴である広範囲で画一的な作業を行える条件が整っていないのが現実です。 今後は、現在進めている人・農地プランによる農地の集積が進むことで、より効率的な農業経営が可能になり、ドローン活用できる場面が増えてくるものと思われます。

津島市議会 2021-06-08 令和3年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2021-06-08

流域面積は何ヘクタールか、また農地面積は何ヘクタールかということでございますが、各湛防協議会流域面積令和3年4月1日現在の農地面積を御答弁申し上げます。  目比川湛防協議会流域面積354.9ヘクタール、農地面積158.9ヘクタール。十三沖永湛防協議会につきましては、流域面積923.0ヘクタール、農地面積337.5ヘクタール。

小牧市議会 2021-06-07 令和 3年第 2回定例会−06月07日-01号

1の固定資産税及び都市計画税では、(1)といたしまして、令和3年度の固定資産税評価替えに伴い、土地に係る令和3年度から令和5年度までの各年度分固定資産税及び都市計画税負担に係る調整措置について、平成30年度から令和2年度までと同様の措置を講ずることとし、(2)といたしまして、(1)にかかわらず、令和年度分固定資産税及び都市計画税に限り、一定宅地等及び農地については、前年度分課税標準額

あま市議会 2021-06-03 令和3年6月定例会(第3日) 本文

また、許認可手続といたしましては、8月に農業振興地域整備計画の変更申出、いわゆる農振除外を、そして11月に農地転用許可申請を行い、令和4年1月に所有権移転登記に係る申請を行う予定でございます。  なお、駐車場整備工事につきましては、令和4年度に実施し、令和5年5月の新庁舎開庁に合わせて、供用開始する予定でございます。  

あま市議会 2021-06-02 令和3年6月定例会(第2日) 本文

今から30年ほど前に、私が美和町議会議員に当選した時代からですが、時の美和町町長2代にわたって、蜂須賀土地改良区の課税農地課税になっているということで、現況課税できないのかと、家が建っておるのに農地とはおかしいじゃないかということを2代に言ってまいりましたけども、話はうやむやで終わっておりました。  

西尾市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

277 ◯1番(黒辺一彦) 現在の総合計画都市計画マスタープランの中では答弁のとおり憩の農園があり、農地も多いことから産業ゾーンであり、また緑・観光レクリエーション拠点となっています。だから、その枠を外して、より西尾市全体を考えた施策、土地利用を考えないかという意図があります。とにかく、そういった発想は現在の西尾市には一切ないようですね。

小牧市議会 2021-05-31 令和 3年 5月31日議会運営委員会−05月31日-01号

その内容でありますが、1の固定資産税及び都市計画税では、(1)として、令和3年度の固定資産税評価替えに伴い、土地に係る令和3年度から令和5年度までの各年度分固定資産税及び都市計画税負担にかかる調整措置について、平成30年度から令和2年度までと同様の措置を講じ、(2)として、(1)にかかわらず、令和年度分固定資産税及び都市計画税に限り、一定宅地等及び農地については、前年度分課税標準額を当該年度分

津島市議会 2021-05-31 令和3年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2021-05-31

小学校、4中学校にリモート授業向け機器材を整備する学習保障支援事業として2,332万円を、5つ目といたしましては、感染症対策として市内全ての放課後子ども教室をICT化し、オンラインプログラムや他の放課後子ども教室との交流を深めるための放課後子ども教室ICT環境整備事業として208万5,000円を、6つ目といたしましては、庁舎内、来庁する方の接触機会を減らすため、インターネット上に都市計画道路農地

扶桑町議会 2021-04-09 令和 3年第3回臨時会(第1日 4月 9日)

その下、附則第13条につきましては、農地課税について、宅地と同様に負担調整措置を設けて一定の率以上は税が上がらないようにする現行仕組みを3年間延長する期間改正、また令和3年度に限りまして、負担調整措置等により税額が増加する土地につきまして、前年度、令和2年度の税額に据え置くという改正でございます。  

津島市議会 2021-03-25 令和3年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2021-03-25

土地利用計画では、津島駅を中心とした中心市街地である「まちなか創造ゾーン」、多くの人が居住する地区である「市街地居住ゾーン」、インター周辺幹線道路の沿線などに位置する「産業創造ゾーン」、名古屋市に近いという立地特性を生かして外から人を呼び込むことを目指す「地域振興ゾーン」、主要幹線道路に面した地域である「沿道立地ゾーン」、農地を保全するとともに多面的な活用を図っていく「田園環境ゾーン」、市を代表する

碧南市議会 2021-03-18 2021-03-18 令和3年予算審査特別委員会経済建設分科会 本文

269 ◆分科会員山口春美) これは、PRというよりも、御家族の意思で、自分の親の土地農地を継ぐかどうかということなんでしょうか、進めていただきたいなと思うんですが、どのような策を取って……。今後、この段階だともう決まっちゃっているか、この新規の4月からの就農者は。