9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岩倉市議会 2009-03-13 平成21年第1回定例会(第 4号 3月13日)

今年度につきましては、工法を推進から変えまして、工法というとり方をやっております。たまたま地域の方に大変御迷惑をおかけしたのは、今横江議員さんが言われたとおり、埋設管の取りつけがうまくいかなかったと。要は縦に掘っていくわけですが、管をくっつけていくわけです。棒を入れて押さえていくんですけど、ちょうどはまらなくて無理やりに押したという報告を受けております。

岩倉市議会 2007-12-10 平成19年第4回定例会(第 5号12月10日)

款2項1目1下水道建設費につきましては、3,750万7,000円の増額をお願いしておりますが、これは職員の給与改正人事異動等により349万3,000円を減額し、工事請負費公共下水道汚水幹線管渠工事の一部工法開削工法から工法に変更しますので、その変更に伴う4,100万円の増額をお願いするものでございます。  

江南市議会 2004-06-18 06月18日-03号

施工方法開削工法ですから、上から掘ってあけていますので、その後、仮復旧をやっておるわけですよね。今、その跡が残っていますから、あそこを通る方はわかると思うんですが、道路の半分ぐらいを仮復旧やっていますから。一般的にお聞きしたいのは、まず仮復旧の考え方でありますが、それを説明していただけますか。

江南市議会 2003-09-16 09月16日-05号

次に、公共下水道工事とあわせて行う配水管布設がえ工事契約種別随意契約指名競争入札の2通りあるが、その使い分けは何かとの質疑があり、下水道工事掘削溝水道管を同時に施工する場合は随意契約を行い、下水道工事特殊工法工法で同一掘削溝に施工することができない場合は、別工事として指名競争入札を行っているとの答弁がありました。 

江南市議会 2003-06-09 06月09日-01号

工事施工方法は、開削工法の一種であります工法により、管径 300ミリメートルの管を布設するものであります。 もう一つは東部汚水号幹線の第3工区であり、工事箇所は、これも前年度に手がけました第2工区の延長であり、北野町地内の市民文化会館西出入り口付近から北へ延長 167メートルの区間であります。工事施工方法は、これも工法で行い、管径 250ミリメートルの管を布設するものであります。 

岡崎市議会 1995-06-14 06月22日-15号

続きまして、第65号議案工事請負契約について(都市下水路築造工事)」では、「メートル単価が高いようだが、特殊な工法で施工しているのか」との質疑に対し、「地盤が軟弱であるため、従来の工法だと隣接する家屋に影響を与えるおそれがあり、工事費は多少高いが、工法という新しい工法を採用した」との答弁がありました。 

  • 1