117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

武豊町議会 2019-12-04 12月04日-02号

また、開発に伴い適用されます都市計画法砂防ですね、こちらの基準に基づきまして、排水施設などの整備につきましては許認可権者であります県のほうから適切に指導を受けることとなっております。 以上です。 ◆15番(鈴木一也君)  法令などで県からの指導を受けるということなんですが、この新しく開発された地域において、東海豪雨以後、大雨などの被害に実際に遭ったということはありますか。

長久手市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第4号12月 3日)

第三は、砂防計画地全域砂防指定地域に指定されております。今まで青山直道議員さとうゆみ議員ソメイヨシノは残せないかという質問だったと思いますが、国指定の史跡ということで、既存のソメイヨシノ延命治療はできますけれども、新たに植えることはできないという答弁でしたが、これはやはり法律の網がかかっているからだと思いました。

東浦町議会 2019-06-13 06月13日-03号

そのため、今後もFIT法森林法砂防など関係法令を遵守することを指導するとともに、指導要綱に基づき、町は中立的な立場で住民及び事業者が良好な関係を保つために、指導・助言してまいります。 以上です。 ○議長小松原英治) 答弁が終わりました。再質問がありますか。 向山議員。 ◆14番(向山恭憲) 質問の本題に入る前に、少し補足をさせていただきます。 

武豊町議会 2019-06-06 06月06日-02号

事業者は、通知を受け初めて、砂防農地法などの関係法令手続を進めることが可能となります。 なお、本町における過去3年間で土地開発指導要綱を適用した太陽光発電施設設置事業に対する指導意見としては、事業区域内に敷設する砕石について、周辺環境に配慮した資材を使用することという事例がありました。 以上です。

武豊町議会 2018-09-06 09月06日-03号

また、開発区域砂防指定地内で砂防許可が必要な場合は、砂防基準の中で設計をされることになりますので、流出量の増加は抑えられることになります。 さらに、住宅等建築確認申請がされる前に、設計士等が役場で現地調査を行う際に、主に雨水排水先管理者である土木課と必要に応じて協議を行いますので、極力下流影響が出ないような対応が行われているところでございます。 以上です。

長久手市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第3号 6月19日)

そこで愛知県の建設部砂防課にも聞きまして、砂防ですとか、森林法伐採届とか、農地法許可はどのような手続が必要なのかとか、そういういろんな法的な網を一つずつはがさないと事業者事業ができないものですから、そういうことをお聞きしたわけなんですが、これらの手続というのは、具体的にはどのようなものなのか、御説明をお願いいたします。 ○議長川合保生君) 建設部長

東浦町議会 2018-06-11 06月11日-03号

次に、(4)の土地の埋め立てに関する危険性について行政見解についてですが、土砂等の崩落による災害発生危険性に対しては、砂防があり、都道府県の条例により砂防指定地内で行われる行為に対し、禁止もしくは制限しています。その行為の内容は、土地の掘削、切土、盛土、立竹木伐採等であり、都道府県知事許可が必要となります。

武豊町議会 2018-06-06 06月06日-03号

◎次長兼都市計画課長近藤千秋君)  この59件につきましては、私どもに届け出義務があるものについて上がってきた件数でありまして、都市計画課関係では、町の土地開発指導要綱だとか、砂防それから都市計画法53条にかかわるものです。それから、産業課関係ですと、農地法自然公園法森林法に係るもので、提出されたものを拾ったものであります。 以上です。

瀬戸市議会 2018-03-08 03月08日-04号

① メガソーラー設置については、砂防森林法など県の許認可が必要となる。市としての意見が求められると考えるが、市はどのような見解か伺う。    ② さらには、下流のオオサンショウウオの棲息を保護し、豊かな伏流水を守るために開発の保護、保全区域を設定すべきではないか。    ③ また地元産業としての農業(米づくり)や養鱒業産業振興のための地域規制を設けるべきではないか。    

春日井市議会 2017-12-13 12月13日-03号

怖いのは,農地法でありますとか都市計画法だけでなく,砂防対象地域についても規制がかからないし,届け出も必要がないということです。砂防指定地域は,雨水の浸透や水の流れが大きく変わることに最も神経質になるべき場所です。太陽光発電設備は,冒頭申し上げましたが,雨水流れにも大きく影響を与えます。その設置について行政側が把握すらできない現状は,何とかすべきものと思っています。 

東浦町議会 2017-12-08 12月08日-02号

砂防に基づく対策や樹木の伐採の制限などを県に求めていく考えはありますか。 (4)太陽光発電所設置については、太陽光発電建設指導要綱自治会説明して理解を得ることとしていますが、説明会の案内は森岡台のほんの一部の住民に限定をしています。それでいいのか伺います。 (5)環境アセスメント太陽光発電にも適用できるように国に求めていく考えを伺います。 

瀬戸市議会 2017-12-05 12月05日-04号

また、次に、土砂水害の懸念につきましては、砂防森林法許可を受ける際に、洪水調整池設置造成のり面安定勾配などが義務づけられまして、災害防止対策が図られるものと考えております。 また、蛇ヶ洞川水質への影響につきましては、事業者に対して定期的な水質検査の実施を求めるなど、水質監視について調整してまいりたいと考えております。 

常滑市議会 2017-09-15 09月15日-03号

防災上の問題はどうかについてでございますが、常滑市では太陽光発電に限らず、区域面積が1,000平米以上で、土の切り土、盛り土を伴う造成工事などを行う場合、常滑土砂の採掘、埋立等土地形態変更に関する指導要綱に基づく事前協議を行い、その後に農地法森林法砂防、自然公園法などの個別の法令の規定に基づく許認可申請届け出を行うように指導しているところです。

犬山市議会 2017-09-08 平成29年 9月定例会(第3日 9月 8日)

議員ご指摘の前原、橋爪山地内の箇所については、県道長洞犬山線北側に位置しており、民間事業者により2カ所に分けて、平成26年6月に砂防指定地域内行為許可を県より受けた後、開発されたものです。造成工事が済んだ後、地元からの要望に基づき、平成27年3月に事業者により説明会を開催し、土砂流出に対して一定の対策を行い、同年に完了しております。  

瀬戸市議会 2017-09-04 09月04日-02号

交流活力部長横山彰) 当該用地において開発事業を実施する場合、都市計画法に基づく開発許可申請砂防に基づく砂防指定地内行為協議森林法に基づく林地開発届け出などの手続が必要になると考えております。また、これら許可申請手続の前には、市街化調整区域内の地区計画の策定が必要となります。 ○三木雪議長 臼井議員