37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

みよし市議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第3号12月 8日)

今後につきましては、施設使用料窓口手数料などをはじめとしたその他の公共料金につきましても情報セキュリティー管理個人情報保護などの安全性システム改修費などの導入に必要な費用、また、決済方法の選定など、様々な検討課題を整理しながら、市民の皆様が便利で安心して利用できるキャッシュレス決済導入に向け、検討を進めてまいりたいと考えております。以上です。

一宮市議会 2020-09-08 09月08日-02号

先日発行されました広報9月号の市長メッセージでも、この話題が取り上げられておりましたが、改めて現金以外で支払いが可能なものはどのような収入があるのか、その決済方法も含め主なものを御紹介願います。また、本庁舎をはじめ、どのような施設で収入しているのかも、併せてお伺いしたいと思います。

蒲郡市議会 2020-09-07 09月07日-02号

キャッシュレスによる決済方法といたしましては、少し前まではクレジットカードデビットカードが主流でございましたが、最近では、交通系ICカードタッチ型カードQRコード決済が挙げられます。 蒲郡市内キャッシュレス化現状につきましては、決済方法多岐に渡っていること、情報保護観点から決済会社等から情報を得られないことから、詳細な情報を把握できておりません。 

東海市議会 2020-09-02 令和 2年 9月定例会 (第2日 9月 2日)

こうしたことを踏まえ、キャッシュレス決済導入に向けて、ICカード決済QRコード決済などの多様化する決済方法サービス実施主体の中で費用効果の高い決済方法の精査や関係システム機器類といった環境整備費などの財源の確保、手数料負担の在り方などといった解決すべき課題も整理しながら検討を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

岡崎市議会 2020-02-28 02月28日-02号

キャッシュレス決済には、ほかにはQRコード決済など多数の決済方法がありますが、情報管理脆弱性の問題など課題もあると認識しております。 今後につきましては、今年度から始めたクレジット納付効果検証を行うとともに、QRコード決済を初めとした他のキャッシュレス決済についても調査研究していきたいと考えております。 以上でございます。 ○議長簗瀬太) 永田総合政策部長

一宮市議会 2019-12-11 12月11日-04号

その他の決済方法につきましても、情報収集を行い、利便性が高く効果的なものについては、順次導入をしていく予定でございます。 ◆6番(尾関哲君) 市税等についても、クレジットカードPayBによる収納など、キャッシュレス決済が始められていることがわかりました。 PayB導入については、以前、各議員宛て案内資料をいただいておりましたのでよく覚えております。

小牧市議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会-12月10日-02号

小牧商工会議所におきまして、今年8月から10月にかけて開かれた市職員も参画している商品券事業検討会議で、現状商品券課題は、乱立している「~PAY」を初めとするキャッシュレス決済ポイント還元等キャンペーンと比較すると、商品券プレミアム率10%の魅力が低下している、6カ月の期間では利用できる期間が短く他の決済方法と比べて利便性が低い、店主の高齢化換金等の手間がかかり過ぎるなどの課題があり、見直

犬山市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第2日12月 5日)

私自身、今後、さらにキャッシュレス決済は進むものと考えており、クレジットカードだけではなく、スマートフォンを使ったQRコード決済バーコード決済など、決済方法多岐にわたるようになると考えています。特に昨今ではポイント還元事業が行われていることもあり、買い物に行く前にチャージしてから行かれるという話もよく聞きます。  

尾張旭市議会 2019-12-03 12月03日-02号

キャッシュレス決済方法には、実は3つあるかと思います。1つ目が従来型のクレジットカード2つ目電子マネーですね、ぴっとやるやつですね。最近はやりがこの3つ目バーコード決済、それぞれ特徴、特性があるため、一言でキャッシュレスといっても向き不向きを把握した上で導入していかなければならないと思います。 それで、利便性向上業務効率向上の視点から、4つほど小項目を伺ってまいりたいと思います。 

新城市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会(第3日) 本文

検索エンジンもSNSも旅行サイトも当然決済方法全部やるの無理です。まず1つやれるところからということで、1つ新城市のインバウンドの施策の入り口として、ちょうど県がこういうオンライン旅行社の最大手と協定を結んで力を入れていくというこういうタイミングを新城インバウンド戦略入り口として取り組んでいくというのは、私正しい近道のような気がするんですよね。

名古屋市議会 2019-06-21 06月21日-14号

二次元コード決済や、我が党の西川先輩議員からICカードモバイル化、これをずっと本会議でも質問をさせていただいておるところでございますが、そういったもの、あるいははたまた新たな技術の発達によりまして、また別の決済方法が今後出てくるかもしれませんが、いずれにいたしましても、市営交通に限らず本市が行うさまざまなお金のやりとりのキャッシュレス化市民サービス観点からも今後の課題かと思います。 

  • 1
  • 2