1272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

稲沢市議会 2019-06-17 令和元年第 3回 6月定例会-06月17日-04号

◎子ども健康部長平野裕人君)  旧平和支所跡地に計画をいたしております認定こども園の規模につきましては、現在ある平和地区の保育園の在園児童を受け入れられるような規模を基本に、平和地区の児童がほかの地域保育園等に通っていることや、共働き家庭の増加などを加味した規模として公募してまいります。  

稲沢市議会 2019-06-14 令和元年第 3回 6月定例会-06月14日-03号

平野寛和君。 ◆21番(平野寛和君) (登壇)  皆さん、おはようございます。  議長のお許しを得ましたので、一般質問をさせていただきます。  今回は、防災減災について、消防について、稲沢市水道事業についてをお尋ねいたします。  それでは、質問席にて一問一答で質問をさせていただきます。                   (降  壇)  それでは、最初に防災減災について質問をいたします。  

稲沢市議会 2019-06-06 令和元年第 3回 6月定例会-06月06日-目次

…………………………… 75  出欠席議員の議席番号、氏名 ……………………………………………………………… 75  地方自治法第121条の規定により出席を求めた者 …………………………………… 76  議会事務局職員出席者 ……………………………………………………………………… 77  開   議 …………………………………………………………………………………… 78  (質疑及び一般質問)  平野寛和君

稲沢市議会 2019-06-06 令和元年第 3回 6月定例会-06月06日-01号

会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において20番、野村英治君及び21番、平野寛和君を指名いたします。  次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。本定例会会期は、お手元に配付してあります会期日程のように、本日から27日までの22日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。               

稲沢市議会 2019-03-11 平成31年第 1回 3月定例会-03月11日-04号

◎子ども健康部長平野裕人君)  ひとり親家庭への支援といたしましては、18歳以下の児童を養育されてみえる方には、児童扶養手当を支給しております。所得条件などにより支給額に差はありますが、1人目の児童の場合、月額4万2,500円となります。  また、ひとり親の総数を把握することは困難なため、参考といたしまして、ひとり親として児童扶養手当を受給されてみえる方は800人弱となっております。  

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

◎子ども健康部長平野裕人君)  議員の言われるとおり、現在、国の制度では、保育園の3歳児から5歳児の給食に係る費用として米等の主食代は実費徴収、おかずなどの副食代は国・県及び市町村が費用を負担する公定価格に含まれております。国は、本年10月からの幼児教育無償化により、副食代を公定価格から除き、世帯年収360万円未満相当世帯を除く保護者からは副食代も実費徴収するとしております。

稲沢市議会 2019-03-04 平成31年第 1回 3月定例会-03月04日-01号

◎子ども健康部長平野裕人君)  議案書の15ページをお願いいたします。 ─────────────────────────────────────────── 議案第6号         稲沢市遺児手当支給条例の一部を改正する条例について  稲沢市遺児手当支給条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるものとする。  

豊田市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第2号 2月25日)

農業の振興に関しては、平野部における都市近郊型農業の推進や山村部では観光等他分野と連携するなど、地域特性に応じた営農体制や6次産業化やブランド化を促進し、農業産業としての自立を目指すことが必要です。そういった意味でラグビーワールドカップ2019の機会を活用しての農産物のPRも大いに効果が期待できるものと考えます。(仮称)とよたの農産物PRセンターの内容についてお伺いします。  

稲沢市議会 2018-12-04 平成30年第 5回12月定例会-12月04日-01号

議長(長屋宗正君)  文教厚生委員長、平野寛和君。 ◎文教厚生委員長(平野寛和君) (登壇)  文教厚生委員会の報告を申し上げます。  先ほど文教厚生委員会に付託になりました議案第76号平成30年度稲沢市一般会計補正予算(第4号)については、委員会の所管費目について、文教厚生委員会議員総会室において開催し、審査いたしました結果、議案第76号は全会一致で原案を可と認めました。  

碧南市議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年第5回定例会(第3日)  本文

ウ、代表者は株式会社西三河エリアワン、代表取締役平野周一氏であります。  (2)構成員及び担当業務内容は、代表者が株式会社西三河エリアワン、構成員は株式会社スポーツマネージメント及び株式会社名古屋共立であり、現指定管理者と同じであります。  (3)第三者への委託につきましては、専門的技術を要する業務以外の業務については、地元企業へ優先的に委託するというものであります。