19588件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2035-12-03 12月03日-02号

大きい3、補助金在り方と、株式会社サイエンスクリエイトについて 2019年9月の決算特別委員会での質疑のように、株式会社サイエンスクリエイトに対して、自社が保有する資産にもかかわらず、使用料賃借料リース料等の名目で補助金を交付していたことがわかりました。私は、当該実態での補助金交付の適切さに首をかしげています。 

田原市議会 2031-06-14 06月14日-03号

推計方法は異なるものの昨年度委員会質疑生息頭数をただしたときと比べ頭数も増加しており、イノシシによる一層の農業被害の拡大も危惧されます。野生イノシシから農業被害を防ぐ上で、電気柵設置は一定の効果があるものと思いますし、委員会答弁時にも「イノシシ根絶を目指す」とされていました。そこで、電気柵設置状況根絶に向けたその後の対策の状況について伺います。 

田原市議会 2023-08-30 08月30日-01号

これより質疑を行います。 御質疑ございませんか。 御質疑もないようですので、質疑を終結します。 お諮りいたします。 本案会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長大竹正章) 御異議なしと認めます。 よって、そのように決定しました。 これより討論を行います。 御意見ございませんか。 

瀬戸市議会 2021-09-05 09月05日-04号

これらにつきましては、去る8月29日の本会議において報告がなされておりますので、これより質疑に入ります。 質疑の通告がありますので、発言を許します。 22番臼井淳議員。 ◆22番(臼井淳) それでは、9月定例会提出がありました平成30年度瀬戸土地開発公社経営状況説明する書類の提出について、3点伺ってまいります。 まず、最初の質疑です。 

田原市議会 2021-06-10 06月10日-01号

これより質疑を行います。 御質疑ございませんか。 御質疑もないようですので、質疑を終結します。 お諮りいたします。 本案会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長大竹正章) 御異議なしと認めます。 よって、そのように決定しました。 これより討論を行います。 御意見ございませんか。 

瀬戸市議会 2020-12-18 12月18日-05号

次に、第46号議案瀬戸斎苑条例の一部改正についてを議題とし、理事者説明を受け、質疑を行い、質疑の中で、「実態に合わせると、実際の市外の方の数は」との質疑に対し、「市外の方の利用は主に尾張旭市600弱、長久手市170弱である」との答弁がなされ、また、「外部からの利用者増加傾向にあるとされるが、この間の状況はどうか」との質疑に対し、「10年前の増加率は全体が25%に対し、市外は45%と上回り、現在

田原市議会 2020-12-16 12月16日-04号

議案第100号について、保育士看護師の配置や人員の体制は、との質疑に対し、利用時は第一保育園の保育士2人が勤務し、看護師は緊急時に速やかに駆けつける体制とする、との答弁が、利用料を1人につき1日2,000円とした根拠は、との質疑に対し、臨時保育士の単価と国や県の運営費補助をもとに、人件費が賄える金額を利用料として算出している、との答弁が、利用手続方法や手順は、との質疑に対し、子育て支援課利用登録

豊橋市議会 2020-12-04 12月04日-03号

10月28日に行われました第6次総合計画等策定調査特別委員会において、斎藤 啓委員障害者福祉における課題と記載された持続可能な障害者医療費助成制度在り方についての質疑に対し、人口減少に伴い、今後財源を確保し続けることが困難であることが予想される中、所得制限の導入など、医療費助成の抑制を図りながら、制度そのものが継続できるよう、必要な見直しを図っていきたいと考えておりますとの答弁でありました。 

田原市議会 2020-12-02 12月02日-01号

これより質疑を行います。 御質疑ございませんか。 御質疑もないようですので、質疑を終結します。 お諮りいたします。 本案会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長大竹正章) 御異議なしと認めます。 よって、そのように決定しました。 これより討論を行います。 御意見ございませんか。 

豊橋市議会 2020-12-02 12月02日-01号

9月の決算特別委員会でも質疑させていただきましたが、昨年広報とよはしに掲載された吉田文楽保存会定期公演のイラスト一つとっても、この芸能を後世に末永く伝えるため、また、広く公開し、市民文化の向上に役立てようという意思が伝わってこなかったのが正直なところです。 もちろん吉田文楽の活動を知ったとしても、保存会の会員になってくれるとは限りません。しかし、現状は知らない人のほうが多い状態なのです。

瀬戸市議会 2020-09-20 09月20日-05号

次に、第24号議案瀬戸印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正についてを議題とし、理事者説明を受け、質疑を行い、質疑の中で、「名前だけの印鑑登録があるが、それはこれと関係ないように思うが全体像を伺う」との質疑に対し、「名のほうの登録が該当するかということであるが、今回の一部改正に関しては、旧氏、いわゆる旧姓の部分改正という形になるので、名前のほうは対象になるものではない」との答弁がなされ、質疑

豊橋市議会 2020-09-04 09月04日-03号

また、一方で議員の立場からは、例えば島根県浜田市のように、予算編成情報として、予算査定状況ですとかを予算審議の前に公開されておりますと、議員としてはですけれども、これはそれを踏まえた予算審議や議論が可能になるということで、よくあります事業の目的は何ですかとか、事業化に至った経緯はといったテンプレート的な質疑だけではなくて、もう少し予算審議活性化が図られるのではないかという部分も考えます。 

瀬戸市議会 2020-09-03 09月03日-02号

今までの質疑をちょっとまとめていきますと、耐用年数までは今のまま使っていただいて、いよいよ建物がもたなくなったときに、集会所を廃止するか建てかえをするかということを地元で決めていくと、廃止するんだったら当然所有権の移管はなく、市で解体していくということですね。逆に、建てかえをしていくんだったら、補助金はあるんですが、維持修繕はもちろん、所有権もあくまで地元でという考え方なんですかね。