3262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知立市議会 2019-12-20 令和元年12月定例会(第6日12月20日 閉会日)

議案第70号 知立市児童発達支援センター条例、議案第72号 知立市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例及び知立市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、議案第77号 知立市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定める条例の一部を改正する条例の件は、自由討議、討論なく挙手全員で可決すべきものと決定しました。  

大府市議会 2019-12-19 令和 元年第 3回定例会−12月19日-05号

問い、市街化調整区域内の優良な農地の減少について、どのように考えるか。  答え、第4次大府市都市計画マスタープランの策定においては、農業者への説明や意見聴取、庁内での調整を図った上で進めている。限られた土地利用の中で、農業商業工業がバランスよく発展していく必要があると考える。  

みよし市議会 2019-12-12 令和元年予算決算委員会経済建設分科会(12月12日)

   牧田充生   林 文夫  塚本直樹 欠席委員 なし 説明のため出席した者の職氏名  市長        小野田 賢 治    副市長      酒 井 喜 市  環境経済部長    原 田 みすぎ    都市建設部長   柴 田   浩  環境経済次長環境課長         都市建設次長都市計画課長            加 藤 雅 也             小 嶋   誠  農地専門監兼産業課主幹

みよし市議会 2019-12-12 令和元年経済建設委員会(12月12日)

  塚本直樹 欠席委員 なし 説明のため出席した者の職氏名  市長         小野田 賢 治     副市長        酒 井 喜 市  環境経済部長     原 田 みすぎ     都市建設部長     柴 田   浩  環境経済次長環境課長           都市建設次長都市計画課長             加 藤 雅 也                小 嶋   誠  農地専門監兼産業課主幹

稲沢市議会 2019-12-11 令和元年第 6回12月定例会-12月11日-04号

それに伴い、本市においても平成30年10月からいわゆる農業委員会の体制が、農業委員と農地利用最適化推進委員の2本立てによる新体制となりました。昨年度までは、農業委員が年1回農地利用状況調査を行い、耕作放棄地の調査をしておりましたが、今年度からは農地利用最適化推進委員が農地利用状況調査を行っております。

小牧市議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会-12月10日-02号

耕作放棄地対策については、平成29年度の農業委員会法の改正により農業委員会に創設した農地利用最適化推進委員が主に担当地区の農地利用の集積・集約化の推進のため活動しています。その内容は、農地パトロールや、農地を貸したい、あるいは後継者がいないなどの相談を受けるなど地元に寄り添った活動を通じて、借り主とのマッチングにつなげているところであります。  

知立市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第5日12月10日 質疑)

○18番(佐藤 修)  いろいろインターネットでひいてみると人と農地のマッチングという言葉が言われてまして、農地の利用の最適化と、そこで最適化ということが出てきますけども、1つは担い手の農地利用の集積集約化ということが言われてますけれども、それからもう一つは、今、市民部長が言われたように遊休農地の発生防止、解消ということが言われてます。

犬山市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第5日12月10日)

だから、それで成功する可能性が高くなるんで、なおかつ恐らく駅ができれば、周辺の今の農地も市街化区域に編入できるので、かなり高い確率で税収が上がることは間違いないわけです。これは恐らく否定されないと思います。  なので、この点は聞きませんが、再質問として、多大な出費と言っている駅の設置には、幾らかかると今見込んでいるんでしょうか。

東郷町議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-09

そして、我がまちの緑地の多くを農地が占めております。愛知県平成30年度土地に関する統計年報によりますと、我がまちの緑地面積は、農地森林の合計で町全体の約28%、499ヘクタール、そして、そのうちの約74%、368ヘクタール農地が占めております。その農地ですが、私の住まいの近くでも数年耕作されていないなと思われるような田畑が結構見られる状況であります。  そこで、お尋ねいたします。

稲沢市議会 2019-12-09 令和元年第 6回12月定例会-12月09日-02号

◆5番(近藤治夫君)  その認定農業者のうち、農地所有適格法人化された方はどのくらいありますか。 ◎経済環境部長(岩間福幸君)  農地所有適格法人とされているものは、15となっております。以上です。 ◆5番(近藤治夫君)  また、その法人化を目指している農家はどのくらいあるか把握してみえますでしょうか。

犬山市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第3日12月 6日)

必要となる道路管理者や公安委員会農地関係や土地収用関係などの関係機関協議については、並行して行うことを考えていました。しかし、基本計画策定を進めるに当たり、各関係機関との手続について確認を進める中で、協議には想定を上回る期間が必要であること、農地土地収用の関係の協議には、道の駅の詳細な内容が必要となることがわかりました。

知立市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第3日12月 5日 一般質問)

こうした点では、本当に農業振興の整備に関する法律農地の保全ということが最大の目標でありまして、この計画を策定するに当たって、策定委員会の中にはそうした農業関係者がいたのかどうか。また、住民説明会がやられたということでありますけれども、そうした皆さんの声はどのようなものがあったのか、ぜひ簡潔にお答えください。 ○議長(田中 健)  都市整備部長

知立市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第2日12月 4日 一般質問)

農地の宅地化に伴い、生活雑排水が用水に流入している状況が多くみられます。このように宅地化に伴い、多くの生活雑排水が流入する用水施設につきましては、その公共性を考慮して、地元からの要望を受けた中で、現場状況等も確認もさせていただいた中で、第三者被害を防ぐ目的で、市が修繕を行う場合もあります。