433件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊田市議会 2020-03-06 令和 2年予算決算委員会( 3月 6日)

環境部部長小澤都司子) まずは、スマートハウス次世代自動車普及促進CO2吸収源である人工林健全化など、これまでの環境モデル都市取組を着実に実施するとともに、加速化を図っていきます。  加えて、ゼロゼロ大作戦によるCO2削減取組市民団体事業者と連携して拡大していきます。  

豊田市議会 2020-02-28 令和 2年 3月定例会(第5号 2月28日)

ほかにもウエールズの新聞社旅行代理店、テレビ局、オーストラリアの雑誌社、マレーシアの旅行社などを招聘し、環境モデル都市、SDGs未来都市としての先進技術や、本市の豊かな自然、伝統的な町並みなどを紹介をいたしました。  また、イタリアの著名なSNS発信者と元ラグビー代表選手を三州足助屋敷猿投温泉などに案内した結果、本市の魅力を情報発信していただくことができました。  

豊田市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会(第4号 2月27日)

今後環境モデル都市である本市において、森林整備の仕組みをしっかりと確立し、その資源活用した革新的な研究開発が進められ、そのイノベーションが世界のテクノロジーをリードする、そんな未来産業研究開発拠点などが産官学の協力によって立地されることを期待し、大項目1の質問を終わります。  続いて、大項目2、2020年豊田国際紙フォーラムについて質問させていただきます。  

豊田市議会 2020-02-26 令和 2年 3月定例会(第3号 2月26日)

平成21年1月に、本市は、環境モデル都市として国から認定され、低炭素社会実現するため、企業や大学などと連携をとりながら、さまざまな先駆的な取組を進めてまいりました。特に、とよたエコフルタウンは、国の内外から多くの方が視察や見学に来られ、昨年の12月には来訪者が30万人を突破したとお聞きしています。  

豊田市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3号12月10日)

本市は、平成21年1月に環境モデル都市に国から選定され、第8次豊田総合計画環境分野での基本施策には、人と自然が共生する環境にやさしいまち実現を目指し、低炭素社会循環型社会自然共生社会環境配慮行動の目指す姿を示し、さらに循環型社会では、市民事業者ごみ減量資源有効活用に取り組むとともに、廃棄物の適正な処理を理解し実践しているとし、将来を見据えたごみ処理体制確保減量化資源化の促進

豊田市議会 2019-09-03 令和元年 9月定例会(第3号 9月 3日)

そして、平成21年には環境モデル都市に選定され、平成24年には東海丘陵湧水湿地群ラムサール条約湿地に登録されるなど、本市環境分野において国内外から注目されるまちとなってきました。  しかしながら、このころからごみ排出量はふえ始め、平成27年度には14.5万トンまで増加し、さらにその後も増加傾向をたどっていくことが予測されています。  

稲沢市議会 2019-08-23 令和元年第 4回 9月定例会-08月23日-02号

環境未来都市環境モデル都市における先進的な取り組み事例は、各自治体においてSDGsに取り組む際のわかりやすいモデルになるものであります。そして、環境未来都市構想をさらに発展させ、新たにSDGsの手法を取り入れて戦略的に進めていくことも有効であるのではない のかなあというふうに考えます。  

豊田市議会 2019-08-05 令和元年企画総務委員会( 8月 5日)

環境モデル都市その他の施策がばらばらになっている感じがある。しかし、岡山市の場合は、ESDに一本化したことで、市民への理解も得られやすく継続しやすい点が参考になった。 香川県高松 ≪データ利活用型スマートシティ推進事業≫  ・高松市はさまざまな事業を行い、実証実験を行い、実装につなげていることが非常にすばらしい。本市もいろいろな実証実験を行っているが実装につながっていない。

豊田市議会 2019-06-10 令和元年 6月定例会(第2号 6月10日)

○29番(板垣清志) それでは、次に、小項目2点目、本市のこれまでの取組との関連についてですが、本市は、これまで進めてきた環境モデル都市スマートシティ、また、現在取り組んでおりますSDGs未来都市など、さまざまな先進的な取組を進めておるところでございます。  そこで、本市のこれまでの取組との関連についてお聞かせをください。 ○議長杉浦弘髙) 安田部長

豊田市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第4号 2月27日)

親から子へ、子から孫へつなぐというテーマを掲げ、ものづくり産業都市豊田環境モデル都市豊田、そして、文化都市豊田であると誇れるような市民行政一体となり、まちづくりを進め、より一層力を注いでいただくことを願いまして、私の全ての質問を終わらせていただきます。  ご清聴ありがとうございました。 ○議長(鈴木 章) 以上で16番、北川敏崇議員質問を終わります。

豊田市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第3号 2月26日)

豊田市は平成21年に国から環境モデル都市に選定され、以降活力ある低炭素社会実現に向けて、エネルギー環境分野において先進的な取組を展開されてきました。  平成22年の次世代エネルギー社会システム実証地域の選定においては、産学官が連携して先進技術実証に取り組むという、新しい枠組みの先進事例として全国から注目を集めました。

犬山市議会 2018-11-05 平成30年11月定例会(第4日11月 5日)

それから、先ほど切り口としては、やっぱり環境問題との兼ね合いで、自転車利用ということが進められているのでは、自転車利用環境モデル都市開成町、神奈川県だったと思いますけれども、人に優しいサイクルシティをうたっていますし、秋田県の能代市では、環境に優しい自転車まちづくりですとか、堺市も自転車まちづくり推進条例をつくって進めています。