69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津島市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-14

移植には、白血病の血液型であるHLAが一致した骨髄が必要となりますが、HLAの組み合わせは数万通りと言われ、非血縁者間では数百から数万分の1の確立でしか一致しないとのことでございます。  そこで、公益財団法人日本骨髄バンクでは、白血病などの血液難病に苦しむ人たちを一人でも多く救いたいとの思いから、広く骨髄提供者登録を呼びかけるとともに、患者さんと骨髄提供者の連絡調整を行っております。  

知立市議会 2019-03-13 平成31年予算・決算委員会(市民福祉分科会 3月13日)

適合確率は兄弟姉妹の間で4分の1、親子間ではほとんどなく、非血縁患者だと数百人から数万人に1人しか適合しない。そのため広く一般からドナーを募る骨髄バンクが必要となります。  そこで、本市としても新規事業として行っている骨髄提供者には年齢制限はありますか。また、その他条件について教えてください。

稲沢市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会-03月08日-03号

虐待の傾向についても、東野議員への答弁内容がありましたので、それをまとめますと、虐待の要因としては、児童保護者との間に血縁関係がなかったり、あるいは男性の育児に対する意識の低さによって、男性が虐待に及んでいるという意見が結構耳にするところであるんですが、しかし実態はそうではなく、少なくとも稲沢では、実の父親と母親が半数ずつの割合であるというふうに言われておりました。

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

そうした中で、弁護士という立場ならまだしも、血縁関係もない第三者に求められることはどのようなことが考えられるのか、そうしたもろもろの問題点も含めて見解をお願いできればと思います。 ◎市民福祉部長(桜木三喜夫君)  第三者による成年後見人には、あくまで被後見人である本人の意思を尊重し、本人の立場と感情を理解し、その利益と権利を守る立場に立って支援すること。

新城市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会(第2日) 本文

人口が減少して、恐らく地縁の、血縁といいますか、そういったものが少なくなっていく社会の中におきましては、豊かな生活を実現するためには、この構想の中に書いてございますように、地域企業、非営利団体地方自治体などがつながる新しい絆による支え合いの構築が不可欠であると考えております。  

長久手市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第3号12月 4日)

しかし、骨髄移植には、患者ドナーの間のHLA(白血球の型)の適合が必要で、兄弟姉妹間では4分の1、非血縁者では、数百から数万分の一の確率でしか一致しないと言われております。一人でも多くの患者を救うには、一人でも多くのドナーの登録が不可欠であります。  (1)骨髄バンクドナー登録の推進、啓発活動についての考えはどのようでしょうか。  

豊明市議会 2018-12-01 平成30年12月定例月議会(第3号) 本文

しかし、骨髄移植には患者ドナーの間で細胞の血管型と言われるHLA型白血球の型の適合が必要で、一致する可能性は兄弟姉妹間では4人に1人、非血縁者間では数百人から数万人に1人という確率でしか一致しないという現状があります。  そのため、ドナー登録をふやすことで適合者の確率を高くすることが可能となります。

稲沢市議会 2015-12-08 平成27年第 7回12月定例会-12月08日-02号

建設部長(六鹿幸男君)  平成27年8月に実施をさせていただきました転入・転出者アンケートによりますと、居住地の選択に当たりましては通勤条件が必須条件でございまして、さらに地縁血縁、もしくは土地カンのある土地というのが重要になるという結果が見られるところであります。JR稲沢駅周辺、国府宮駅周辺は名古屋市中心部への利便性が高く、これは非常に魅力となっております。  

大府市議会 2015-03-12 平成27年第 1回定例会−03月12日-04号

血縁をもとにした親子関係にない中で、家族として構築していこうと努力するがゆえのストレス、悩みを抱えるケースも珍しくありません。  現在、結婚している夫婦の4組に1組が再婚に当たると言われており、ある面、共通した悩みを抱える中で、相談できる相手がいないことで、悩みやストレスを増大させてしまうことも懸念されつつあります。  

津島市議会 2013-12-03 平成25年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2013-12-03

その一方で、離れたところに年老いた親がいる、こういうケースの場合、それをどこまで扶養すべきか、これは個々のケースに沿って判断がされるべきだということでありますから、一律に血縁関係があるから扶養をすべきだということは、本来、国が支えるべき責任を一方的に親族に押しつけるやり方ではないかという批判も関係者の間からは出ておるわけであります。

長久手市議会 2012-09-13 平成24年第3回定例会(第5号 9月13日)

それでやっぱりこれは1年に1回のやっぱり地縁の問題とか、血縁の問題とか、やっぱりその時間空間について考える重要なこれ、瞬間なんですね。そういったときにやはり市長の理念に従えば、これを継続して、やはりそのそういう精神というのは受け継いでいくべきじゃないかと思うんです。そういう意味で、来年度僕としては改めて、できれば収集を続けてほしい。

稲沢市議会 2012-03-09 平成24年第 1回 3月定例会-03月09日-04号

しかし、家族のきずな、血縁ですね。地域のきずな、地縁戦後、これらにかわって人々をつなぎとめてきた会社のきずな、社縁、これらがさまざまな事情で急速に崩壊したことが原因で、無縁社会が到来したというふうに言われています。橘木俊詔さんという方の「無縁社会の正体」という本の帯には、3万2,000人の孤独死、1,500万の単独世帯、4万件の熟年離婚という言葉が躍っています。  

碧南市議会 2011-12-09 2011-12-09 平成23年第7回定例会(第2日)  本文

次に、実現困難なものとして評価したものについてですが、その1つ目が、離職している女性医師に対して、当院の在職医師のつながりを活用しての復職を依頼という項目がありまして、当院在職の医師地縁血縁によるネットワークを通じた勧誘をお願いはしておりますけれども、女性医師の復職にはまだ至っていないということでございます。