179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長久手市議会 2019-10-08 令和元年第3回定例会(第4号10月 8日)

また、公園内には手つかずの雑木林や湿地帯がある。これは資産である。共生ステーション整備後は、その資産を生かし、市民市民が自然と触れ合い、めでながら、散策路やビオトープをつくり、故郷の公園として愛着を持って憩い親しむ市民協働公園づくりを行わないか。  (7)南小校区共生ステーションの整備で、公園への来園者も必然と増加し、車での来園者もふえると予想できる。

稲沢市議会 2019-06-17 令和元年第 3回 6月定例会-06月17日-04号

それで稲沢市が明治時代はどんなような地形だったのか、例えば沼とか湿地だったとかそういうことがわかるコーナーがございまして、このような情報を、なかなかこれうまく説明しないといけないかもしれませんが、このようなことをやっぱりお伝えして、 先ほど液状化が、市内ほとんど全域が30以上ということもございましたが、先ほどの清田区の話じゃないですけど、やっぱり特殊なところは被害が大きくなるというふうに考えられますので

豊明市議会 2019-06-01 令和元年6月定例月議会(第3号) 本文

豊明市でも生物多様性という観点から、大狭間湿地土地を購入し、貴重な動植物を生息できる自然環境の保全を続けております。  今後、緑の基本計画を改定する際には、生物多様性に配慮した緑の基本計画策定の手引を参考にし、生物多様性の確保に配慮した計画となるよう作成していきたいと考えております。  

長久手市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第4号 2月25日)

景観条例によって、市の東部の里山の保全、そして二ノ池湿地群、それから香流川の水辺空間など、美しい長久手市の景観を次世代に引き継ぐために景観づくりを進めていくっていうことはよく理解できるんですけども、低層住宅で落ちついた町並みの中に、突如、45メーターぐらいの高層マンションが建って、町並みの景観が大きく悪化するようなことに対しては、今後どのように本当、対処していくのか。

名古屋市議会 2018-10-09 10月09日-21号

このほか、湿地提携交流事業の取り組み内容、騒音規制の対象施設及びその施設から発生する子供の声等に対する当局の認識、木曽川水系連絡導水路事業への出資に対する当局の認識、資源ステーションでの事故件数及び保健環境委員から寄せられた要望、住居の不良堆積対策に係る対応、各区の災害用トイレの備蓄状況、リチウムイオン電池による発火事故件数の傾向と南陽工場の火災対策などについても触れるところがあり、委員からは、ラムサール

豊田市議会 2018-09-18 平成30年予算決算委員会 地域生活分科会( 9月18日)

具体的には、市南西部の人口が集中し、低地や湿地を含む地域について50メートルメッシュでの表示を行っていることや、愛知県が行った約2,500箇所のボーリング調査データに約3,500箇所の調査データを加えた合計約6,000箇所の調査データを活用して、より詳細な地震地盤の分布を確認し、液状化の危険度を表示しております。  

豊田市議会 2018-09-13 平成30年予算決算委員会 環境福祉分科会( 9月13日)

○分科会委員(根本美春) 予算執行実績報告書262ページ、8款5項7目自然保全費、3自然保護費、(6)湿地保全促進費とありますけれども、ここにかかわってであります。これは湿地保全促進費ということで、ラムサール条約のことなどが書かれておりますけれども、豊田市では豊田市生物調査報告書における生物多様性保全についてということで今回お聞きしたいと思います。  

犬山市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第3日 9月10日)

管理指導業務は、犬山市文化財保護審議会委員であり、樹木医学を専門とする林進氏に委託し、林氏の指導助言のもと、害虫対策、枯れ枝の剪定、付着コケ類の除去、樹勢の維持、回復処理、湿地帯の環境整備を数年行っております。  また、除草業務については、自生地に隣接し、かつ愛知県内でも数少ない貴重な植生環境が残る場所でありますので、専門的な知識や経験を有するNPO法人犬山里山研究所委託しています。

