19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大府市議会 2006-03-10 平成18年第 1回定例会-03月10日-04号

発達相談支援センターでは、正規職員41人(この中には、専門職といわれる保育士保健師・教員・ケースワーカー・理学療法士作業療法士言語聴覚士心理判定等が各数名ずつ配置)嘱託医は21名(小児科・小児神経科・精神科・整形外科・耳鼻咽喉科・障害歯科等)、臨時職2人の大所帯体制でもって市内の大学との連携の中で専門家を常時配置し、的確なカウンセリングを行い、病名の判定まで行われていました。

大府市議会 2006-03-03 平成18年第 1回定例会-03月03日-01号

実態は、判断できる専門家をここへ入れるという考え方でありまして、今、構成の予定としましては、医師関係、それから理学療法士作業療法士の方、次には社会福祉士精神保健福祉士、それから保健師、また看護師、それから心理判定、または児童福祉施設長というようなことで、極めて専門的な方という考え方です。

岩倉市議会 2005-09-16 平成17年第3回定例会(第 4号 9月16日)

さらに、本市の障害者センターである「あゆみの家」では、母子通園形態をとった早期療育訓練を実施しており、言語聴覚士による訓練が月1回、作業療法士によるものが月1回───10月からは月2回にする予定でおります───実施されているほか、心身障害者コロニーから年3回、一宮児童相談センターから心理判定が同じく年3回来所し、相談・支援を受けておりますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。

小牧市議会 2004-12-08 平成16年第 4回定例会-12月08日-02号

また、愛知県中央児童障害者相談センターの心理判定やあさひ学園指導員と相談しながら、療育への移行もスムーズにできるような体制で実施しています。  しかし、なかよし教室のみでは、かかわりづらさを持つ子供と親への援助が難しいケースもあり、遊びを充実し継続参加できるよう、おひさま教室を増設しました。  

扶桑町議会 2002-06-11 平成14年第5回定例会(第2号 6月11日)

ホームフレンドは児童福祉心理判定のアドバイスを受けながら、週1回程度の家庭訪問や電話手紙などの方法でかかわりを持つことから始まり、お兄さん、お姉さんとして親しみ、心の悩みを表現しやすく心を開いていきます。この制度の導入により、高い効果と反響があると聞いておりますが、近隣市町の実施状況と本町の取り組みをお伺いいたします。  

稲沢市議会 2002-06-10 平成14年第 3回 6月定例会-06月10日-03号

一番利用者のニーズにこたえているなあというのが相談員、心理判定理学療法士言語聴覚士を正職員としてきちんと置いていることです。また、嘱託医として小児科、小児神経科、精神科の3人を顧問に配置していました。これによって、本当にお母さんたちの相談にさまざまな観点から乗れる。だれか1人はお母さんの本当の心を聞く人が出てくるわけです。こういう体制が本当に必要だと思います。

大府市議会 2002-03-07 平成14年第 1回定例会-03月07日-03号

大府市を担当する半田児童相談所員の総数と、児童虐待の増加に合わせて児童福祉司、心理判定の人数がどのように推移してきたか。それらの所員が大府市をどのように担当しているのか。また、児童相談所と並んで虐待等要保護児童の通告先となっている福祉事務所の体制について、お答え願います。  次に、大府市における児童虐待の実情についてであります。

豊田市議会 2001-09-04 平成13年 9月定例会(第2号 9月 4日)

スタッフといたしましては、児童相談所の心理判定豊田市保健婦、保育士などがあたり、支援する会の実施回数は月2回程度で、現在14組の親子が登録し、参加していただいております。今後も参加者の意見を聞きながら継続して実施をしていきたいと、このように考えておりますのでよろしくお願い申し上げます。  以上、御答弁とさせていただきます。 ○議長(光岡保之) 以上で14番、岩月幸雄議員質問を終わります。

大府市議会 2001-06-13 平成13年第 2回定例会-06月13日-02号

11月には、大府市就学相談として、医師による医療相談、養護学校の先生による教育相談、心理判定による知能検査等を行っております。12月に就学指導委員会を開催し、それまでの各種資料と保護者の方の意見を参考にして最終的に進路を決定しております。なお、この委員会のメンバーは、医師児童相談所、養護学校校長及び市内小中学校校長と特殊担当の職員で構成されております。  

稲沢市議会 2000-03-10 平成12年第 1回 3月定例会−03月10日-05号

指導内容につきましては、保育士による日常生活、集団生活遊びへの援助及び保健指導言語聴覚士による言語指導理学療法士による機能訓練、一宮児童相談所心理判定による療育相談を行っております。  なお、重度の障害をお持ちの児童については、県立一宮養護学校幼稚部や、名古屋市西区にある愛知県立第一青い鳥学園などで指導を受けていただいているところでございます。

大府市議会 1998-09-09 平成10年第 3回定例会-09月09日-02号

また、スタッフとしては、障害の専門医師と理学療法士作業療法士言語療法士、心理判定ソーシャルワーカー等を配置し、相談と機能訓練を重点的に行う。設置場所は江端地内の福祉ゾーンが保健福祉等の連携も図りやすいので適する。運営主体については、民間、公営、事業案が考えられるが、今後さらに検討を要する。障害児(者)の拠点施設としての機能を果たすことが期待されている。

大府市議会 1997-12-11 平成 9年第 4回定例会-12月11日-02号

また、スタッフとしては、障害の専門医師と理学療法士作業療法士言語療法士、心理判定ソーシャルワーカー等を配置し、相談と機能訓練を重点的に行う。設置場所は、江端地内の福祉ゾーンが保健福祉等の連携も図りやすいので適すると。運営主体については、民間、公営、事業団等が考えられるが、今後さらに検討を要する。障害児(者)の拠点施設としての機能を果たすことが期待されている等であります。  

東郷町議会 1997-06-10 平成9年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:1997-06-10

この幼児教室は1歳6カ月健診の事後指導、経過観察発達におくれのある子供に対する相談を目的にして開催し、月2回ほぼ保健婦、心理判定家庭指導相談員のスタッフで行っております。現在16名の対象者がありまして、教室開催時の出席は、1回当たりの平均で約10名程度でございます。  

岩倉市議会 1996-03-28 平成 8年第1回定例会(第11号 3月28日)

答え、障害児保育に組み入れていくかは、あゆみ教室での指導発達状況のほか、保護者やセンターの職員心理判定等の意見を総合判断をし、中・軽度で3歳以上の子供に対し入園措置をとるものです。  問い、センターは重度の子供たちなのか。  答え、おおむねそうなります。現在、17名の通園者がいて、男子13名、女子4名であり、新年度は12名でスタートをする予定です。  問い、通園状況はどうか。  

  • 1