運営者 Bitlet 姉妹サービス
633件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 知立市議会 平成30年 9月定例会(第3日 9月10日 一般質問) 平成23年3月11日に発生しました東日本大震災によって、福島第1原発からの放射性物質が漏れ出し、平成24年度に放射性物質の新しい基準値が設定され、農畜産物などの出荷制限が行われ、流通する全ての農畜産物については、国の安全保障のもと、万全な体制で消費者に届けられてきました。   もっと読む
2018-06-27 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月27日−06号 二度と被爆者をつくってはならない、そのために核兵器を全面禁止にすることを目指し、核兵器禁止条約の締結、承認に向けて日本政府に働きかけていくために採択としたいとの意見と、国民の生命と財産を守るためには、現実の安全保障上の脅威に適切に対処しながら、地道に核軍縮を前進させる道筋を追求していく必要があることから、苦渋の選択であるが、核保有国が参加していない中、我が国が核兵器禁止条約に署名及び批准をすることは もっと読む
2018-06-26 日進市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−05号 現実的な核軍縮を前進させる視点より、核保有国の参加しない国で日本が核兵器禁止条約へ署名、批准することは、我が国及び世界的な安全保障環境を不安定にさせる懸念が高いことから望ましくないと考えます。  決して、核兵器に賛成する意図はないことを御理解いただき、文字、言葉だけで判断するのではなく、今後も物事の本質をよく観察し、適切な判断を行っていきたい。 ○議長(近藤ひろき) 次に、ごとうみき議員。 もっと読む
2018-06-25 豊田市議会 平成30年 6月定例会(第5号 6月25日) その脅しによって安全保障を図るという考えにほかなりません。いざというときには広島・長崎のような非人道的惨禍を引き起こしても構わないとの考え方は、非核三原則の日本の国是とは相入れないのではないでしょうか。  また、日本政府は、禁止条約は核保有国と非核保有国の分断を深めるということを理由に条約には参加せず、日本は橋渡しをするとしています。 もっと読む
2018-06-15 知立市議会 平成30年企画文教委員会( 6月15日) 現在の日本を取り巻くアジアの安全保障上、必要とされ推進されてきた経緯は、周知のとおりですが、さまざまな紆余曲折があり、いまだに遅々として進んでいない中で、未来志向の民意が高まっていることも事実であります。 もっと読む
2018-06-15 日進市議会 平成30年  6月15日 市民建設委員会-06月15日−01号 その理由は、日本の安全保障を考える上で、核の傘にあることが重要との認識であり、日米同盟の下で核兵器を有する米国の抑止力に頼る以外ないとの主張です。  条約は第4条で、核保有国には廃絶の計画を携えて、条約に参加を求めています。つまり、核兵器禁止条約はNPT体制下での軍拡競争の早期の停止及び核軍備の縮小を補強、推進するものと位置付けられます。矛盾しない関係であると思います。 もっと読む
2018-03-01 岩倉市議会 平成30年第1回定例会(第 3号 3月 1日) ○総務部長(山田日出雄君) 北方領土問題につきましては、国の政治や、あるいは経済だけでなく、外交や安全保障政策も視野に入れて取り組まなければならない問題であると考えております。国において、問題解決のため取り組むべき諸課題の一つであり、また御質問の中にもございましたけれども、国民一人一人がこの問題について、正しい知識と理解を持って考えていくことが大切であると考えております。 もっと読む
2018-02-28 春日井市議会 平成30年  2月28日 文教経済委員会-02月28日−01号 ◎(山田学校教育課主幹) 本市の特別支援教育支援員の業務については、通常学級における特別な支援が必要な子どもたちに、基本的な生活習慣確立のための支援と、それから多動性があって離席してしまうような子たちの、安全保障ということを主な仕事内容にしております。 もっと読む
2018-02-27 豊川市議会 平成30年 第1回定例会(3月)-02月27日−02号 昨年、ICANがノーベル平和賞を受賞したこともありまして、全国で署名する自治体がふえてきていることは承知しておりますが、ヒバクシャ国際署名にうたう核兵器禁止条約については、国が所掌する内容であり、北朝鮮の動向など厳しい安全保障環境にある中で国民の安全を守るための施策として国も不参加を表明しております。   もっと読む
2017-12-19 豊川市議会 平成29年 議会運営委員会(12月)-12月19日−01号 安全保障環境の変化に対応するため、国が、全国的に自衛隊の改編を行う予定であることは理解しているが、豊川市の状況を勘案し、陸上自衛隊豊川駐屯地の隊員の大幅な削減を行わないよう求める、というものでございます。  次に、議案の取り扱いでございますが、本日、最終日に上程し、意見書を提案したとよかわ未来の代表である冨田議員による提案説明の後、質疑を行い、委員会付託を省略して即決でお願いしたいと思います。   もっと読む
