1643件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小牧市議会 2021-06-23 令和 3年第 2回定例会-06月23日-05号

これは、小牧駅周辺に「中心拠点」を、味岡駅周辺桃花台センター地区藤島地区に「地域拠点」を配置・形成するとともに、名鉄小牧線名鉄バス及びあおい交通路線バス公共交通軸として設定し、中心拠点中心公共交通ネットワークを構築することで、中心拠点地域拠点等拠点間の連携を強化するものであります。  

小牧市議会 2021-06-22 令和 3年第 2回定例会-06月22日-04号

都市政策部長鵜飼達市)  本市では名鉄小牧線主要交通軸としまして、名鉄バス株式会社及びあおい交通株式会社各社民間路線バスさらに市内公共交通空白地域の解消のため、市内全域をカバーするこまき巡回バス「こまくる」の運行により、現在良好な市内公共交通ネットワーク形成が図られていると考えておりますが、今後の本市公共交通課題といたしましては、名古屋中心部へのアクセス性向上をはじめとした広域的

小牧市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会-06月21日-03号

新型コロナウイルス感染症による公共交通への影響につきましては、令和3年第1回定例会におきまして、小沢国大議員にお答えしました時点におきましては、国土交通省全国調査結果から、国内で新型コロナウイルス感染症拡大が始まった令和2年4月から令和3年1月までの全国一般乗合路線バス利用者数の対前年同期間比較におきまして、約29%減少しておりました。  

知多市議会 2021-06-18 06月18日-03号

市内ショッピングセンターにある期日投票所は、本市のほぼ中心に位置し、あいあいバス路線バスも停車することから行きやすい場所であることは確かですが、市役所、ショッピングセンターは共に市の北部から中部にあり、南部地区の方にとっては利便性が低いような感じがします。 そこで、2つ目に、期日投票所を拡充する考えについて伺います。 続いて、投票日当日は、指定された投票所でしか投票ができません。

知多市議会 2021-03-09 03月09日-02号

また、市では、知多バス運行する路線バス岡田線日長団地線佐布里線の昼間時間帯割引及び運行補助を行っており、利便性向上及び路線存続支援を行っています。さらに、市内在住で65歳以上の運転免許自主返納者及び75歳以上の方を対象に、無料あいあいバスを利用できる無料あいパスを発行し、高齢者移動支援しています。

安城市議会 2021-03-08 03月08日-04号

しかしながら、地域公共交通を取り巻く環境は厳しく、全国では路線バス事業収支全国の約7割の事業者赤字であり、運転者不足が深刻化しているところです。特に都市圏以外の地方部において赤字状況が大きく、地方部乗り合いバスは厳しい収支構造にあるにもかかわらず、1年当たりの高齢者免許返納数は年々増加するなど、公共交通の充実が求められています。 

津島市議会 2021-03-04 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2021-03-04

そして、津島周辺は、愛知県の名古屋都市計画区域のマスタープランに新瀬戸駅、そして最近は弥富駅もそうでありますが、鉄道路線バス結節機能があることから都市拠点として位置づけられております。この津島周辺まちづくり構想検討事業は、コンパクトシティに向け、都市機能誘導地域を定める立地適正化計画につながっていく計画なんでしょうか、お答えいただきたいと思います。        

瀬戸市議会 2021-03-03 03月03日-02号

3目輸送対策費では、基幹バス赤津線塩草土地区画整理区域への乗り入れや、にじの丘学園通学用路線バス運行に係る負担金を計上いたしております。 202ページを御覧ください。 4目街路事業費では、陣屋線などの市内道路網の骨格となる都市計画道路を整備する費用を計上いたしております。 5目公園事業費では、都市公園等施設の修繕や更新に係る費用を計上いたしております。 206ページを御覧ください。 

春日井市議会 2021-03-02 03月02日-04号

高齢者向けフリーパス購入費補助につきましては,先般策定しました地域公共交通計画における路線バスサービスの維持・支援や,料金割引制度の拡充・周知といった施策に基づき,名鉄バスが昨年3月から販売を開始しました高齢者向け定額制乗り放題フリーパスにつきまして,市民の皆様にバスをより広く御利用していただく取組の一つとして購入補助を試行し,検証するものでございます。 

岡崎市議会 2021-03-01 03月01日-03号

また、地域内交通に関します検討進捗状況と今後の方針でございますけれども、矢作地区におきましては、地区内を運行します路線バス利用者数減少や今後高齢化が進む地域移動手段確保等課題に対応するため、令和元年9月に、既存バス路線の再編及びエリアバス導入等を目的といたしました矢作地区エリアバス導入検討会議を発足してございます。 

春日井市議会 2021-02-24 02月24日-02号

新たに策定した地域公共交通計画では,「鉄道バスによる利便性の高い公共交通網形成」や「多様な交通の組み合わせによる市民移動手段確保」「みんなで支える公共交通体制づくり」を3つの柱として位置づけて,鉄道路線バスの基幹的な交通公共施設を結び,高齢者の昼間の移動手段となるシティバス,その他の交通手段を総合的に組み合わせることで,市全体をカバーする公共交通網形成に取り組んでいるところであります