494件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大府市議会 2020-09-11 令和 2年第 3回定例会−09月11日-03号

始めに、1点目の「自宅療養者等への避難所対応をどのように考えているか」についてでございますが、新型コロナウイルス感染症によって自宅療養している方につきましては、現時点では、陽性患者は、軽症者等であっても一般の避難所に滞在することはできないため、自宅療養を選択された場合、災害時には、自宅が安全であれば自宅にとどまる、又は安全な親戚や友人宅に避難する、それができない場合は、県が提供する軽症者利用施設又は

一宮市議会 2020-09-09 09月09日-03号

日本共産党は、感染拡大抑止のためには、PCR検査等を大規模に行うこと、そして、検査によって明らかになった陽性者のうち、無症状または軽症陽性者を隔離保護するための宿泊療養施設確保を緊急に行うこと、自宅待機を余儀なくされる場合には、生活物資を届け、体調管理を行う体制をつくることなど必要だと考えています。その立場で質問させていただきます。 

犬山市議会 2020-09-09 令和 2年 9月定例議会(第4日 9月 9日)

次に、要旨の3、軽症者の宿泊療養施設確保、また自宅療養についてです。  PCR検査陽性となった場合、隔離と保護が必要となります。現在、ホテルなどを借り上げる宿泊療養施設、または自宅療養ということになっておりますけれども、特に自宅療養については各家庭の部屋の数ですとか、それから家族の人数とか、いろいろな状況で大きく変わりますし、また、家庭内感染ということも危惧されるところであります。

あま市議会 2020-09-02 令和2年9月定例会(第2日) 本文

県のデータでは、無症状軽症から中等症重症などに症状が変化した場合の人数は分かりませんが、医療関係団体データを見てみますと、60歳以上の重症者愛知県、大阪府、沖縄県で多く増えていることが分かります。  あま市も県にスライドして推移していると考えられます。  あま市感染拡大は実質7月中旬頃からと言えますが、大都市で起きているこういった課題にこれから対応を迫られていく可能性があります。  

豊川市議会 2020-09-02 09月02日-03号

宇井昭典子ども健康部長 東三河地域の無症状軽症患者のための宿泊療養施設確保について、去る8月18日、本市長はじめ東三河8市町村長連名知事宛てに要望をしております。 また、入院ベッド確保については、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関負担軽減を求め、医療提供体制強化につなげるため、県では、岡崎市に10月中旬に県内初となる専門病院を設置するとしております。 

犬山市議会 2020-09-01 令和 2年 9月定例議会目次

吉野健康福祉部長答弁………………………………………………………104      岡村千里議員再質問…………………………………………………………104      吉野健康福祉部長答弁………………………………………………………104      岡村千里議員(②保健所機能強化について)…………………………105      吉野健康福祉部長答弁………………………………………………………106      岡村千里議員(③軽症者等

豊川市議会 2020-09-01 09月01日-02号

本市においても、医師会協力を得ながら、対応可能な地域医療機関医師検査を必要と診断した、発症後9日までの軽症患者対象に実施する方向で、豊川保健所と協議を進め、9月以降順次体制が整い次第、取り組んでまいる予定でございます。 なお、唾液による検査は、鼻咽頭ぬぐい液を採取する方法よりも採取時の痛みがなく、くしゃみによるウイルス飛沫の拡散を抑え、周囲への感染リスクが低減されます。 

犬山市議会 2020-08-25 令和 2年全員協議会( 8月25日)

それから3番目にこの地域での軽症の人の保養施設保護施設と言いますかが連携してやればできるんではないか。それから4番目に自宅療養の方に、犬山はサポートが既に入ってるということですけども、そういう体制市町村で必要じゃないかということです。5番目に救急隊員とか保健士保育士支援員、そういった直接関わる職員には、やっぱり市の責任でPCR検査をして、必要があるんじゃないかと。

名古屋市議会 2020-06-24 06月24日-13号

そこでは、コロナ感染有症者に対して受動的に検査を行うのではなく、発想を転換し、適切に検査対象者を設定して検査を大規模に行い、先手を打って感染拡大を防止する、ごく軽症も含む全ての有症者や全ての接触者への速やかな検査を行うとともに、症状の有無にかかわらず、医療従事者及び入院者並び介護従事者及び介護施設利用者等医療介護障害福祉機能確保に重要な関係者については優先的に検査を行うことを提言いたしました

犬山市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例議会(第5日 6月15日)

この自粛をした理由というのは、医療崩壊を避けるためだというふうに私は理解していたんですけども、医療崩壊を避けるためにいろいろ方法はあるというふうに聞いていましたけども、軽症者を受け入れる施設病院で受け入れていると病院医療崩壊するということで、軽症者を受け入れる施設を準備してはどうかという考え方もあるらしいんですね。  

犬山市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例議会(第3日 6月11日)

愛知県における患者受入れ体制としましては、新型コロナウイルス感染症対応する医療体制愛知方式により、医療崩壊を防ぐために重点医療機関等入院の必要な中等症患者を集中的に受け入れるとともに、重症者に対しては高度医療を提供できる治療体制確保し、軽症者や症状がない患者については、宿泊施設等での安静、療養を原則としています。  

扶桑町議会 2020-06-10 令和 2年第3回定例会(第4日 6月10日)

となると、結構軽症な想定であるわけですね。先ほど申したように、多分三、四日の休業補償ぐらいの見積りしかしていない話になってくるんですけど、そういうつもりなんでしょうか。 ○議長杉浦敏男君) 髙木健康福祉部長。 ○健康福祉部長(髙木 明君) こちらにつきましては、数字がなかなか作成するのに難しかったので、簡単に御説明します。

一宮市議会 2020-06-09 06月09日-03号

病院事業部長古田幸康君) 新型コロナウイルスの影響を受けまして、軽症患者が来院を控えられたこと、うがい、手洗いの励行、マスクの着用によりインフルエンザにかかる患者が少なかったこと、各学会からのガイドラインにより、緊急を要しない予定手術を延期したこと、感染患者の一時的な増加に伴い、一定期間、1つの病棟空床にして患者をゼロにしたことなどが主な要因だと考えております。

西尾市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第2号) 本文

今回の新型コロナウイルスに関しまして、収益面では大変危惧するところではございますが、新型コロナウイルス陽性または疑いの患者さんも、それ以外の患者さんも安心して受診していただけるよう、さまざまな感染対策を施しまして、また新型コロナウイルス感染症中等症軽症患者さん専用の病棟を準備することで、万が一のときには入院できる体制を整えております。

岡崎市議会 2020-06-01 06月01日-06号

医療提供体制の構築につきましては、県が大きな役割を担っておられまして、感染症病床の整備、新型コロナウイルス感染症入院患者を受け入れる入院協力医療機関確保新型コロナウイルス感染症軽症者と無症状者を受け入れる、いわゆる生活支援施設宿泊施設でございますが、こうしたものの確保などを担っておられます。 

犬山市議会 2020-06-01 令和 2年 6月定例議会目次

……169      吉野健康福祉部長答弁………………………………………………………170      柴山一生議員(③医療崩壊を避けるため、軽症者の受け入れ             施設の準備は進んでいるか。市内あるいは近             郊のビジネスホテルあるいは同様の施設と軽             症感染者収容施設としての利用協定は必要             ではないか。)