57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知多市議会 2021-06-16 06月16日-01号

5項1目 戸籍住民基本台帳費は、550万円の増額で、1 戸籍住民基本台帳事務の(1) 住民基本台帳システム改修委託料は、デジタル手続法施行を受けた住民基本台帳法改正に対応するために、既存の住民基本台帳システム住民基本台帳ネットワークシステムの橋渡しをするコミュニケーションサーバー改修を行うものです。 ○議長勝崎泰生)  福祉部長

扶桑町議会 2021-06-02 令和 3年第5回定例会(第1日 6月 2日)

款総務費、3項1目戸籍住民基本台帳費、右のページ説明欄、1.戸籍住民基本台帳事務で69万1,000円の減額です。これは、コンビニ交付に係る運営負担金の一部改定内容の訂正について、地方公共団体情報システム機構より連絡がありまして、それに伴い減額するものでございます。  引き続き、次に26ページ、27ページをお願いいたします。  

扶桑町議会 2021-03-01 令和 3年第2回定例会(第1日 3月 1日)

109ページの中段よりやや下にございます負担金個人番号カード交付事業費負担金及び2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)におきまして、マイナンバーカード交付事務に係る派遣業務委託料減額が大きな主な要因となってございます。なお、住民票写し等コンビニ交付に係る費用につきましては新規計上してございます。  112、113ページをお願いしたいと思います。  

扶桑町議会 2020-11-30 令和 2年第7回定例会(第1日11月30日)

右のページ説明欄、2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)で184万8,000円の減額です。これは、歳入総務費国庫補助金で御説明しました戸籍事務へのマイナンバー制度導入に係るシステム改修費用の精査によるものです。  飛びまして、33ページ、34ページをお願いいたします。  3款民生費、1項1目社会福祉総務費、右のページ説明欄、2.福祉医療総務費臨時)で569万8,000円の減額です。

扶桑町議会 2020-09-25 令和 2年第6回定例会(第7日 9月25日)

右のページ説明欄、2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)で1,143万6,000円の増額です。これは、歳入で御説明いたしましたマイナンバーカードを利用して住民票写し印鑑登録証明書をコンビニエンスストアで交付できるようにするため、住基システム改修等に係る費用でございます。  その内訳といたしまして、まず特別旅費で5万円の増額です。

知多市議会 2020-09-02 09月02日-01号

5項1目 戸籍住民基本台帳費は、455万4,000円の増額で、1 戸籍住民基本台帳事務の(1) 住民基本台帳システム改修委託料は、住民基本台帳法の一部改正により、戸籍附票への記載事項を追加するため、システム改修を行うものです。 ○議長竹内慎治)  福祉部長。 ◎福祉部長松下広子)  3款 民生費、1項 社会福祉費、6目 訪問看護事業費は、70万円の増額です。

常滑市議会 2020-08-31 08月31日-01号

款総務費の1項4目会計事務費については、収納代理金融機関の追加に伴うシステム改修費計上、1項6目市庁舎管理経費は、PCB廃棄物前倒し処分が可能となったことによる増、市庁舎感染症対策事業費は、消毒用アルコールなど感染症対策用品購入費新規計上、3項1目戸籍住民基本台帳事務は、戸籍附票を活用した国外転出者による個人番号カード等の利用に向けたシステム改修の増。 

扶桑町議会 2020-08-31 令和 2年第6回定例会(第1日 8月31日)

右のページ説明欄、1.戸籍住民基本台帳事務で167万円の増額です。これは歳入で御説明いたしました個人番号カード交付事業費補助金交付上限額の引上げによるものです。  続きまして、右のページ説明欄、2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)で1,213万5,000円の増額です。  31ページ、32ページをお願いいたします。  

扶桑町議会 2020-03-12 令和 2年第1回定例会(第5日 3月12日)

個人番号カード交付事務費補助金1,267万5,000円あるわけですが、この戸籍住民基本台帳事務の中にこの金額がどこへ溶け込んでおるのかな、事務費ということですので人件費にも使えるでしょうし、事務費にも使えるんだろうと思うんですが、その辺の国からの指示といいますか、どこに事務費を使っていいよというのが、ちょっとこの金額がこの予算の範囲内で把握できませんでしたので、よろしくお願いします。

扶桑町議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第1日 3月 2日)

1.戸籍住民基本台帳事務の下から4行目にあります個人番号カード交付事業負担金増額、それから一番下の個人番号カード交付事務に係る派遣業務委託料及び、次のページになりますけれども、戸籍法改正に伴う戸籍副本対応委託料新規計上増額の主な要因となっております。  110ページをお願いいたします。  4項の選挙費でございます。  

知多市議会 2019-12-06 12月06日-01号

2 戸籍住民基本台帳事務は、148万円の増額で、国が定めた計画に沿ってマイナンバーカード交付するための体制整備に要する経費です。 ○議長竹内慎治)  監査委員事務局長。 ◎監査委員事務局長松下広子)  8項1目 監査委員費は、399万3,000円の増額で、給与改定及び人事異動等によるものです。 ○議長竹内慎治)  福祉部長。 ◎福祉部長市田政充)  16ページをお願いします。 

扶桑町議会 2019-12-02 令和元年第6回定例会(第1日12月 2日)

2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)で8万7,000円の増額です。歳入で御説明しました今後増加を見込んでおります個人番号カード交付を円滑に行うため、統合端末等の機器を借り入れて増設するものでございます。  真ん中付近の4項選挙費をお願いいたします。  1.扶桑町長扶桑町議会議員選挙事務費で1万5,000円を新規計上しております。

知多市議会 2019-09-27 09月27日-05号

次に、戸籍住民基本台帳事務マイナンバー関連についてです。政府旧姓併記を進めるなど様々な普及策をとっていますが、税と社会保障個人情報を国が一括管理する危険性から、マイナンバーカード普及率は依然、人口の1割程度であります。政府は令和4年度中にほとんどの国民がマイナンバーカードを保有することを想定しており、手続に係る事務負担増加も考えられます。

扶桑町議会 2019-09-26 令和元年第5回定例会(第7日 9月26日)

主な事業歳出としては、総務費で前年分の確定による財政調整積立基金県議会議員選挙の無投票による一般選挙事務費減額、雨漏りによる庁舎営繕費個人番号カード公務員の登録必須による戸籍住民基本台帳事務での委託料などであり、環境、防犯にかかわる対策事業として、衛生費では、今後の基本方針を検討していく中で必要となってくる広域ごみ処理施設整備基金の積み立てや環境美化センター工場解体事業基金積立金増額

常滑市議会 2019-09-02 09月02日-01号

次に、下段の表、歳出のうち、2款総務費戸籍住民基本台帳事務については、法改正に伴い印鑑登録証明書への旧氏を併記するためのシステム改修費用増額、10款教育費については、寄附を活用した中学校における備品の整備、14款予備費については、予算整理として補正後1億2,706万9,000円とするものでございます。 続きまして、7ページ⑥個別事業概要をご覧ください。 

扶桑町議会 2018-12-03 平成30年第7回定例会(第1日12月 3日)

その下の2.戸籍住民基本台帳事務(臨時)で3万2,000円の減額です。こちらは、9月議会でお願いしました戸籍で使用しております外字を統一していくための抽出に係るシステム改修費につきまして、委託料金額が確定したことにより減額をさせていただき、国庫補助金がつきましたので財源更正をしております。  25ページをお願いいたします。  1.扶桑土地改良総代会総代選挙費で29万8,000円の減額です。