5645件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

稲沢市議会 2019-06-17 令和元年第 3回 6月定例会-06月17日-04号

また、近くの小牧市では、18歳以上元気な高齢者までの市民を対象にして、支え合いいきいきポイント推進事業として、介護施設等で補助的なお手伝いに対してポイントがつく。先ほどの補助 的なお手伝いですね、これは刈谷と一緒ですが、そういったものにポイントがつく。また、高齢者サロンの補助的なお手伝いに対してポイントがつく。

知立市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第5日 6月13日 質疑)

○5番(山口義勝)  補正予算書及び予算説明書の21ページ、004労働推進事業、移住支援事業補助金についてお聞きをいたします。  200万円の補正予算が計上してあるんですけども、まずこの概要について御説明をお願いいたします。 ○議長(田中 健)  市民部長。 ○市民部長(鶴田常智)  移住支援事業でありますが、概要としましては、東京23区に人口が集中しておると。

知立市議会 2019-06-06 令和元年 6月定例会(第3日 6月 6日 一般質問)

通学路等の危険箇所の把握と周知について        5 整備計画と予算について     件名 受動喫煙防止対策について     要旨 1 公共施設での喫煙の現状について        2 受動喫煙による周囲への影響について        3 喫煙マナーと喫煙ルームについて    (6) 石川智子議員     件名 生涯学習のまちづくり     要旨 1 生涯学習の現状        2 地域における推進事業

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

次に、平成24年度に家具転倒防止推進事業が長寿介護課から安心安全課に移りました。しかし、この中の要綱を見ますと、65歳以上が対象となっておりますけれども、なぜ高齢者福祉サービスの中に入れてないのか。サービスがあるなら入れておくべきではないでしょうか。 ○議長(田中 健)  保険健康部長。 ○保険健康部長(清水弘一)  その点につきましては、高木議員のおっしゃるとおりだと思います。

知立市議会 2019-06-03 令和元年 6月定例会(第1日 6月 3日 開会日)

労働費につきましては、労働諸費の労働推進事業において、東京一極集中の是正、地方の担い手不足対策を目的として、東京23区からの移住者に対して経済的な負担の軽減を図り、UIJターンを促進するために交付する移住支援事業補助金200万円を計上するとともに、歳入の県支出金において、移住支援事業補助金として150万円を計上するものであります。  

東郷町議会 2019-05-31 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-05-31

上段、説明欄、情報推進事業、13節委託料の増額は、幼児教育・保育の無償化に対応できるよう電算システム修正を行うための経費でございます。  なお、これに要します財源につきましては、後ほど関係部長から補足説明をさせていただきますが、全額国庫支出金によるものでございます。  その下の段、地域協働一般管理事業、7節賃金の増額は、産前産後休暇職員等にかわる臨時職員の賃金でございます。  

東海市議会 2019-03-28 平成31年 3月定例会 (第5日 3月28日)

シティプロモーション推進事業について、市のホームページにおける市制50周年記念特設サイトへのPR動画の掲載も事業内に含まれるものであるか。また、PR動画の配信開始時期はいつごろであるか。  企画部次長答弁。PR動画の掲載も事業内に含まれるものである。また、PR動画は2種類作成する予定であり、4月1日から順次公開を予定しているものである。  委員質疑。

扶桑町議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第7日 3月27日)

認知症施策推進事業委託料の内容と、どこシル伝言板事業の開始日はとの質疑に対し、地域包括支援センターに認知症初期集中支援チームの設置を委託しており、どこシル伝言板は業務契約をしてからになる。周知啓発は早急に行いたいと答弁がありました。  質疑終結後、討論はなく、採決の結果、議案第4号 平成31年度扶桑町介護保険特別会計予算は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。  

稲沢市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会−03月25日-05号

第2期平和工業団地開発事業、企業立地推進事業は、体力のある企業に多額の税金を投入するものです。しかも、市内の新規雇用者はふえていません。日本共産党は、これまで多額の補助金で企業を呼び込む企業誘致に反対をしてきました。市民の暮らしの改善こそ市政の重点に据えるべきです。  第3に、暮らしを犠牲にする予算になっているからです。  