2017-12-19 豊川市議会 平成29年 第4回定例会(12月)-12月19日−06号 国は、安全保障環境の変化に対応するため、平成26年度以降に係る防衛計画の大綱に基づき、全国的に自衛隊の改編を行う予定であることは理解しますが、豊川駐屯地にも隊員削減が予想されることから、豊川市の状況を勘案いただき、陸上自衛隊豊川駐屯地隊員の大幅な削減を行わないよう求めます。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。   もっと読む
2017-12-05 豊明市議会 2017年12月05日 平成29年12月定例月議会(第4号) 本文 議員御説明をいただいたように、主要農産物種子法は昭和27年に制定をされ、都道府県に対して原種、原原種の生産、奨励品種指定のための検査等を義務づけ、日本の基本的作物である主要農産物、米、大麦、裸麦、小麦及び大豆の種子の国内自給の確保と食料の安全保障に大きく貢献してきた法律でございます。   もっと読む
2017-09-28 津島市議会 平成29年第3回定例会(第5号) 本文 開催日: 2017-09-28 国連での安全保障理事会決議や、日朝平壌宣言にも違反することは明白であり、即時かつ完全に履行することを、強く求めるものである。  国は、北朝鮮情勢に関する情報収集・分析を徹底し、迅速かつ一層的確な情報提供を行うとともに、不測の事態に備えて不断に必要な態勢をとるほか、国の平和と安全の確保、国民の安全と安心の確保に努め、万全の措置を講ずるべきである。   もっと読む
2017-09-26 東浦町議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月26日−05号 度重なる核実験の実施は、核兵器の開発を完全に放棄するよう求めてきた国際連合安全保障理事会の決議に、明確かつ露骨に違反する行為であり、唯一の被爆国である我が国として深い憤りを禁じ得ない。  これらの行為は、我が国の平和と安全に深刻かつ重大な脅威を及ぼす事態であることから、断じて容認することはできない。   もっと読む
2017-09-19 知立市議会 平成29年企画文教委員会( 9月19日) しかし、温暖化、安全保障、経済性、さまざまな見地から、最新の科学的知見を踏まえた対策を講じて、原子力規制委員会が策定した新規制基準に沿って、安全対策を十分にとり、審査に合格し、安全が確保されている原発については、我が国のエネルギー政策に基づき、バランスのよいベストミックスの一翼を担うものであると考えます。したがって、不採択でお願いいたします。 ○神谷委員長   ほかに御意見はありませんか。 もっと読む
2017-09-15 名古屋市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−19号 ことしの8月9日、長崎市で行われた平和祈念式典で、田上長崎市長は、平和宣言の冒頭からこの条約に触れ、日本政府に対し、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください、日本の参加を国際社会は待っていますと、この条約への批准と、あわせて、核抑止力論に基づく安全保障政策の見直しを求めました。 もっと読む
2017-09-13 安城市議会 平成29年  9月 決算特別委員会(経済福祉分科会)-09月13日−01号 世界情勢においては、アメリカファーストを掲げたトランプ大統領が誕生し、その独特な強弁的振る舞いと超保護主義政策への転換に対する困惑と警戒から世界中の耳目を集める中、北朝鮮による核開発とたび重なるミサイルの発射実験は米朝関係の緊張を高め、日本や周辺諸国の安全保障に大きな懸念を与えています。   もっと読む
2017-09-13 安城市議会 平成29年  9月 決算特別委員会(経済福祉分科会)-09月13日−01号 世界情勢においては、アメリカファーストを掲げたトランプ大統領が誕生し、その独特な強弁的振る舞いと超保護主義政策への転換に対する困惑と警戒から世界中の耳目を集める中、北朝鮮による核開発とたび重なるミサイルの発射実験は米朝関係の緊張を高め、日本や周辺諸国の安全保障に大きな懸念を与えています。   もっと読む
2017-09-11 知立市議会 平成29年 9月定例会(第3日 9月11日 一般質問) しかしながら、定例会直前になって、我が国の安全保障を大きく脅かす、北朝鮮によるミサイルが我が国の上空を通過し、太平洋上に落下するという、ゆゆしき事態が発生しました。その後も ICBMに搭載用の水爆実験を行うなど、これまでにない緊張感が高まっております。   もっと読む
2017-09-11 名古屋市議会 平成29年  9月 定例会-09月11日−17号 そこで、本決議は、お手元配付の文案のとおり、恒久平和を実現し、市民の生命及び財産を守るため、北朝鮮に対し厳重に抗議するとともに、関連する国連安全保障理事会決議の即時かつ完全な履行と核・ミサイル・拉致問題といった諸懸案の包括的な解決に向け、具体的な行動をとるよう強く求めるものであります。  何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。 もっと読む