696件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2020-06-19 令和 2年第3回定例会(第5日 6月19日)

学校教育課の関係では、総合体育館特定天井改修工事全てで行うのか、どんな形で町が負担していくのかとの質疑に対して、総合体育館特定天井改修工事は、起債である緊急防災減災事業債を使う。これは町単独事業充当率100%、元利償還金に対する交付税措置率が70%、約2億円の工事に対して1億4,000万円の交付税措置があり、6,000万円の負担になると答弁がありました。  

扶桑町議会 2020-06-11 令和 2年福祉文教常任委員会( 6月11日)

読者ニュースの話をしてはいかんけど、これは全部でやるような形ではちょっと問題ではないかというような指摘もされておるわけでありますから、この工事ですね、2億131万7,000円というのをどんな形で町が負担していくのかというところについて説明を頂けますか。 ○生涯学習課長仙田剛宏君) こちらの総合体育館特定天井改修工事に関しましてですが、起債であります緊急防災減災事業債というものを使います。

武豊町議会 2020-03-23 03月23日-05号

歳入面では、税制改正による法人税率引下げによる減収と、地方消費税交付金法人税減収分を補填する法人事業税交付金の新設による増収増が目立ちます。いずれも住民にとっては有り難くない増収であります。歳出面では、住民の多くが要望してきた屋内温水プール建設住民の安心安全のための中央公園建設など、住民のための政策推進も見られますが、改善点も多くあることから討論を行うものであります。 

東浦町議会 2020-03-12 03月12日-06号

3点目に、本年度予算に当たって、公債費運用計画は慎重に扱われていることについては良として評価しておきますが、一方、公共施設更新計画など、いつ着手していくのかといった町民の期待の声に適切に応えていくためにも、先行投資も視野に入れることが望まれていると考えます。 4点目に、妊婦医療費助成事業は高く評価しておきたいと思います。

阿久比町議会 2020-03-10 03月10日-05号

21款1項3目教育債、1節教育事業債9,060万円の増額のうち、説明欄3つ目小中学校校内通信ネットワーク整備事業債は、補助金交付内示減額により、事業債を1,670万円増額し、5,320万円とするものでございます。 歳入変更箇所は、以上でございます。 次に、7ページをお願いいたします。 第3表地方債補正変更箇所説明いたします。この7ページの下の段になります。 

扶桑町議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3日 3月10日)

続きまして、21款でございます。  1項3目教育債で5,030万円の増額補正でございます。  右のページを御覧ください。  小学校校内ネットワーク整備事業債で3,280万円を新規計上しております。充当率は100%でございます。  8ページをお願いいたします。  中学校校内ネットワーク整備事業債で1,750万円を新規計上充当率は100%でございます。  

東浦町議会 2020-03-09 03月09日-05号

それに当たって、発行なんですが、小学校中学校、この起債借金政府債を使っていくと思うんですけれども、正確に金利含めて、何年間の返済なのか含めて、これもこういう機会ですので、親切に当初から説明いただくと、非常に反省しているなというのか、政府のやり方がけしからんのかというのが町民に分かっていくということで、余りいい話じゃないけれども、こういうことは多いに明らかにしていく、こういう姿勢が私は必要

扶桑町議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2日 3月 9日)

一方で、この3年後、4年後、5年後という中で、いろいろそれから基金の部分につきましては、かなり取崩しを行いながらやっていくということで、かなり大変になってくると思います。この辺の基金への見通しについて、もう一度お尋ねしたいと思います。 ○議長(千田利明君) 鯖瀬総務部長

阿久比町議会 2020-03-05 03月05日-02号

2点目は、現在のこの阿久比町、財政調整基金、つまり一般家庭でいうと預金と、借金残高は幾らなの。それに対して行政はどのように評価をしているものかという点であります。 3点目は、令和2年度新たな新年度予算を組むに当たって、経済見通し歳入など本町の状況分析、いわゆるどう捉えているかについてお答えをいただきたい。これが前段の質問であります。 

東浦町議会 2020-03-02 03月02日-01号

は、前年度と比べ7.6%減の6億4,200万円余りで、都市計画道路整備事業債9,700万円余り道路改良事業債2,800万円余り都市公園整備事業債1億400万円余り学校施設整備事業債6,100万円余り臨時財政対策債3億5,000万円を計上いたしております。 続いて、歳出でございますが、第6次東浦町総合計画で定めた5つの施策大綱ごとに、主に新規事業について説明させていただきます。 

武豊町議会 2020-03-02 03月02日-01号

なお、令和年度予算におきましては、景気の動向に鑑み、町税の若干の減収を見込む中、将来を見据えた大規模事業等推進のため、一般会計では10億2,870万円のを予定いたしました。 また、繰入金につきましては、財政調整基金から約7億8,800万円、砂川会館運営基金から約25万円、教育施設等整備事業基金から約1億1,000万円の繰入れを予定いたしました。 

扶桑町議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第1日 3月 2日)

22款でございます。  1目民生債は、児童館建設事業債として3億790万円、充当率は75%及び80%、2目土木債は、主要幹線道路整備事業債が3,600万円、充当率で90%、貯留槽設置事業債が6,830万円で、充当率90%です。  3目消防債でございます。防災行政無線移動系デジタル更新事業債で2,670万円、充当率は100%でございます。  56ページをお願いいたします。  

東郷町議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-23

下段の表、説明欄小学校建設等事業債及び中学校建設等事業債は、それぞれ小学校及び中学校特別教室等空調設備を整備するための小学校空調設備整備事業及び中学校空調設備整備事業に対する補正するものでございます。  続いて、歳出について説明いたします。  12ページをお開きください。  

豊川市議会 2019-12-06 12月06日-04号

一宮町との合併前、豊川市市税収入163億7,000万円、基金総額23億4,000万円、市債残高426万4,000円、旧宝飯郡4町を全て足した額で言いますと、町税総額は85億5,000万円、基金総額は27億9,000万円、残高は180億4,000万円、合計で言いますと市町税収入は2,49億2,000万円であり、基金総額は51億3,000万円、市債残高606億8,000万円、県下の位置づけは大変厳しい

東浦町議会 2019-12-04 12月04日-01号

21款1項2目土木債は、社会資本整備総合交付金減額交付決定に伴う事業費減額にあわせ減額するものでございます。 次に、16、17ページをお願いいたします。 3の歳出について説明させていただきますが、各款で人事異動に伴う給与、各種手当共済費、賃金の補正など、人件費調整による増減、事業費の確定による執行残減額をお願いしております。