62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2017-09-11 平成29年第5回定例会(第3日 9月11日)

○14番(髙木義道君) 一部で報道なんかを見ますと、いわゆる教育基本法が変わって、愛国心なども含む教育目標ということもうたっておるようでありますし、あるいは国として子どもたちに身につけさせるそうした資質、能力を定めたり、本来子どもの自主性といいますか、成長を育む、そういうようなものがある程度こうした資質、能力が必要であるということで、そういう型にはまったり、あるいは幼稚園君が代とか、こうしたものを

西尾市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第7号) 本文

この法律自体は実にシンプルで、国旗が「日の丸」であり、国歌が「君が代」であるということだけなのであって、地方がこぞって議場に掲揚を進める必要もなければ、他市に続いて実施する必要もありません。私も、自分の国を愛する心を持っていますが、どうしたら日本の国がよくなるか、市民がよりよく暮らせるか、いつも考えて行動しております。国を愛するからこそ、他国の言いなりになる日本の政治に反対しています。

春日井市議会 2013-12-10 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月10日−04号

東京や大阪では教育への政治的介入が露骨な形で進められ,卒業式君が代斉唱時には口元チェックを行い,従わない教師を処分の対象にするなど,人間性を疑うようなことまで起きております。  第2次安倍内閣教育委員会改革は,教育委員会教育行政に対する権限を格下げし,その形骸化を一層進め,教育への国家統制を強め画一化するもので,およそ改革の名に値しません。

尾張旭市議会 2011-12-19 平成23年 12月 定例会(第5回)-12月19日−05号

私たちが日の丸を掲げ、君が代を歌うとき、程度の差はあっても自分は日本人だということを意識しているでしょう。日本という国の一員であるという意識、しかもそのことを肯定的にとらえる意識です。言いかえれば、国家への帰属を自己のアイデンティティーの基礎の一つとする意識です。そのような意識を持つことが悪いというわけではありませんが、そういう意識を持つべきだとほかから強制、干渉されるいわれはありません。

扶桑町議会 2011-12-14 平成23年総務文教常任委員会(12月14日)

日の丸、君が代は侵略戦争の手段として使われた歴史があります。国民の中にある拒否感には客観的根拠があると言わなければなりません。その国旗にこだわり、半旗掲揚を求める姿勢は時代に逆行する悪意さえ感じられます。東日本大震災のような災害、そして福島原発のような事故を二度と起こさないような防災計画、エネルギー政策の確立にこそ、真に必要なことであると思います。

扶桑町議会 2011-09-28 平成23年第5回定例会(第6日 9月28日)

この「日の丸」が軍国主義象徴として使われ、国旗、あるいは「君が代」が良心、あるいは内心の自由を奪う。東京大阪府に見られるような「君が代条例等で内心の自由を奪うような教育であってはなりません。よって、この陳情の採択には反対をいたします。 ○議長(大藪三郎君) ほかに討論ありませんか。    〔発言する者なし〕 ○議長(大藪三郎君) 討論ないようですので、以上で討論を終結いたします。  

名古屋市議会 2011-09-15 平成23年  9月 定例会-09月15日−20号

当議場には日の丸も飾ってありますけれども、日の丸や君が代に批判をしたり、難癖つけておるような政党もありますけど、そんなことは、はっきり言って、常識以前です。日の丸や君が代をきちんと敬ってこそ、自分の国のことをきちんとやってこそ、相手に、他国に対する歴史も敬うことができるのであります。

瀬戸市議会 2011-09-14 平成23年 9月14日 議会運営委員会-09月14日−01号

陳情趣旨でございますが、国旗を掲揚することは日本に生まれた喜びをあらわす象徴的な行為であり、私たちの心の中には日の丸や君が代国民としてのアイデンティティーの象徴としてあり、既に国旗国歌法も施行され、改正教育基本法においても、第2条第5項において、伝統と文化を尊重しそれらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会平和と発展に寄与する態度を養うとうたっている。

西尾市議会 2011-09-13 2011-09-13 平成23年 企画総務委員会 本文

それから、国旗及び国歌に対する法律についてでありますけれども、日の丸と君が代国旗国歌に制定するという2条のみでありまして、特に掲揚の義務罰則もないということであります。これは、憲法第19条の思想・良心の自由を尊重すべきということから、国民に掲揚の義務を負わせていないというのが国の見解だということであります。それから、先ほどの答弁にもありましたけれども、西尾市には西尾市民の愛市憲章があります。