豊明市議会 2018-09-01 平成30年9月定例月議会(第5号) 本文

また、文化財保護では、市制45周年の記念として、念願の大狭間湿地の買い取りを行いました。多くの方々の寄附などの浄財も原資となっていると伺いました。豊かな自然、貴重な生態系を感じられるこの地を確実に次の世代に引き継いでいくのだという象徴的な事業になったと感じております。  文化会館については、これまで続けてきた大規模改修工事を一旦完結させることができました。

豊田市議会 2018-06-15 平成30年環境福祉委員会( 6月15日)

取組内容(2)ラムサール湿地の保全及び賢明な活用です。  ラムサール条約湿地に登録されている3箇所の湿地を保全するため、湿地保存会や自治区などの地域団体による保全活動を支援するとともに、学校教育観光事業などと連携した事業を実施いたします。  50ページをお願いいたします。  項目番号4、ごみの減量化・資源化及び適正処理の推進です。  取組内容(1)食品ロス削減への取組です。  

豊田市議会 2018-03-20 平成30年予算決算委員会( 3月20日)

次に、環境福祉部門の環境部関連では、低炭素社会、自然共生社会、循環型社会安全・安心社会の実現を目指し、市民活動団体と共働で行う資源の分別・利用マニュアルの作成、ラムサール条約湿地生態系を守るための保全活動など、次期豊田市環境基本計画の着実な推進に向けて一人ひとりの環境行動の促進や、市民、事業者、行政の共働による新たな施策展開がなされるものとして高く評価します。  

豊田市議会 2018-02-28 平成30年 3月定例会(第4号 2月28日)

特徴的な取組としては、エコライフを推進する買い物袋持参運動や、環境技術の普及促進を図る次世代自動車の購入補助環境学習を推進するエコット、自然観察の森の整備、生物多様性保全を象徴するラムサール条約湿地の保全活動などが挙げられます。  平成30年度からは、今後求められる環境課題の解決に向け、新たな環境基本計画をスタートさせ、引き続き、環境施策を総合的かつ計画的に進めてまいります。  以上です。

犬山市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第4日12月 8日)

それからあと、湿地を守るということは、その部分だけを守るんじゃなくて、その周辺の環境をそのまま守るということが大切だというふうに思います。市の自然環境の保全に対する考えをお示しください。 ○副議長中村貴文君) 答弁を求めます。  永井経済環境部長。    〔経済環境部長 永井君登壇〕 ○経済環境部長(永井恵三君) それでは、ご質問にお答えしたいと思います。  

犬山市議会 2017-12-07 平成29年12月定例会(第3日12月 7日)

このマメナシというのが、朝日池の、朝日池は羽黒地区にあるんですけども、そのすぐ上の湿地に生えているということでございますので、非常にこれも貴重な植物ですので、何とか保存ができないかという、スズサイコの会のメンバーの皆さんを中心に、そういうお話を伺いました。市として協力できないのかお尋ねをいたします。 ○副議長中村貴文君) 答弁を求めます。  永井経済環境部長。    

豊田市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第4号12月 6日)

次の中項目、事業区域内の花山湿地の保全について質問します。  用地造成事業の区域内にある花山湿地周辺に愛知県レッドリストに掲載されている希少種が存在していると思いますが、どのようなものがあるのかお答えください。 ○議長(三江弘海) 田口環境部長。 ○環境部長(田口厚志) 花山湿地周辺にレッドリストあいちに掲載されている種が存在することは承知しております。  

長久手市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第4号12月 6日)

それと既存の水路ですが、豊富な水量があるのですが、これの維持管理にはやっぱり相当な労力がかかるということで、高齢者の方々には、細々と水路を直すというだけでは追いつかない状況になってきておりまして、この水路からあふれる水、それから湧水も豊富ですので、田、あぜ、それから耕作道が湿地のようになってしまって、そこへなかなか踏み込めない、こんなような状況にもなっております。

犬山市議会 2017-09-21 平成29年建設経済委員会( 9月21日)

実績としては、中に遊歩道をつくっておりますので、遊歩道の整備を、それから、看板などの清掃、それから、丸太橋の補修用の間伐材の皮むき等、草刈り、湿地の草刈りですとか、そういったようなことを事業として行っております。  以上です。 ○委員長(後藤幸夫君) 稲垣委員。 ○委員(稲垣民夫君) 年間39回ということでして、1カ月に直すと約3回ですね。