454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊橋市議会 2025-12-13 12月13日-04号

1及び2の相手方は、市からの再三にわたる家賃支払い催告にもかかわらず、多額家賃を滞納しているため、令和元年11月8日付で専決処分により、市営住宅明け渡し及び滞納家賃等支払いを求める訴え名古屋地方裁判所豊橋支部提起したものでございます。 以上でございます。 ○豊田一雄議長 なお、報告第21号につきましては、既に報告書を配付してありますので、報告を省略いたします。 

豊橋市議会 2020-09-04 09月04日-03号

けるものでないこと、敷地の使用計画を放棄したとは、ユニチカが使用する計画を放棄した旨をみずから市に対して意思表示をした場合に限ること、の2点が確認されている昭和41年の疑義事項協議書が、市とユニチカの前身、大日本紡績の間にあるにもかかわらず、工場閉鎖全面撤退に際して、ユニチカに土地の返還請求をしなかったことに対して、豊橋市民130名が、住民監査請求を経た後、豊橋市長被告として平成28年8月23日に名古屋地方裁判所

犬山市議会 2020-07-29 令和 2年全員協議会( 7月29日)

生活保護受給中にですね、相続財産の一部を売却したことによる収入申告が提出されたことに伴いまして、生活保護法第63条の規定に基づき、扶助費返還金482万1,448円を決定しましたが、債務者が再三の催告にもかかわらず、返還金を拒んでいたため、令和元年6月21日に、返還金債権を保全するために、債務者が相続した自宅の家屋について、名古屋地方裁判所に不動産仮差押申し立てを行いまして、6月26日に仮差押の決定

西尾市議会 2020-07-08 2020-07-08 令和2年 企画総務部会 本文

1ページ、この訴訟費用額確定処分については、新たな官民連携手法西尾方式)による公共施設配置第1次プロジェクト契約相手である株式会社エリアプラン西尾SPC)が西尾市を被告として、平成30年8月6日付で名古屋地方裁判所提起された増加費用訴訟について、令和2年3月26日に判決があり、その中で「訴訟費用は、これを5分し、その2を原告負担とし、その余を被告負担とする」と言い渡されました。  

西尾市議会 2020-07-01 令和2年7月臨時会(第1号) 本文

こうした内容は、現在、名古屋地方裁判所調停中の協議事項裁判所から外して、別途、勝手に和解してしまうことであり、裁判所に対する背信行為にもなりかねません。そして、何より私は裁判官初め、調停にかかわっておられる方々の心証を害することにならないかを強く懸念するものです。西尾市は一体何をやろうとしているのか、そうお思いになると思います。  

犬山市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例議会(第6日 6月16日)

この事件は、昨年の5月30日に名古屋地方裁判所一宮支部申立人原告国民健康保険税の徴収するための年金差押え処分が違法であるなどの趣旨で、犬山市に対して損害賠償請求訴えがありました。  裁判の結果、昨年9月30日に請求棄却判決となりましたが、不服として同年10月10日に名古屋高等裁判所に控訴されました。

犬山市議会 2020-05-28 令和 2年全員協議会( 5月28日)

この事件につきましては、昨年5月30日に名古屋地方裁判所一宮支部申立人から国民健康保険税の徴収のための年金差押処分が違法であるなどの趣旨犬山市に対して損害賠償請求訴えがありました。この裁判の結果は昨年9月30日に請求棄却判決となりましたが、原告不服として、同年10月10日に名古屋高等裁判所に控訴されました。その控訴審の結果としては、資料記載のとおりで、令和2年3月25日に判決

新城市議会 2020-05-01 令和2年5月臨時会(第1日) 本文

さて、今般の6名の議員は昨年6月に名古屋地方裁判所政務活動費不当利得で提訴され、一年近く審理されてきました。今年になって裁判証人尋問等を終えれば終結するという予定でありましたが、2月の裁判をドタキャン、欠席するなど不誠実な態度を裁判所に示しました。その後、3月30日付で6名の議員は突如新城市に政務活動費を各自1万3千円(宿泊費分)自主返還しました。  

