863件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津島市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-12-23

1つ目の常任委員会の名称は総務建設委員会で、委員の定数は9人、所管は市長公室、総務部市民生活部、建設産業部、上下水道部、会計課、選挙管理委員会監査委員公平委員固定資産評価審査委員会及び農業委員会の所管に属する事項並びに他の常任委員会の所管に属しない事項。  

あま市議会 2019-12-10 令和元年総務文教委員会 名簿 開催日:2019年12月10日

       │ 収納課長 長良一輝                │ │       │ 七宝市民サービスセンター課長 加藤教治      │ │       │ 会計課長 佐藤浩二、学校教育課長 内山伸也    │ │       │ 生涯学習課長 鎌倉崇志、スポーツ課長 神戸親次  │ │       │ 学校給食センター課長 河竹雅義          │ │       │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第4日) 名簿

          │ │121条の規定 │ 総務部長 牛田昌実、市民生活部長 小野浩司          │ │により説明の│ 福祉部長 木下晶代、建設産業部長 山内 浩          │ │為出席した者│ 上下水道部長 岩田信男、会計管理者 後藤昭実         │ │の職氏名  │ 教育部長 吉川 誠、総務課長 山田栄治、           │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日) 名簿

上村隆宏          │ │      │ 健康推進課長 長谷川真二、高齢福祉課長 菱田基久       │ │      │ 都市計画課長 安立克也、土木課長 近藤一也          │ │      │ 上水道課長 飯田浩司、学校教育課長 内山伸也         │ │      │ スポーツ課長 神戸親次、学校給食センター課長 河竹雅義    │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日) 名簿

徳永増美津         │ │の職氏名  │ 税務課長 村瀬一生、病院事業管理課長 吉川史高        │ │      │ 社会福祉課長 恒川和宏、都市計画課長 安立克也        │ │      │ 土木課長 近藤一也、産業振興課長 原 健一          │ │      │ 学校教育課長 内山伸也、学校給食センター課長 河竹雅義    │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1日) 名簿

小野浩司          │ │により説明の│ 福祉部長 木下晶代、建設産業部長 山内 浩          │ │為出席した者│ 上下水道部長 岩田信男、会計管理者 後藤昭実         │ │の職氏名  │ 教育部長 吉川 誠、財政課長 古川式規            │ │      │ 総務課長 山田栄治                      │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

津島市議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 開催日: 2019-11-25

さらに関連し、任命権者に関して任命権者基本的には市長だと思うが、任命権者が市長と違う部署はどこがあるのかという質疑に対し、任命権者が市長と異なる部署は議会事務局監査事務局教育委員会消防本部選挙管理委員会公平委員農業委員会であるとの答弁がありました。  

あま市議会 2019-09-17 令和元年総務文教委員会 本文 開催日:2019年09月17日

公平委員の委員報酬ですけれども、公平委員はどういうふうに開催されたのでしょうか。 ◯監査委員事務局長兼公平委員事務局長 公平委員委員の委員報酬ですけれども、愛知県公平委員、あと、東海地区公平委員、あと、全国公平委員の研修がございまして、その出席したときの報酬になります。

小牧市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-04号

去る9月5日午前10時より委員会室におきまして、委員全員と関係説明員の出席により慎重に審査の結果、議案第81号から議案第83号まで及び議案第104号の議案4件については、提案説明の後、議案第81号については、なぜこのタイミングで公平委員の委員報酬を見直す必要があるのかとの質疑があり、これに対し、今回、新たな委員として引き続き弁護士を選任するに当たり、他の審査会の委員報酬等に合わせる必要があると判断

小牧市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日予算決算委員会−09月11日-01号

去る9月5日、総務委員会終了後、委員会室において、分科会員全員と関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第98号のうち当分科会割り振り分については、提案説明の後、委員より、公平委員委員報酬29万8,000円の補正増の内訳はとの質疑があり、これに対し、10月から日額報酬を1万5,000円とし6回分の報酬を見込み、その不足する額29万8,000円を補正増するものであるとの答弁があり、その他質疑があり

あま市議会 2019-09-06 令和元年9月定例会(第6日) 名簿

          │ │121条の規定 │ 総務部長 牛田昌実、市民生活部長 小野浩司          │ │により説明の│ 福祉部長 木下晶代、建設産業部長 山内 浩          │ │為出席した者│ 上下水道部長 岩田信男、会計管理者 後藤昭実         │ │の職氏名  │ 教育部長 吉川 誠、総務課長 山田栄治            │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

小牧市議会 2019-09-05 令和 元年 9月 5日総務分科会−09月05日-01号

公平委員委員長及び委員の報酬を年額から日額に変更するものであります。  以上で説明とさせていただきます。よろしく御審査いただきますようお願いいたします。 ○分科会長   提案理由の説明は終わりました。質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。     

あま市議会 2019-09-05 令和元年9月定例会(第5日) 名簿

健一          │ │      │ 企業誘致対策課長 横井都紀雄                 │ │      │ 七宝焼アートヴィレッジ課長 小林弘昌、上水道課長 飯田浩司  │ │      │ 学校教育課長 内山伸也、生涯学習課長 鎌倉崇志        │ │      │ スポーツ課長 神戸親次                    │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日) 名簿

健一          │ │      │ 企業誘致対策課長 横井都紀雄                 │ │      │ 七宝焼アートヴィレッジ課長 小林弘昌             │ │      │ 学校教育課長 内山伸也、生涯学習課長 鎌倉崇志        │ │      │ 学校給食センター課長 河竹雅義                │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

あま市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第1日) 名簿

          │ │121条の規定 │ 総務部長 牛田昌実、市民生活部長 小野浩司          │ │により説明の│ 福祉部長 木下晶代、建設産業部長 山内 浩          │ │為出席した者│ 上下水道部長 岩田信男、会計管理者 後藤昭実         │ │の職氏名  │ 教育部長 吉川 誠、総務課長 山田栄治            │ │      │ 監査委員事務局長兼公平委員事務局

新城市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会〔議決結果一覧〕

工事請負契約締結                     │  〃  │ 〃  │ ├────┼──────────────────────────────┼─────┼────┤ │ 70 │市有財産の無償譲渡                     │  〃  │ 〃  │ ├────┼──────────────────────────────┼─────┼────┤ │ 71 │新城市公平委員委員

小牧市議会 2019-08-19 令和 元年 8月19日議会運営委員会−08月19日-01号

小牧市公平委員委員の報酬の額を、現行小牧市公平委員委員長にあっては年額3万9,000円、委員にあっては年額3万7,000円であるところ、日額1万5,000円とし、この条例公布の日から施行し、令和元年10月1日から適用するものであります。  議案第82号「小牧市職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」であります。

小牧市議会 2019-06-26 令和 元年第 2回定例会−06月26日-05号

すなわち、現在、小牧市職員組合より公平委員に意見書が提出されていること、また、当事者である職員情報漏えいの事実を認めていないこと、1カ月停職の処分を言い渡すに際して十分な説明を果たし納得を得ているか、ガバナンスは図られているか、また、こども未来部の部長、主幹に対しての文書訓告の処分については、現職は平成30年4月の新年度になってからの着任であり、処分の対象者としての特定にも、適正性にも疑問があります