129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西尾市議会 2020-02-04 2020-02-04 令和2年 企画総務部会 本文

働き方改革関連法が施行されたことに伴い、時間労働の上限規制や年次有給休暇の確実な取得が強く求められ、職員の個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方が選択できるようにしていく必要が生じています。また、行政ニーズの多様化や高度化などにより、職員1人当たりの業務量の増加が想定される中で、行政のスリム化が求められています。  

扶桑町議会 2019-12-20 令和元年第6回定例会(第5日12月20日)

多くの福祉保育職場では、労働基準法上の休憩や休暇、時間労働について法令遵守がされていない。  配置基準を見直し大幅な人員増を行うことや、将来も働き続けられる見通しが持てる大幅な賃金の引き上げができなければ、福祉保育職場での人材定着・確保は困難で、憲法25条にある人権保障もできない。職員・利用者そして家族も、ともに人権侵害をされている状況である。  

稲沢市議会 2019-12-10 令和元年第 6回12月定例会-12月10日-03号

変形労働時間は、恒常的な時間労働がないことを前提とした制度だと。これは、変形労働時間を導入した際の労働基準局長の通知です。しかし、教員は、先ほども言いましたように、恒常的に長時間労働、残業をしていて、教員に変形労働時間制を導入する前提がないことは私は明らかだと思います。  

西尾市議会 2019-09-13 2019-09-13 平成30年度決算特別委員会(第5日目) 本文

303 ◯市民病院事務次長(西尾隆治) 平成31年3月、厚生労働省がまとめました医師の働き方改革に関する検討会の報告書では、連続勤務時間制限でありますとか、勤務間インターバルなど、医師時間労働の規制の具体的なあり方や労働時間の短縮策等について、改革案が示されたところでございます。

知立市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第5日 9月12日 質疑)

また、明らかに上限を超えた過度な時間労働の勤務があった場合には、その要因をしっかりと分析をし、業務配分や人員配置の見直しなど、適切な対策を考える必要があると思っておりますので、知立市組織の全体として、こういった中で時間外勤務の削減に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(田中 健)  17番 牛野議員

知立市議会 2019-06-18 令和元年市民福祉委員会( 6月18日)

具体的には時間労働の上限を原則月45時間、年360時間に設定、繁忙期など特別な事情がある場合でも年720時間、1カ月100時間未満、2カ月から6カ月の平均で80時間以内に制限するなどあります。  経営者のもとでスムーズに実行されれば、より一層ここで言う、労働者の働き方が安心なものとなると思います。働き方改革も施行されて、今一つずつ実行されつつあります。

稲沢市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会−03月25日-05号

これは、労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を満たすべきものではないと定める労働基準法に、過労死ラインの上限を定めることは、過労死ラインの時間労働の合法化です。  最長時間まで働かなくてもいいように、市の職員の定数をふやして、長時間労働をさせない業務量、業務内容にするべきです。  

小牧市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日総務委員会−03月12日-01号

これにより、民間労働者については、いわゆる36協定で定める時間労働の上限等が定められ、平成31年4月から施行されることとなります。  これに伴いまして、国家公務員につきましては、民間労働法制の改正を踏まえ、時間外勤務命令を行うことができる上限を、「一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律」に基づき、人事院規則で定めることとなりました。  

大府市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-03号

現在は、手書きや個々のパソコンによる記入をしている出退勤簿ですが、これをタイムカードやICカードなど、記入の実務を減らし、時間労働の把握をするためにも、早急に導入が必要と考えます。  そこで、質問です。  2項目目、教員労働時間を把握するため、ICカードなどの導入に向けての検討はどのようにされているか、お答えください。  

みよし市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第4号 3月11日)

働き方改革関連法案は、医師への本格的適用は2024年4月からでありますが、これまでは青天井であった医師時間労働が是正され、年々低下してきた利益率がさらに圧迫されます。コスト削減や常務効果率など、生産性を上げる努力が急務であると思いますが、その取り組みはどのようですか。 ○議長(塚本克彦議員) 酒井病院事務局長。

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

◎市長公室長(篠田智徳君)  働き方改革関連法では、時間労働の上限規制、年次有給休暇の確実な取得、中小企業の月60時間超えの残業に対する割り増し賃金率の引き上げ、フレックスタイム制の拡充、産業医産業 保健機能の強化、勤務間インターバル制度の導入促進、正規雇用者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の禁止などがございます。以上です。

稲沢市議会 2019-03-04 平成31年第 1回 3月定例会-03月04日-01号

最初に、議案第1号稲沢市職員勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律が制定され、時間労働の上限規制等が導入されることに伴い、正規の勤務時間以外の時間における勤務の上限を別途規則で定めるため、改めるものでございます。  

犬山市議会 2018-11-07 平成30年11月定例会(第6日11月 7日)

一般質問でも岡議員のほうから時間労働だったり職員に関しての質疑があったと思うんですが、今回、補正で出てきています時間外手当について、詳しく申しますと、款項目で行くと、2款1項1目一般管理費200万円を超えるもの、それから、8款1項1目職員手当のところで300万円を超える、これが増のほうであります。