碧南市議会 2011-06-17 2011-06-17 平成23年福祉文教部会 本文

この人たちは、公正平等にほかの圧力を排除してやりたいと言っているのに、事前にこんな人の、日の丸、君が代を掲げるような人の圧力を示すことになるじゃないですか、碧南市議会が。それはいけないでしょう。この人たちの意図するところはそこなんですよ。皆さんいろいろカムフラージュしてみえるけど、そこしかないです。国もそういうふうにずれてきちゃっているので。

大府市議会 2011-06-13 平成23年第 2回定例会-06月13日-02号

平成11年に「国旗及び国歌に関する法律」が制定され、国旗は「日章旗」、国歌は「君が代」と明文化されました。それを受けて学校教育法も改正され、学習指導要領においては、式典等で国旗の掲揚や国歌君が代」の斉唱の指導義務づけられました。教育委員会としても、市内各小中学校に対して、「国旗」は通年掲揚塔に掲揚すること、国歌君が代」は式典等では必ず斉唱するように指導しております。  

碧南市議会 2010-06-10 2010-06-10 平成22年第4回定例会(第1日)  本文

最近の若い人たちの中には、中学、高校時代に一度も国歌君が代を歌った経験がないという人もいるようであります。学校で日の丸が掲揚されるのを一度も見たことがないという人もいると聞く。日の丸は国旗であり、国旗に対して敬意をあらわすべきということを小さいときからきちんと教えておく必要があると思うと言っておられたのです。私も同感であります。  

蒲郡市議会 2010-05-13 平成22年  5月 臨時会-05月13日−02号

これは先ほど議員もお話になりましたように、国旗を日章旗とする、国歌君が代とするといったものでありました。  今回の条例も、議場に国旗、市旗を掲揚するということでありまして、国旗に対して敬礼をしなさいであるとか、規律を持って対処しなさいとか、そういうことではなくして、議場に国旗を、市旗を掲揚するということだけでありますので、その点は問題がないものだというふうに思っております。  

東海市議会 2009-03-04 平成21年 3月定例会 (第2日 3月 4日)

時の文部省指導で、学校等においては日の丸掲揚と君が代斉唱を行うこととし、これを決めたのであります。当時は、日本国憲法思想信条の自由に反するとして、社会問題にもなり、広島県公立高校では、卒業式で反対する教職員文部省通達との間で板挟みとなった校長自殺する事件まで発生しております。これをきっかけに法制化が進み、国旗国歌法成立したのであります。  

長久手市議会 2008-06-09 平成20年第2回定例会(第3号 6月 9日)

教育長(青山安宏君) 国歌とかそれから君が代については指導要領で指導すべきというぐあいに定められております。今の関連があるかどうかわかりませんが、平成11年に広島の高等学校で、文科省指導のもとに校長先生が起立して君が代を歌いなさいというふうに指導したにもかかわらず、それに反対する教職員との間で板挟みに遭って自殺したという例がありますよね。

小牧市議会 2008-03-10 平成20年第 1回定例会−03月10日-02号

特にあの石が君が代に歌われているさざれ石で非常に貴重なものだということは詳しくお話を受けました。私には権限がありませんので、個人的な感想だけ言いますと、そんな貴重なものが、今の駒止公園という形で本当に活用されているのかなと、それからあそこは活用をそういう意味でできるような形に今なっているのかなというのは、正直ちょっと個人的には思うところがあります。  図書館についてであります。

小牧市議会 2007-12-20 平成19年12月20日建設委員会−12月20日-01号

公園内の中央には、日本国代表する名石「君が代に歌われたさざれ石」があります。加えて公園内の名石の数かずの中には、九頭竜川の支流に住んでいた恐竜の足あとがついたとされる大きな石があります。那智黒、鞍馬石、紅玉鎧などの名石ぞろいで近隣市町村で類のない小牧市民の誇れる庭園です。  

豊橋市議会 2007-12-04 平成19年 12月 定例会-12月04日−02号

痛ましい事件があったものの、平安時代初期の「続日本紀」の記述が記録としての「日の丸」の発祥とされることや、同じく平安時代に編さんされた「古今和歌集」に「君が代」が収載されていたことなど、有史以来の極めて長い歴史と深く根づいてきた国民慣習とが、この法律制定に向けた大きな力になったものと思うのであります。