5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

扶桑町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第4日 3月12日)

○15番(小林 明君) 要するに、地球温暖対策という面が非常に強いと思うんですわね。この環境税というのが国民1人当たりというんですけれども、税金を納めん人からも取るわけですか。結局、均等割にプラス1,000円なのか幾らなのか知らんけれども、プラスされて課税されるんじゃないですか。 ○議長(市橋茂機君) 澤木産業建設部長

大府市議会 2008-09-10 平成20年第 3回定例会−09月10日-02号

また、緑のカーテンは、地球温暖対策として有効であるだけではなく、事業に参加して苗を育てている市民環境に対する意識を高め、さらに、参加していない市民に対する視覚的なPR効果も期待できます。  したがいまして、環境意識高揚のため緑のカーテン事業については関係者及び関係各課と協議しながら検討してまいります。  

岩倉市議会 1999-03-10 平成11年第1回定例会(第 7号 3月10日)

イカー減税の関係につきましては、平成11年度の税制改正案では、御質問にもございましたように、大気汚染地球温暖対策としまして自動車取得税、これは県税でございますが、において一定の燃費基準を満たす低燃費自動車への課税標準の特例措置の創設や低公害車、すなわち電気自動車だとかハイブリット車、それから天然ガス自動車か、メタノール自動車の4種類でございますが、の軽減措置の拡大、次年度の12年度、ごめんなさい

  • 1