79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津島市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-12-02

初等中等教育は、人間の一生を通じての成長と発達基礎づくりとして、国民教育として不可欠なものを共通に修得させるとともに、豊かな個性を伸ばすということを重視しなければならない。  そのためには、人間発達過程に応じた学校体系において、精選された教育内容人間発達段階に応じて、また個人の特性に応じた教育方法によって指導できるよう改善されなければならない。  

東郷町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-06

私は、3年前の2016年10月、文教民生委員会の一員として、初等中等教育学習指導要領改訂について東京に研修に出かけました。これは中教審より答申された、生きる力の理念の具現化を図り、社会に開かれた教育課程の実現を目指すもので、我が国教育界全体の大改革と言われる想像をはるかに超える改訂の内容に、委員一同、大きな驚きを覚えてからはや3年がたとうとしております。  

小牧市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会-06月18日-04号

この住民意思の反映という理念につきましては、基本的には現行制度あるいは改正案におきましても変わらないものと考えております」と、前川喜平初等中等教育局長の答弁でこのようなことがされていますけれども、変わらないと言っていたものが、その内容において大きく変わっていくということは十分予想される範囲であって、今のところ変わらないから安心してくださいということ、また、この担保措置として、教育委員会から意見を首長部局

あま市議会 2018-06-02 平成30年6月定例会(第2日) 本文

国の平成30年度予算の中に、北朝鮮による日本人拉致問題に関する教育研修会にかかわる経費を計上して、初等中等教育段階の教員らを対象とした研修を行い、教員に理解を深めてもらい、授業に反映することをこの秋から実施すると示されていますが、これ、間違いないか。また、この文書をもとに政府の方針とあま市の認識は一致しているのかをお答えください。  以上です。

長久手市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第5号 2月28日)

文部科学省初等中等教育局にPTA介入の学校図書館図書購入が問題がないかを問い合わせたところ、問題がない。また、購入した本を学校図書館に配置することは問題がないのかというとこについても、問題がないというお返事をいただきました。学校との連携の中で図書の充実を願ってPTAが購入した本は、図書室に自分の選んだ本があるうれしい場所ということで、西小ではとてもたくさん手にとられる本となっています。  

知立市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第4日12月 8日 一般質問)

それと、同じNIEの関係なんですが、選挙年齢が18歳以上となり、初等中等教育からの社会的な学習の必要性が叫ばれているわけでございます。対象となる若者に対して、ある学校で先生の聞き取りの中では、選挙年齢の引き下げについては、みんなが賛成であると。だけどそこで話題になるのは、公民科の授業が話題となりますが、大学受験に備えるだけの今の授業では、投票行為に非常に不安があると。

東海市議会 2017-12-07 平成29年12月定例会 (第3日12月 7日)

しかし、それは、幼児教育高等教育に絞られ、初等中等教育が見過ごされているように感じます。高校や大学の無償化も重要ですが、進学できる学力意欲を育む初等中等教育の役割を忘れてはなりません。  現実として、この年代でも格差が生まれております。それは、学校外の塾代格差です。無償化を議論する上で、ここにも光を当てる必要があります。

みよし市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日)

文部科学省初等中等教育局が推奨している系統的なカリキュラムをもとにし、具体的に日々の授業に利用できる体験型の研修もあります。そうした研修を教育委員会の研修として取り入れ、さらなる教職員の資質向上を目指す必要があると考えるが、どのようにお考えでしょうか。 ○議長(塚本克彦議員) 教育部参事。 ○教育部参事(吉澤通記) 時代の変化に対応しながら、教職員は自ら資質向上を目指す必要がございます。

みよし市議会 2017-06-09 平成29年第2回定例会(第3号 6月 9日)

就学援助については、もうこれで終わっていきますが、いわゆる文部省文部科学省初等中等教育局長の藤原誠さんからの各都道府県教育委員会通達通知がされております。これ文書を見られてると思います。ここにおいては、今、私言ったのは新入学の金額の引き上げ、これが今年度から行われる。そしてもう1点は、大事なことは、今、支給されてるのが6月。

あま市議会 2017-06-04 平成29年6月定例会(第4日) 本文

この法規定に基づき、平成26(2014)年7月31日付の、文部科学省生涯学習政策局長、大臣官房文教施設企画部長初等中等教育局長厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、この4人の連名による、「『放課後子ども総合プラン』について」と題する、各都道府県知事教育長宛ての文書が発せられています。  

あま市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会(第2日) 本文

そして、これは教育長にお願いなんですが、文部科学省初等中等教育局長名の通知が2017年3月31日付で、県教育委員会を通じて届いているわけですね。その内容について教育長に、詳細の御説明もお願いいたしたいと思います。  1回目の質問、終わります。 ◯議長 当局、答弁をお願いいたします。  教育部長。

碧南市議会 2017-03-24 2017-03-24 平成29年第1回定例会(第5日)  本文

また、就学援助、入学準備金の入学前支給についても、同省の初等中等教育局の担当者が3月に支給することを検討していると答えています。そして、既に文科省は、各都道府県教育委員会を通じて2月中旬入学前支給に関する照会を全国の市町村に行っています。現在までに156の市区町村で入学前支給が広がっています。碧南市も現在の7月支給を3月にすべきです。  

知立市議会 2017-03-14 平成29年予算・決算委員会(企画文教分科会 3月14日)

この調査なんですが、これは平成14年3月27日、文部科学省初等中等教育局長通知として、各都道府県教育委員会教育長に宛てられたものに基づくものによるものでしょうか、確認したいんですけど。 ○教育庶務課長   今おっしゃった通達ですが、それに基づくということの確認はとれないんですけども、実際にそういった学校施設改善交付金等に基づいた耐力度調査ということと認識しております。

豊田市議会 2016-12-07 平成28年12月定例会(第4号12月 7日)

ことし5月、文部科学委員会において文部科学省小松初等中等教育局長は、質疑に対し、児童・生徒が援助を必要とする時期に速やかに支給できるよう十分配慮するよう通知していると答弁されています。これらを踏まえ入学前への前倒し支給が必要と考えますが、いかがでしょうか。 ○議長(近藤光良) 山本部長

大府市議会 2016-09-29 平成28年 9月29日厚生文教委員会−09月29日-10号

◆委員(日高章)  では、1点目と2点目につきまして、この範ちゅうで伺いますが、効果はあらわれているということですが、文部科学省から出されている指針の中で、初等中等教育における学習指導でのICT活用の狙いとして、そういった表面的なところが狙いではなくて、本質的な部分として、教師と児童生徒、あるいは、ソフトとソフトの間の相関関係、いわゆるインタラクティブ性ということを求めることが本質的な狙いだとされている

岩倉市議会 2016-09-16 平成28年第3回定例会(第 4号 9月16日)

教育こども未来部長(長谷川 忍君) 本年8月26日に中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会において報告されました次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめのポイントによると、これまでは改訂の中心であった何を学ぶかという指導内容の見直しにとどまらず、どのように学ぶか、何ができるようになるかまでを見据えた学習指導要領の改善が行われています。

稲沢市議会 2016-09-15 平成28年第 4回 9月定例会−09月15日-04号

また、平成14年7月に出されました文部科学省初等中等教育局長通知で、学校における国旗及び国歌に関する指導においても、卒業式及び入学式における国旗掲揚及び国歌斉唱についても、児童・生徒に我が国の国旗国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てるという学習指導要領の趣旨を踏まえ、域内の全ての学校において、適切に実施されるよう一層の指導の徹底をお願いしますと示されております。