運営者 Bitlet 姉妹サービス
868件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月 6日) 1点目について、学校教育施行令第29条の規定では、公立の学校の学期並びに夏季、冬季、学年末、農繁期等における休業日は、市町村または都道府県の設置する学校にあっては、当該市町村または都道府県の教育委員会が定めるとされています。実際には、暑さなどによる登下校時や授業時の健康面の配慮、教員の研修期間の確保などが、その意義として挙げられます。   もっと読む
2018-11-30 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第2号11月30日) また、9条にいきますと、学校の長の責務というものが記載されておりまして、これは学校教育第124条、134条に規定する学校とあります。この学校教育124条項に該当する学校としては近隣市町にある専修学校も該当すると考えます。134条項では、朝鮮学校が瀬戸市にあります。例えば124条項ですと、瀬戸市の瀬戸旭看護専門学校ですとか、家政専門学校緑ケ丘女学院などが対象となると思います。 もっと読む
2018-09-26 春日井市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−04号 就学援助の意義は,教育基本法第4条にある教育の機会均等のもと,学校教育第19条により,経済的理由によって就学困難と認められる学齢児童または学齢生徒の保護者に対しては必要な援助を与えなければならないものと考えております。 ○議長(加納満君) 3番 原田祐治君。 ◆3番(原田祐治君) それぞれ答弁いただきました。  大項目1つ目の小中学校の耐震化についての2回目です。   もっと読む
2018-09-12 稲沢市議会 平成30年第 4回 9月定例会-09月12日-03号 学校教育施行規則第63条に、非常変災その他の急迫の事情があるときは、校長は、臨時に授業を行わないことができるとあります。また、稲沢市立学校管理規則において、第6条第2項において、学校休業日を校長は特別に必要があると認めるときは、これを変更できるとしております。 もっと読む
2018-09-11 日進市議会 平成30年  9月11日 予算決算委員会総務文教分科会-09月11日−01号 ◎(加藤教育総務課長) 高等学校等の等とは、学校教育に規定する高等学校、中等教育学校、これは中高一貫校のことになります、あと、高等専門学校、こちらは豊田高専が該当します、及び専修学校になります。  そして、申込者の方は32名で、うち5名は所得が補助基準を超えていましたので、不交付となっております。 ○(道家分科会長) 白井委員。 もっと読む
2018-09-07 知立市議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月 7日 一般質問) ○17番(牛野北斗)  今、教育長の回答では、校長会という公式な場ではなく校長個人から早くエアコン設置をしたらどうだみたいな声があったということでしたが、やはり学校の安全管理というのは、学校は学校教育に基づいて行われる組織でありますので、校長という立場も、公人として大変重たい責務がある人だと考えています。   もっと読む
2018-09-03 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第1日 9月 3日) この案を提出しますのは、学校教育の改正による水道法施行令などの改正に伴い、条例の一部を改正するものです。  改正の内容につきましては、3ページの新旧対照表によりご説明します。  第4条は、布設工事監督者の資格基準を定めており、第3号の基準において短期大学を卒業した者の中に専門職大学の前期課程を修了した者を含める改正を行うものです。   もっと読む
2018-08-31 岩倉市議会 平成30年第3回定例会(第 3号 8月31日) デジタル教科書を正式な教科書に位置づける学校教育等の一部を改正する法律が、平成30年5月25日、参議院本会議において全会一致で可決・成立しました。平成31年(2019年)4月1日に施行されます。 もっと読む
2018-08-29 長久手市議会 平成30年第3回定例会(第2号 8月29日) 7番の平成29年度点検及び評価の総括のところで、教育基本法、学校教育で生きる力の育成が求められており、長久手市においてもこの点を主軸とした取り組みが事業目標として上げられている点は、高く評価される。生きる力の育成に関して、生きる力とはどういったものであるか具体的に示していくことが重要であるとしています。 もっと読む
2018-08-28 半田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-08月28日−01号 教育基本法及び学校教育において、義務教育期間が定められ、指導要綱等で学ぶべきものも示されている。そんな状況で、日本全国、同じような子供が育つかといえば、当然そうではありません。それぞれの教育委員会において、さまざまな方法で教育を行っているはずです。  では、半田市の子供たちは全国で比べてみると、特色があるのかないのか、あるとしたらどんな特色があるのでしょうか。   もっと読む