小牧市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-06号

公共施設の整備について、平成26年10月策定の公共施設白書から、平成29年3月の公共ファシリティマネジメント基本方針(公共施設等総合管理計画)及び適正配置計画、長寿命化計画の策定がされて以来、2年経過しておりますが、2款総務費、1項総務管理費の11目資産管理費の公共ファシリティマネジメント推進事業の予算が82万4,000円であります。

碧南市議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日)  本文

歳出では、2款の総務費では、市長等政策推進事業費負担金に、副市長の海外視察の37万5,000円が入っています。7月に約10名の参加者とともに3泊5日、75万円のタイ旅行です。半分は市、半分は市長会から出るものです。3年前に復活した市長会の海外視察に、早々と副市長が参加するとは、市民には厳しくむち打ちながら、何をか言わんやです。  また、平和市長会議も2,000円の参加費どまりです。

小牧市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会−03月19日-01号

議案第27号については、提案説明の後、新病院建設関連事業負担金の内容はとの質疑があり、これに対し、新病院の南側に上切公園を整備する予定であり、そこに整備する耐震性貯水槽の測量設計及び地質調査の委託を実施するものであるとの答弁があり、また、認知症見守りネットワーク推進事業におけるVR(バーチャルリアリティ)を活用した認知症体験会の内容とその目的はとの質疑があり、これに対し、VRを活用した認知症の体験は

知立市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第7日 3月19日 閉会日)

防災対策としては、耐震改修等の事業や水道の管路耐震化事業、防災行政ラジオ補助事業や家具転倒防止推進事業、自主防災活動活性化事業なども引き続き予算計上されております。  さらに平成31年度は、新たに業務の迅速化や効率化を図るため、市町村防災情報システム運用事業なども予算計上されております。  

扶桑町議会 2019-03-18 平成31年福祉文教常任委員会( 3月18日)

もう一つなんですが、281ページに10番のキャリアスクールプロジェクト推進事業委託料ということで18万円が載っておるんですが、これ推進事業の中身はどういうものでしょうか。 ○学校教育課長(尾関 実君) キャリアスクールプロジェクトにつきましては、就職に向けて中学生、特に2年生の子どもさんの勉強といいますか、研修を行うものでございます。就職活動の啓発、職場体験授業でございます。以上です。

扶桑町議会 2019-03-15 平成31年総務建設常任委員会( 3月15日)

計画的な土地利用の推進事業として、国道41号沿線地区まちづくり事業は、まちづくり創生ゾーンを具体化していくために、調査し、関係機関との協議が行われ、本町の発展につながっていくものと考えます。県道小渕江南線整備の関連事業として、町道つけかえのための用地確保及び物件補償等、周辺住民の生活道路等の交通安全対策が行われます。

碧南市議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年予算審査特別委員会経済建設分科会 本文

52 ◆商工課長(三島 翁) この愛知県産木材利活用推進事業につきましては、愛知県の県産材の木材を使用した場合に補助が出るものでありますけれども、具体的には花しょうぶまつりですとか、藤まつりのお茶会なんかで使いますベンチを愛知県産材の木材を使って作成したというものであります。  

小牧市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日文教建設分科会−03月14日-01号

保育所等事故防止対策推進事業補助金、1,188万円余ですけれども、当初予算だと約1,284万円が計上されていて、それほど使われていないというか、事故がなかったということなのか、事業の目的と減額の理由をお尋ねいたします。 ◎保育課長   保育所等事故防止対策推進事業補助金の減額の理由と、またこちらの補助金の目的ということの2点のお尋ねについてお答えを申し上げます。  

東海市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会 (第4日 3月14日)

そのため、7月に観光物産プラザからまなぶん横須賀に移転する認知症地域支援推進事業において、本人ミーティング等を実施し、認知症の方の活躍について検討してまいりたいと考えております。  以上でございます。

犬山市議会 2019-03-13 平成31年総務委員会( 3月13日)

「元気な愛知の市町村づくり補助金」というのがあって、その中で4つのメニューがあって、生活環境整備事業、福祉推進事業、教育文化振興事業、その他の事業というのがあって、コミュニティバスへの補助金は、この生活環境整備事業の中に、僕の解釈ではあるという理解をしたんですけど、ただ、上限は100万円なんですね。ただ、犬山市としては、この補助メニュー、使っているんですよ。