13442件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2036-09-30 09月30日-05号

本市においては、これまでも業務の内容や責任の程度を考慮し、任期付職員非常勤嘱託員、また再任用職員など多様な任用を進めてきた。 今回の会計年度任用職員制度の導入に当たっても、簡素で効率的な行政体制の実現に向けて、多様な任用形態それぞれの特性と必要性を十分に吟味した上で、適正な人員配置に努めたいと考えている。』との答弁がなされました。 では、採決の結果を申し上げます。 

豊橋市議会 2035-12-03 12月03日-02号

そこで、ア、「2万人で踊る五輪音頭」実施までの経緯と、本市職員関わりについて イ、野村ホールディングス株式会社関連会社豊橋まつり振興会豊橋市との金銭の授受、及びその金額と、本市職員関わりについて ウ、野村ホールディングス株式会社単独主催として発表したことへの認識、対応と、本市職員関わりについて エ、野村ホールディングス株式会社の「単独主催」であることの、踊り手への事前説明の有無と、本市職員

田原市議会 2031-06-14 06月14日-03号

企画部長石川恵史) 本市ふるさと納税について、2点の御質問をいただきましたので、順次お答えをさせていただきます。 まず一つ目の御質問ふるさと納税現状についてお答えをいたします。 御案内のとおり、ふるさと納税制度は、平成20年1月から運用が開始されており、本市においても制度開始と同時に活用をさせていただいております。

豊橋市議会 2025-12-13 12月13日-04号

本市地域下水道事業において、地方公営企業法で定める公営企業会計手法の適用を行う必要性を聞きたい。』との質疑があり、それに対して、『本市地域下水道事業が、必要な住民サービスを将来にわたり安定的に提供していく上では、独立採算を原則とする地方公営企業会計手法を適用し、中長期的な視点に立ち、より経営の効率化健全化を推進する取り組みが必要であると認識している。

田原市議会 2023-08-30 08月30日-01号

初めに、提案理由でございますが、本案は、臨時職員非常勤職員全体の任用根拠明確化及び適正化を図ることを目的として、平成29年5月に地方公務員法及び地方自治法の一部改正が行われ、一般職の「会計年度任用職員制度」が創設されたことに伴い、本市において令和2年4月1日から「会計年度任用職員制度」を導入するため、会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する必要事項を定める条例の制定をお願いするものでございます

田原市議会 2021-09-24 09月24日-04号

議案第81号について、附則第4条で、特定地域型保育事業者連携施設確保についての経過措置期限を5年から10年に延長する理由は、との質疑に対し、特定地域型保育事業者による連携施設確保が困難となっていることから、国の基準省令により経過措置期限が延長されたことに伴うもの、との答弁が、本市特定地域型保育事業者開設状況は、との質疑に対し、主に乳幼児の受け皿となる特定地域型保育事業者は、現在本市には

瀬戸市議会 2021-09-05 09月05日-04号

② 都市交通マスタープランにおいて外環状道路網の形成については、平成19年に策定された本市都市マスタープランで示されたものと変わりはなく、本市の将来を見据えた計画でありながら、長い間未着手のままである。東部環状線の北進・環状北部線や第3環状線について現在どのような考えを持っているのか。それぞれ企業誘致や一体の企業団地の物流など周辺の情勢も変化し、道路整備が待望されている。

田原市議会 2021-09-04 09月04日-03号

次に、これまで本市で実施してきたPFI事業炭生館及び給食センター)の成果と課題についてお伺いいたします。 4年前の市長公約については、田原福祉専門学校看護学部の創設についてと、副市長2人制についてお伺いいたします。市長の1期目の任期4年が終了し、2期目の市政運営が進められているところでありますが、ここで改めて、市長就任1期目の公約について伺います。 

田原市議会 2021-06-13 06月13日-02号

本市においても状況は変わらず、田原人口ビジョンにもあるように、このまま何も手だてを打たなければ、2040年の総人口は5万人前後となり、今後20年間で1万人近くの人口が減少する見込みであります。 本市財政状況は、合併算定替えの縮減と法人市民税税率改正により、大幅な減収が見込まれ、厳しい財政状況となっております。

瀬戸市議会 2020-12-18 12月18日-05号

初めに、第62号議案令和年度瀬戸一般会計補正予算(第6号)を議題とし、総務生活分科会では、「2款1項28目災害対策費について、国土強靱化地域計画を行った経緯について伺う」との質疑に対し、「本市は、これまで未策定であったが、近年、毎年のように自然災害が起きている。住民のとうとい生命と財産を守るため、さらに、瀬戸市の地域条件に応じた施策計画的かつ総合的に推進するため、策定に取り組む。

田原市議会 2020-12-16 12月16日-04号

元旦には、本市練習拠点を置くトヨタ自動車陸上長距離部ニューイヤー駅伝で4年ぶりの王座奪還に、また、8月には同部所属服部勇馬選手東京五輪男子マラソンでのメダル獲得を目指し、世界の強豪たちにそれぞれ挑むこととなります。これらの挑戦がすばらしい結果となることを願っておりますが、私自身も彼らのように高みを目指し、果敢に挑戦する気持ちを忘れずに市政運営に臨みたいと考えております。 

瀬戸市議会 2020-12-05 12月05日-03号

研修を受けた方が続けて本市で活躍できるように、本市から流出してしまうことが無いようにどのような対応をされているのか伺う。    ② 平成11年にオープンした当初は陶磁器産業の優れた技術を継承し、新産業としてガラス産業の育成を目指す。とされていたが、現状本市での活躍されている方が、17名ということを鑑み、費用対効果という点で、この目標はどの程度達成されたと考えているのか見解を伺う。