2018-07-03 春日井市議会 平成30年  6月 定例会(第4回)-07月03日−03号 小学校における教育の基礎の上に,義務教育として行われる前期中等教育と,高度な普通教育,すなわち後期中等教育もしくは専門教育を一貫して施すことを目的としており,中学校と高校を合わせた年限6年間の一貫教育をする学校を中等教育学校と呼んでおり,1998年に学校教育が改正され設立が可能となった学校であります。また,学校教育は,子育ての中でも大きな部分を占める分野であります。 もっと読む
2018-06-18 尾張旭市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−03号 幼稚園教育要領は、国が学校教育に基づき定めている大綱的基準で、これまでおおむね10年に一度、改訂が行われてきました。  今回の改訂のポイントといたしましては、小学校以降の教育や生涯にわたる学習とのつながりを見通しながら、幼稚園教育において育みたい資質・能力と、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿が明確化されたこととあわせまして、保育所及び認定こども園との整合性が図られたことです。   もっと読む
2018-06-18 知立市議会 平成30年市民福祉委員会( 6月18日) ○佐藤委員   新制度に移行していないということは、従来型の学校教育の中の幼稚園ということになりますか。新制度に移行してない幼稚園とは何かということは。 ○子ども課長   申しわけありません。今回の改正につきまして、新制度の1号認定の子供の事業者負担額になります。 ○佐藤委員   新制度の1号認定の子供ということになりますけれども、新制度の1号認定というのは何かということを御説明をください。 もっと読む
2018-06-15 稲沢市議会 平成30年第 3回 6月定例会-06月15日-03号 それは、学校教育の25条にも経済的に就学が困難である者に市町村が必要な援助をしなければならないというふうに明記してあります。しかし、どれほど財政的に厳しくても、我が子に普通の身なりをさせてあげたい、いい服を着せてあげたいと誰でも思うのは当然です。だから、学校へ行くのにそんなこざっぱりとした格好で行くのは普通になっているし、まして家の中の大変さを外に話するというのは、極力したくないものです。 もっと読む
2018-06-14 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−04号 ◎教育部長(菱田幹生君) 学校規模の標準につきましては、学校教育施行規則により、小・中学校ともに12学級以上18学級以下が標準とされておりますが、地域の実態その他により特別の事情があるときは、この限りではないという弾力的なものとなっております。 ◆16番(尾関昭君) ここで、昨年の新聞記事を見ます。   もっと読む
2018-06-13 知立市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月13日 質疑) ○福祉子ども部長(長谷嘉之)  学校教育第4条という形で変えられたのは、実際は教員免許状の更新を受けていない方が多くいらっしゃるという点がございまして、その点を免許状の更新をしていなくても対象の資格者となるという形に明確化をしたいために今回改正が行われております。 ○議長(風間勝治)  3番 高木議員。 もっと読む
2018-06-13 蒲郡市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−01号 ◎大原義文教育長 学校教育において、栄養教諭は、児童生徒の栄養の指導及び管理をつかさどるとされておりますことから、食に関する指導だとか給食管理を一体のものとして行う職務とされております。  愛知県におきましては、学校における食に関する指導を充実し、児童生徒が望ましい食習慣を身につけることができるようにするため、平成22年4月から蒲郡市の学校に栄養教諭を配置するというような形になっております。   もっと読む
2018-06-13 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−03号 文部科学省が学校教育の施行規則を改める省令を交付し、平成29年4月から施行されたものでございます。  期待される効果といたしましては、専門的技能を持った指導者が指導することで技能向上が見込めることや、さきに述べたように、単独で指導が可能となること、あるいは対外試合など学校外の大会への引率が可能ということで、教員の多忙化解消にもつながるものではないかと考えられます。 もっと読む
2018-06-11 知立市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月11日 一般質問) 平成19年4月から特別支援教育が学校教育に位置づけられ、全ての学校において、障がいのある児童・生徒の支援をさらに充実していくこととなりました。特別支援学級は、教育上特別な支援を必要とする児童及び生徒のために置かれた学級であり、学校教育第81条に規定されております。   もっと読む
2018-06-11 豊川市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月11日−02号 そして、平成27年3月に学校教育施行規則の改正により、次期学習指導要領が計画的に策定されています。道徳は、平成30年度に小学校で、平成31年度に中学校で教科化され、英語、プログラミング授業は平成32年度から必須科目に移行されます。  このように、大きく時代の流れが変化する中で、働き方改革に目が向けられ、ワーク・ライフ・バランスの見直しが求められています。 もっと読む