西尾市議会 2020-04-14 2020-04-14 令和2年 全員協議会 本文

この事件は、新たな官民連携手法西尾方式)による公共施設配置第1次プロジェクト契約相手である株式会社エリアプラン西尾SPC)が、西尾市を被告として平成30年8月6日付で名古屋地方裁判所提起したものです。  今回、令和2年3月26日に裁判所から判決が言い渡されましたので、その判決内容についてご説明申し上げます。  まず、1ページをごらんください。  

豊橋市議会 2020-03-27 03月27日-06号

2市営住宅家賃等支払及び明渡しにつきましては、1から3の相手方は、市からの再三にわたる家賃支払催告にもかかわらず多額家賃等を滞納しているため、令和2年1月24日及び30日付で、専決処分により市営住宅明渡し及び滞納家賃等支払いを求める訴え名古屋地方裁判所豊橋支部提起したものでございます。 以上でございます。

岡崎市議会 2020-03-23 03月23日-04号

相手方行為は、公営住宅法及び市営住宅条例規定する明け渡し事由に該当するものであり、市営住宅明け渡し家賃等相当損害金支払いを求める訴え名古屋地方裁判所岡崎支部提起することについて、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分させていただきましたので、同条第2項の規定により御報告いたすものでございます。 なお、訴え提起内容につきましては、記載のとおりでございます。 

豊川市議会 2020-03-06 03月06日-05号

本議案は、差押債権に係る支払督促申立てについて、督促異議申立てにより、名古屋地方裁判所豊橋支部訴え提起があったものとみなされたため、地方自治法第96条第1項の規定に基づき、議会議決を求めるものでございます。 その相手方でございますが、1、相手方の所在地及び名称に記載してありますとおり、市税等滞納者が勤務しておりました株式会社代表者でございます。

西尾市議会 2020-03-04 2020-03-04 令和2年 全員協議会 本文

この事件は、新たな官民連携手法西尾方式)による公共施設配置第1次プロジェクト契約相手である株式会社エリアプラン西尾SPC)でありますが、西尾市を被告として平成30年8月6日付で名古屋地方裁判所提起したものです。  今回、令和2年1月17日付で裁判所から和解案が示されましたので、その内容についてご説明申し上げます。議題1資料1をごらんください。  

西尾市議会 2020-01-10 2020-01-10 令和2年 企画総務部会 本文

株式会社西尾地域開発から、令和元年12月3日付で名古屋地方裁判所に提出された訴状が、12月23日に当市に届きました。  原告であります株式会社西尾地域開発は、当市とPFI事業契約相手方である株式会社エリアプラン西尾PFI事業開発業務委託契約を交わし、B&G海洋センタープール解体工事を行うこととなっていました企業であります。  

蒲郡市議会 2019-12-06 12月06日-02号

竹内仁人市民福祉部長 平成20年6月4日に名古屋地方裁判所豊橋支部訴状議決後に提出いたしました。 訴訟の概要につきましては、原告蒲郡市、被告社団法人蒲郡医師会とし、事件名委託料清算金請求事件でございます。 請求趣旨としましては、「被告原告に対して金1億5,439万2,297円及びこれに係る遅延損害金支払え」ということと、「訴訟費用被告負担とする」という2点でございます。 

半田市議会 2019-12-04 12月04日-02号

設置の経緯について詳細は不明ですが、建てかえ前の半田市立図書館は、旧名古屋地方裁判所半田支部の庁舎を利用しており、ここでは国旗掲揚塔が設置されていたことから、現在地に半田市立図書館、博物館を設置した際にも掲揚塔を設置したものと思われます。 御質問の2点目、掲揚塔があったときの掲揚と、3点目、除去後の掲揚は関連がありますので、あわせてお答えします。 

犬山市議会 2019-10-24 令和元年全員協議会(10月24日)

10月3日付けにて、名古屋地方裁判所より第1回口頭弁論期日呼出し状及び答弁書催告状等訴状が送達されました。原告石川淳子被告犬山代表者市長です。請求主旨については、被告原告に対して340万円を支払え、当事者及び関係者懲戒処分にしろというもので、原告の主張は記載のとおりですが、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、連続集団暴力事件とするものです。