402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知立市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 6日 質疑)

○14番(高木千恵子)  予防接種委託料2億5,643万8,000円の内訳、4種混合ポリオ肺炎球菌ワクチンBCG麻疹日本脳炎、B型肝炎インフルエンザ高齢者関係といっぱいありますよ。これって何か数字でお示ししてもらう資料請求をしてもよろしいでしょうか。 ○議長(田中 健)  しばらく休憩します。                    

小牧市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日福祉厚生分科会−03月13日-01号

2目予防費で1,210万8,000円の減額は、1の予防接種事業で、ヒブ・小児用肺炎球菌日本脳炎などの予防接種を受けた方の人数が当初の見込みを下回ったことなどによるものであります。  以上で健康福祉部所管分説明とさせていただきます。よろしく御審査賜りますようお願いいたします。 ◎副消防長   続きまして、消防本部所管分につきまして御説明申し上げます。  

豊田市議会 2018-09-13 平成30年予算決算委員会 環境福祉分科会( 9月13日)

不用額の主な理由としましては、定期予防接種高齢者インフルエンザ日本脳炎ワクチンが全国的に不足するなどにより、実際に摂取した方が想定していた人数を大きく下回ったこと、また、任意予防接種高齢者用肺炎球菌対象者平成28年度より6,000人少ない7,000人余と見込み、3月補正でもさらに減額しておりますが、実際に接種した方が400人余にとどまったこと。

知多市議会 2018-09-06 09月06日-02号

次に、2つ目、新たな取り組みについてでございますが、これまで子ども予防接種は、風疹日本脳炎など予防接種法に基づく13種類疾病対象に、規定年齢や回数であれば全額公費で賄い、規定以上の接種に対しては自費としておりました。 しかしながら、小児がんを発症した子どもが抗がん剤治療骨髄移植を受けることで、乳幼児期予防接種で得た様々な抗体が失われる場合があります。

蒲郡市議会 2018-06-15 06月15日-03号

これら予防接種の一般的な接種時期につきましては、生後2カ月からB型肝炎ヒブワクチン小児用肺炎球菌ワクチンロタウイルスワクチンの4種類が始まり、その後、生後3カ月から四種混合ワクチン生後5カ月からBCG、1歳から風しん麻しん混合ワクチン水ぼうそう、おたふくかぜ、3歳から日本脳炎11歳から二種混合ワクチン、そして、現在は積極的な勧奨を差し控えになっておりますヒトパピローマウイルスへと続きます

犬山市議会 2018-06-12 平成30年 6月定例会(第3日 6月12日)

1点目の予防接種種類としては、生後2カ月から10代後半までに受ける子ども定期接種として、B型肝炎ヒブ感染症小児用肺炎球菌ジフテリア、百日咳、破傷風ポリオの4種混合BCG麻しん風しん混合水痘日本脳炎の8種類と、現在積極的な接種勧奨を控えている子宮頸がん予防ワクチンであり、標準的には28回接種することとなります。  

田原市議会 2018-06-07 06月07日-02号

健康福祉部長福祉事務所長増田直道) 子供の時期に実施する予防接種のうち、発症すると重症化したり後遺症を残す病気を予防するために実施される予防接種として、ヒブ小児肺炎球菌B型肝炎、四種混合、不活化ポリオ麻疹風疹水痘日本脳炎、BCG、二種混合子宮頸がんと考えております。 ○議長渡会清継) 辻 史子議員

犬山市議会 2018-03-16 平成30年民生文教委員会( 3月16日)

次に、予算書111ページの一番最後、13節委託料の中の予防接種委託料と、112ページの20節扶助費の中の任意予防接種助成事業費、ここら辺が関連してくるのではないかと思いますが、先ほどの説明の中では、日本脳炎等予防接種関係というお話はありましたけれども、今よくコマーシャルで歌舞伎の人ですかね、3月31日までですということで、高齢者肺炎球菌関係コマーシャルをされているんですけど、これは今、節目節目

小牧市議会 2018-03-14 平成30年 3月14日福祉厚生分科会−03月14日-01号

四種混合水痘、二種混合麻しん風しん混合日本脳炎、HPVヒトパピローマウイルス)の感染症でございます。ただ、再接種する前に保健センターのほうへ申請をしていただく制度とさせていただいております。  対象者でございますが、現在のところ申請はありませんが、3件の問い合わせがありました。  以上です。

岡崎市議会 2018-03-05 03月05日-04号

3目予防対策費は、日本脳炎及びインフルエンザ予防接種接種者見込みを下回ったことなどによる減額補正。 4目母子保健費のうち妊婦・乳幼児健康診査業務は、受診者数見込みを下回ったことによる減額補正。妊産婦・乳幼児保健指導業務は、印刷製本費契約差金による減額補正。 5目保健所費のうち衛生検査業務は、機械器具の購入の契約差金による減額補正

知立市議会 2017-12-21 平成29年予算・決算委員会(12月21日)

予防接種委託料184万3,000円の増額の中身はとの問いに、高齢者肺炎球菌ワクチン接種者日本脳炎2期特例対象者増加を見込んでいる。高齢者肺炎球菌ワクチンは142万8,728円、日本脳炎ワクチンは41万4,753円増額との答弁。  議案第63号 平成29年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、質疑、自由討議はありませんでした。  

知立市議会 2017-12-14 平成29年予算・決算委員会(市民福祉分科会12月14日)

また、日本脳炎の2期特例対象者増加ということで、高齢者肺炎球菌ワクチンにつきましては142万8,728円、日本脳炎につきましては41万4,753円ということで増額をお願いしているものでございます。 ○小林委員   これは当初予算では組めなかったんでしょうか。なぜこの時期に補正予算として出てくるんですか。

蒲郡市議会 2017-12-07 12月07日-02号

予防接種は、御存じのとおり定期予防接種として、乳幼児個別予防接種としてBCG、四種混合麻疹風疹日本脳炎、水ぼうそうポリオなどがありまして、児童生徒個別接種には二種混合日本脳炎などがございます。少しずれてしまいますが、高齢者予防接種には季節性インフルエンザ、そして高齢者肺炎球菌ワクチン等がありまして、本市においても高齢者肺炎球菌ワクチン接種には補助金を出しているところでございます。 

長久手市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第3号12月 5日)

2点目について、病原体を保有する蚊に刺されることにより感染するジカウイルス感染症デング熱日本脳炎等の蚊媒体感染症は、近年の国際間における人の移動の活発化に伴い、海外で感染して帰国後に発症する事例が国内において報告されています。  また、蚊を媒体にし感染するデング熱国内での感染による患者発生が確認されています。