23418件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2036-09-30 09月30日-05号

このような歳入状況の中で、第5次総合計画後期基本計画の3年目として、計画に盛り込まれた諸施策の着実な推進とともにまちひと・しごと創生総合戦略取り組みを加速させるため、活力みなぎる産業創出プロジェクトを初めとする九つの戦略計画に基づくまちづくりに積極的に取り組んだ結果、それぞれ一定の成果を上げたものと評価いたします。 

田原市議会 2031-06-14 06月14日-03号

これは、平成28年度に田原中高一貫教育推進委員会及び各部会の推進計画策定されました。その委員会、また、計画の狙いの中に、「6年間の交流の中で確かな学力と豊かな人間性を育成し、田原市の発展に貢献できる生徒の育成を目指す」と書いてあります。 福江中学校福江高等学校による連携型中高一貫教育取り組みは、平成29年4月から開始され2年が経過しました。

豊橋市議会 2026-06-03 06月03日-01号

この推進計画は2010年度から2015年度までを第1期の計画としてスタートし、それを継承する形で2016年にええじゃないか豊橋推進計画Ⅱが策定され、現在その取り組みがなされているところであります。 そこで、ええじゃないか豊橋推進計画Ⅱが来年度、最終年度を迎えるに当たり、これまでの取り組みを踏まえ、以下の内容についてお伺いをいたします。 

豊橋市議会 2025-12-13 12月13日-04号

     総務部長      吉原郁仁   財務部長      黒釜直樹     企画部長      木和田治伸  市民協創部長    古川尋久     文化・スポーツ部長 伊藤紀治   福祉部長      西尾康嗣     こども未来部長   鈴木教仁   健康部長      犬塚君雄     環境部長      小木曽充彦  産業部長      稲田浩三     建設部長      山本 晋   都市計画部長

田原市議会 2023-08-30 08月30日-01号

次に、陳情書の処理について、田原教員組合執行委員長 仲谷宏昌氏からの「定数改善計画早期策定実施義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める陳情書」については、文教厚生委員会に送付いたしましたので、よろしくお願いいたします。 以上で、諸般の報告を終わります。 これより日程に入ります。 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。

田原市議会 2021-09-24 09月24日-04号

議案第92号 平成30年度田原農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について  日程第21 議案第93号 平成30年度田原田原福祉専門学校特別会計歳入歳出決算認定について  日程第22 議案第94号 平成30年度田原後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について  日程第23 議案第95号 平成30年度田原水道事業会計利益の処分及び決算認定について  日程第24 意見書案第1号 定数改善計画

田原市議会 2021-09-03 09月03日-02号

企画部長石川恵史) 繰り返しとなりますが、本市取り組みとしては、最上位計画である総合計画推進と合わせてSDGsに関連する施策事業推進してまいります。推進するに当たっては、その事業が何の役割を担っているのかを認識した上で事業に取り組むとともに、事業実施の際には、SDGsのどの目標に貢献しているのかがわかるように取り組んでまいります。

田原市議会 2021-06-13 06月13日-02号

そのため、総合管理計画のもと、今年度策定する個別施設計画において、総量の圧縮、長寿命化、機能の最適化民間活力の導入などを検討しながら、多様化する市民ニーズにも対応した公共施設適正化に取り組んでまいります。 次に、組織機構職員数についてでございますが、職員の数は、合併時と比較すると約180人減り、平成31年度では649人となっています。

田原市議会 2021-06-10 06月10日-01号

教育環境では、「伊良湖岬小学校整備」を進め、その他の学校についても、教室棟や体育館などの改修を計画的に行うとともに、「エアコンの設置」や「トイレの洋式化」を早急に実施してまいります。 特別支援教育については、長時間通学による児童生徒への負担が大きな課題となっており、この課題解消に向けて愛知県への要望を行っているところであります。

瀬戸市議会 2020-12-18 12月18日-05号

初めに、第62号議案令和年度瀬戸一般会計補正予算(第6号)を議題とし、総務生活分科会では、「2款1項28目災害対策費について、国土強靱化地域計画を行った経緯について伺う」との質疑に対し、「本市は、これまで未策定であったが、近年、毎年のように自然災害が起きている。住民のとうとい生命と財産を守るため、さらに、瀬戸市の地域条件に応じた施策計画的かつ総合的に推進するため、策定に取り組む。

田原市議会 2020-12-16 12月16日-04号

について  日程第14 議案第110号 田原市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について  日程第15 議案第111号 田原下水道条例の一部を改正する条例について  日程第16 議案第112号 田原水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例について  日程第17 議案第113号 田原水道事業給水条例の一部を改正する条例について  日程第18 議案第114号 新市建設計画

瀬戸市議会 2020-12-05 12月05日-03号

◆16番(浅井寿美) 今お話になった部分というのは、交通網形成計画の中で示されているところの計画のスケジュールというところに出ている、この表の中のところだろうというふうに思います。ここに記載がされている計画で、まずはこれに沿ってやっていくということなんですけれども、この後に質問が入ってきますけれども、今回、改善計画または減便計画ということで、各地域の皆さんに御提案がされているものがあります。

豊橋市議会 2020-12-04 12月04日-03号

本市としましては、昨年豊橋受援計画を作成しておりますが、この計画をいかに実効性のあるものにしていけるかが課題と考えております。 今回、多くの職員を長野市等へ支援のため派遣しましたが、支援を通じて多くの職員避難所運営災害廃棄物管理など、さまざまな経験を得ることができました。こうした経験の積み重ねが本市災害対応力の向上につながっていくものと考えております。 以上でございます。