24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

小牧市議会 2021-03-05 令和 3年 3月 5日総務分科会−03月05日-01号

令和2年度では、まず3億2,400万円と見込んでおりまして、令和3年度以降は、マイナス影響額が増額、つまりマイナスがもっと大きくなるということになるんですけれど、それは法人市民税収全体が少なくなると影響額自体も縮小してきますので、必ずしも一定額が減額となるわけではないという形で認識をしております。  以上です。 ○分科会長   ほかに発言はありませんか。               

刈谷市議会 2020-06-26 06月26日-03号

今回のコロナ感染防止による自粛によって、事業所収益悪化は既に昨年度末頃から影響が出ており、今年度は法人市民税収見込み下方修正や、来年度以降は法人市民税に加え、個人市民税地方消費税交付金にも影響を及ぼすことは必至と考えます。これがどれくらいの影響を及ぼすのか、また、どれくらいの期間続いていくのか不透明ですので、過去の事例を参考に確認させていただきたいと思います。 

みよし市議会 2013-09-10 平成25年第3回定例会(第2号 9月10日)

政策推進部長鈴木光広) 平成26年度の歳入予算見込みとしましては、経済情勢を見ますと、今、市民部長が申し上げましたとおり徐々には回復傾向ではありますが、本市法人市民税収につきましては、その前に申し上げましたとおり来年度も大幅な改善を見込むことはできず、厳しい状況が続くと判断しております。

瀬戸市議会 2011-12-01 12月01日-02号

個人市民税収は20年度と22年度を比較すると約11.6%の減で、約9億1200万円・法人市民税収は19年度と22年度を比較すると23.9%の減で約3億3600万円が減少しています。この減少に対しそれぞれどのように分析しておられるか、また23年度の予測はどのような税収入額になると見込んでいるのか伺う。    

西尾市議会 2010-09-01 平成22年9月定例会(第4号) 本文

21年度には、自動車関連産業アメリカ発の不況からV字で回復し、現に固定資産償却資産に係る税額は大幅に伸びていることからすれば、設備投資は進んでいるのにかかわらず、法人市民税収については伸びませんでした。市では捕捉しかねるということですが、大企業には、この間の連結納税制度欠損金繰越控除制度で、赤字を後の黒字と相殺できるためではないかとも思われます。

安城市議会 2009-06-11 06月11日-02号

トヨタグループ各社の3月期連結決算が発表されまして、大幅な減産などの影響各社が減益となり、本市法人市民税収への影響として、当初予算見込み時点と現時点でずれが生じているのではないかと心配しておりました。このたびの6月補正予算では、過年度過誤納還付金及び還付加算金として5億円が計上され、当初予算の10億円と合わせてて15億円を還付する予定になっています。

安城市議会 2008-12-04 12月04日-02号

          2 雇用対策について          3 妊産婦健診の現物給付について          4 病児夜間保育について          5 自転車の交通安全対策について          6 市営住宅連帯保証人について          7 根羽村との交流について       20番 深津忠男議員          1 平成21年度財政見通しについて           (1) 法人市民税収

日進市議会 2008-09-26 09月26日-05号

国による法人税率引き下げで、法人市民税収は抑えられてきた経過があります。昨年度の決算議会で、資本金1億円以上、納税額500万円以上の法人に14.7%の課税をした場合、約6,300万円の増収が見込まれるとの答弁がありました。財源確保として、法人市民税制限税率14.7%への引き上げ、不均一課税の導入をするべきだったと考えます。 そして、住基ネットに接続を続けていることです。

稲沢市議会 2007-03-08 平成19年第 2回 3月定例会−03月08日-02号

19年度当初予算でも明らかなように、稲沢市の法人市民税収は伸びそうです。しかし、市民の可処分所得はあまりふえていない。個人消費の伸びに力強さに欠けるところが、政府が完全な景気回復宣言を出せない一番大きな原因だと思われます。  そこで、稲沢市において格差は広がっているのかどうか、二つの視点からその実態について質問をいたします。  一番最初に、生活保護実態に見る格差について。  

稲沢市議会 2006-09-14 平成18年第 4回 9月定例会-09月14日-目次

者 ………………………………… 217  議会事務局職員出席者 …………………………………………………………………… 218  開   議 ………………………………………………………………………………… 220  (質疑及び一般質問)  加藤錠司郎君 ……………………………………………………………………………… 220   1.財政について   (1)18年度地方交付税について   (2)18年度法人市民税収見込

豊田市議会 2005-03-11 平成17年 3月定例会(第4号 3月11日)

それによりまして豊田市の法人市民税収影響があったのかどうか。それに関してもしあったとしますとどのくらい影響があったのかお聞きをしたいと思います。  それから、歳出も1点のみお願いをいたします。  10款教育費でございますが、この中、毎年、私いろいろご指摘をさせていただいているんですが、美術品購入費2億5,000万円でございます。

  • 1
  • 2